ホーム > mixiユーザー(id:5138718) > mixiユーザーの日記一覧 > 11月22日が誕生日である人々

mixiユーザー(id:5138718)

2019年11月22日01:58

13 view

11月22日が誕生日である人々

1865年(慶応元年)、江戸時代末期(幕末)から昭和初期にかけての社会運動家、福田英子(ふくだ ひでこ)が生まれました。婦人解放運動のさきがけとして知られ、「東洋のジャンヌ・ダルク」と称されました。自由民権運動が勢いを失うと、幸徳秋水、堺利彦らの平民社に参加し、社会主義運動に身を投じました。平民社が解散した後も、石川や安部磯雄らと月刊新聞『世界婦人』を発刊して主筆となるなどの言論活動を展開しました。昭和2年(1927年)5月2日に死去。
1869年、フランスの小説家、評論家のアンドレ・ジッドが生まれました。叔父は経済学者のシャルル・ジッド。アルザス学院に学びますが、放校となり、しばらく神経を病みます。復学後、ピエール・ルイスと出会い、アンリ4世校の哲学学級に進学。ポール・ヴァレリーらとも親交を結び、やがてステファヌ・マラルメの「火曜会」に出入りするようになりました。1890年に『アンドレ・ヴァルテールの手記』を出版。マラルメから絶賛され、その後も象徴主義の影響が色濃い作品を発表します。1895年、『パリュード』を発表。これが象徴主義との実質的な決別となる。1897年、『地の糧』を発表。1902年の『背徳者』においては、生の価値と快楽に目覚め、既成道徳から背をそむけてゆく男の悲劇を描く。この時期の作品はナチュリスムと呼ばれる流れに位置づけられました。1909年、『狭き門』を発表、過剰な神秘主義に陥るヒロインの愛と悲劇を描きます。1914年の『法王庁の抜け穴』では、ローマ法王やフリーメーソンを皮肉ったストーリー設定の下、動機のない殺人(「無償の行為」)を遂行するラフカディオという主人公を登場させました。1951年2月19日に81歳でパリにて死去。
1890年、フランスの貴族、陸軍軍人、政治家のシャルル・ド・ゴールが生まれました。第二次世界大戦で本国失陥後、ロンドンにロレーヌ十字の自由フランスを樹立しレジスタンスと共闘した。臨時政府で最初の首相となり、突然それを辞任してからもロスチャイルド家やシュナイダー家といった金融資本家と関わりながら経済政策を展開しました。1959年には第18代大統領に就任しました(第五共和政)。任期中アルジェリアの独立を承認し、フランスを核武装させたまま北大西洋条約機構から脱退させるなどしました。大統領辞任後は地方の山村コロンベ・レ・ドゥ・ゼグリーズに住居を移して執筆活動に専念し、翌1970年11月19日に解離性大動脈瘤破裂により79歳で死去しました。
1893年、新宗教「生長の家」創始者・初代総裁の谷口雅春が生まれました。著作は400冊以上に及び、主著『生命の實相』は通算1,900万部を超える。他に『新版真理』全11巻、『新選谷口雅春選集』全20巻、『新選谷口雅春法話集』全12巻等、多数の著書(聖典)があります。他にも、彼が受けたとした33の神示(総称:『七つの燈臺の點燈者の神示』)や自由詩の形態を取る「聖経」として『甘露の法雨』『天使の言葉』『続々甘露の法雨』等があります。その教えは神道、仏教、キリスト教に現代科学を加味したものだと主張されています。1985年(昭和60年)6月17日に91歳にて生長の家総本山のある長崎で没しました。
1899年、アメリカの作曲家、歌手、ピアニスト、バンドリーダーのホーギー・カーマイケルが生まれています。本名はホーグランド・ハワード・カーマイケル。1924年に「リバーボード・シャッフル」を作曲し、レコード録音がされます。1927年、ジャズのスタンダード・ナンバーで知られる「スターダスト」を作曲。1930年、「我が心のジョージア」を作曲しますが、この曲もヒットして、レイ・チャールズのカヴァーで後々まで世界中の聴衆に知られるようになりました。多くの曲を作曲し、また演奏もして人気を集め、スウィング・ジャズの全盛期に一世を風靡しました。1959年から1963年にかけてアメリカのテレビ局NBCで放映され、日本でもNETで放映された『ララミー牧場』にも出演しました。1981年12月27日、カリフォルニア州で、心不全で死亡。82歳。
1901年、スペインの作曲家、ホアキン・ロドリーゴが生まれました。数々の作品を通じてクラシック・ギターの普及に功があったとされ、とりわけ「アランフエス協奏曲」はスペイン近代音楽ならびにギター協奏曲の嚆矢とみなされています。親しみやすい中間楽章の「アダージョ」は、20世紀のクラシック音楽としては最も有名な楽曲となっており、マイルス・デイヴィスが1960年にLP「スケッチ・オブ・スペイン」の中核として取り上げたり、チック・コリアが大ヒット曲「スペイン」のイントロに用いるなど、様々な編曲によって広く知られています。本人はピアニストであり、ギターは演奏しませんでした。1999年7月6日にマドリードにて老衰のため逝去。享年97。
1904年、小説家の丹羽文雄が生まれました。1929年に早稲田大学文学部国文学科を卒業後、生家の寺で僧職に就きます。同人誌『新正統派』に発表した小説「朗かなある最初」が永井龍男によって評価され、その依頼で書いた「鮎」が文壇で注目され、僧職を捨てて上京し、早稲田大学時代の同棲相手の家に住みました。新進作家として注目され、『中央公論』や『文藝』の新人特集に『贅肉』『百日紅』が相次いで掲載されます。戦後は東京・銀座などを舞台とした風俗小説が人気を博し、一躍流行作家となりますが、中村光夫から「風俗小説」として批判され、論争となりました。執筆に行き詰りを感じていた時に亀井勝一郎から「(丹羽の小説は)親鸞から逃れようとしているが、結局は親鸞の足元で遊んでいる」と指摘されたことをきっかけに自らの宗教観について付き詰めて考え始め、のちに『親鸞』『蓮如』などの宗教者を描いた小説を多く残しました。2005年4月20日午前0時25分、肺炎のため自宅で逝去。100歳没。ベストセラーとなった『小説作法』は実際に小説を書くのに何の役にも立たない代物です。
1913年、世界最初の回転寿司店「元祖廻る元禄寿司」を開店した白石義明が生まれました。大阪の立ち喰い寿司店経営者だった頃、アサヒビール吹田工場(大阪府吹田市)を見学した際に、ビール製造のベルトコンベアを見て、それをヒントに、多数の客の注文愛ナーを曲がるための、角丸のコンベアベルトにしたアイデアは、子供とトランプゲームをしていた時の手に持って広げたトランプの角度からひらめいたものです。1958年、大阪府布施市(現:東大阪市)の近鉄布施駅北口に、世界最初の回転寿司店である、「元禄寿司」を開きました。私も興味本位でこの店を訪れたことがありますが、その時は布施駅の南口に移転していたような記憶があります。2001年8月29日に没。
1931年、ジャーナリスト、評論家の本多勝一(ほんだ かついち)が生まれています。元朝日新聞の記者。日本共産党支持を公言している、いわゆる左翼の論客で、1994年5月には、「週刊金曜日」編集長となりました。本多の生年は、著書によって1931年(昭和6年)、1932年(昭和7年)、1933年(昭和8年)の3通りを記しており、どれが正しいのかは不明です。『貧困なる精神』の著者。
1940年、アメリカ生まれのイギリスの映画監督、アニメーター、喜劇俳優のテリー・ギリアムが生まれました。イギリスのコメディグループ「モンティ・パイソン」のメンバーの一人。1968年にイギリス国籍を取得し、38年間に渡ってアメリカとイギリスの二重国籍でしたが、2006年にアメリカ国籍を放棄しています。モンティ・パイソン内では唯一の英国人以外のメンバーとして、BBCの製作番組『空飛ぶモンティ・パイソン』に参加します。ここで、アニメーションを担当し、シュールなアニメーションを製作。このアニメーションはしばしば、番組内のスケッチにリンクし、モンティパイソン内におけるヴィジュアル・ランゲージの一つとして機能しました。また、いくつかのスケッチには脇役として出演もしています。映画監督としての初めての仕事は、1975年製作の『モンティ・パイソン・アンド・ホーリー・グレイル』ですが、これはテリー・ジョーンズとの共同監督でした。1977年、初の単独監督作『ジャバーウォッキー』を監督。その後、多くの映画作品の監督を務めています。
1943年、歌手、俳優の尾藤イサオが生まれました。1953年に、曲芸師・鏡味小鉄の内弟子となり鏡味鉄太郎を名乗って、幼少時代は太神楽の曲芸師として活躍。1960年プロダクションの門をたたき、後のGSバンド「ジャッキー吉川とブルー・コメッツ」をバックに練習に励みます。1961年アメリカのハリウッドに渡り翌1962年5月までハリウッドで勉強。帰国後の9月、フランツ・フリーデルをリーダーとするバンド「ファイア・ボール」の一員になり、東京都内のジャズ喫茶に出演するようになりました。当時のレパートリーは「ジェニ・ジェニ」「ルシア」「火の玉ロック」「ハウンド・ドッグ」等のロックナンバーでした。ジャズ喫茶での歌唱に目を留めたテレビのプロデューサーにより「パント・ポップショー」(TBSテレビ)「スパーク・ショー」(フジテレビ)のレギュラーになります。1963年の「新春日劇ウエスタンカーニバル」初出演。以降「日劇ウエスタンカーニバル」に連続出演。クルト・ヴァイルの「三文オペラ」の主題曲「マック・ザ・ナイフ」のカヴァー「匕首マッキー」でソロでデビュー。デビュー曲にしてヒットとなりました。1964年7月、アニマルズのカヴァー『悲しき願い』(原題 Don't Let Me Be Misunderstood)発売。大ヒットとなり、彼の代表作となります(1978年にセルフカヴァーし、再びヒットさせています)。1966年、ビートルズ日本公演の前座として内田裕也、ブルージーンズ、ジャッキー吉川とブルーコメッツ等と出演し、合同演奏を行いました。1970年、ボクシングアニメ『あしたのジョー』の主題歌を歌い、これも彼の代表作となりました。1970年代からは俳優としての活動が顕著となり、二枚目半・三枚目・小悪党などを演じてきました。市川崑の『股旅』で三人主役の一人、NHKドラマ『幻のぶどう園』で主演。『特捜刑事マイアミ・バイス』(1984年 - 1989年)では、リカルド・タブス役であるフィリップ・マイケル・トーマスの吹き替えをしました。市川作品では独自の斜に構えたユーモアを発揮。最晩年に到って5本の映画に立て続けに招かれています。ジャグリングの達人でもあり老境を迎えてなおステージやテレビ番組で衰えぬ腕前を披露しています。結婚して芸能人になった娘もいますが、かたやGAYでもあります。
1946年、女優の倍賞美津子が生まれました。1962年に松竹音楽舞踊学校に入学。1965年松竹歌劇団に第18期生として入団します。学校生時代の舞台実習を経て、同年、グランドレビュー「東京踊り」でデビュー。同年、新人賞を受賞。浅草国際劇場を中心に、歌とダンスで活動を続けます。1967年、『純情二重奏』で実姉の倍賞千恵子と異母姉妹を演じ、映画デビュー。1969年、五社英雄監督の『人斬り』で京都市民映画祭の新人賞を受賞します。その後、松竹に入社し、デビュー作の『喜劇・女は度胸』以来、森崎東監督の作品に出演を続け、看板女優の一人となります。『人生劇場』に出演。1971年、アントニオ猪木と結婚。当時、1億円の結婚式で話題になりました。新日本プロレスの旗揚げ戦時には宣伝カーのナレーションを吹き込んだり、豊登が紹介した融資先に自身が行ったことで1000万円を融資してもらえたりと、新日本プロレスの旗揚げには倍賞の貢献がありました。1988年に離婚。元新日本プロレス社長のサイモン猪木は、実娘でミュージカル『アニー』でアニー役を演じた元女優・猪木寛子の夫(娘婿)。弟の倍賞鉄夫(2017年8月8日逝去)は、長年新日本プロレスでリングアナを務め、後に猪木事務所社長に就きました。1979年、今村昌平監督の『復讐するは我にあり』にてブルーリボン助演女優賞を受賞して女優としての地位を確立。
1953年、女優の中田喜子が生まれました。1971年、クラウンレコードから歌手デビュー。1972年、テレビドラマ『お祭り銀次捕物帳』でデビュー。『仮面ライダー』へのレギュラー出演などを経た後、1974年の『やっちゃば育ち』でヒロイン役に抜擢。石井ふく子・橋田壽賀子両氏の作品には多く出演しており、特に『渡る世間は鬼ばかり』の三女・文子役は足掛け20数年に渡って演じたキャラクターとして有名。特技は日本舞踊。
1972年、ブロガーでヘアメイクアーティストのきっこが生まれています。インターネットで、ニフティ・ココログによるブログを運営しています。以前は「きっこの日記」でした。この時代は私もよく読んでいました。「ある目的」のためにつましい生活を送っていることをブログで告白しています。日本のことを「ニポン」と表記します。 自民党の党首や、自民党、公明党(自公連立)に対して批判的な記述が多く、社民党を「オムライス党」と呼び、支持者であることを公言しています。姓は「横山」、名は「きみこ」と自称しています。
1975年、シンガーソングライターのaiko(あいこ)が生まれました。ラジオ番組のDJ等の活動を経て、1998年『あした』でメジャーデビュー。「カブトムシ」「花火」「桜の時」「ボーイフレンド」「キラキラ」など多数のヒット曲を発表しています。ソロシンガーですが、彼女の楽曲にはバンド的な響きがあると私は思います。ジャズから摂取したコード進行を多用する傾向があり、菊地成孔によれば作曲においてブルー・ノート・スケールが基本となっており、曰く「ある意味ブルース・シンガーとも呼べる」。

次は忌日。
14 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する