ホーム > mixiユーザー(id:5138718) > mixiユーザーの日記一覧 > 10月22日が誕生日である人々

mixiユーザー(id:5138718)

2019年10月22日05:01

12 view

10月22日が誕生日である人々

1811年、ハンガリーの作曲家、ピアニストのフランツ・リストが生まれています。自身の生誕地であり、当時属していたハンガリー王国(当時はオーストリア帝国支配下の版図内)を祖国と呼び、ハンガリー人としてのアイデンティティを抱いていたことから、死後も「ハンガリー」の音楽家として認識・記述されることが多いです。しかしながら、その一方で生涯ハンガリー語を習得することはなく、両親の血統、母語、音楽家としての活動名義(フランツ・リスト)、最も長い活動地のいずれも「ドイツ」に属し、当時の中東欧に多数存在したドイツ植民の系統でもあります。このような複雑な出自や、ハンガリー音楽を正確に把握していたとは言い難い作品歴から、非音楽大国系の民族運動としての国民楽派に含めることは殆どなく、多くはドイツロマン派の中に位置づけられます。ただし、祖父母4人ともがドイツ圏に出自を持つその民族性を強調することは、その作品を好み『前奏曲』などをテーマ音楽的に用いたナチスの記憶を呼び覚ます場合があり、今日ではあまり奨励されません。ピアニストとしては演奏活動のみならず、教育活動においてもピアニズムの発展に貢献をしました。また、作曲家としては新ドイツ楽派の旗手、および交響詩の創始者として知られます。ハンス・フォン・ビューローをはじめとする多くの弟子を育成しました。リストは晩年、虚血性心疾患・慢性気管支炎・鬱病・白内障に苦しめられました。1886年、バイロイト音楽祭でワーグナーの楽劇『トリスタンとイゾルデ』を見た後に慢性気道閉塞と心筋梗塞で亡くなりました。作曲家として手配『ハンガリー狂詩曲』が代表作。
1881年、アメリカの物理学者、クリントン・ディヴィソンが生まれました。1927年、レスター・ジャマーと共に、ニッケル単結晶による電子線の回折を確認しました。これはルイ・ド・ブロイの物質波の予測を確認したものです。1937年、別に電子線の回折実験に成功したジョージ・パジェット・トムソンとともにノーベル物理学賞を受賞しました。1958年2月1日に死去。
1887年、アメリカのジャーナリスト、社会主義者のジョン・リードが生まれました。彼は労働者ストライキへの同情的な報道およびメキシコ革命のルポルタージュで有名になりました。彼は自身の体験やウラジーミル・レーニンへのインタビューなどをロシア革命のルポルタージュとしてまとめ、『世界を揺るがした10日間』を刊行しました。この書には後にレーニン夫妻(ウラジーミル・レーニンとナデジダ・クルプスカヤ)が序文を寄せ、「世界の労働者達に無条件で推薦する」と賞賛しました。1920年、リードはモスクワでチフスのため死去しました。現地で葬儀が行われた後、ソ連の英雄として赤の広場にあるクレムリンの壁に埋葬されました。
1894年、中華人民共和国の京劇俳優、梅蘭芳(ばい らんほう、メイ・ランファン)が生まれました。女形で名高く「四大名旦」の1人。日本の歌舞伎に近代演劇の技法が導入されていることに触発され、京劇の近代化を推進。「梅派」を創始しました。20世紀前半、京劇の海外公演(公演地は日本、アメリカ、ソ連)を成功させました。代表作は、「宇宙鋒」、「貴姫酔酒」、「覇王別姫」。1959年、中国共産党に入党。1961年、心臓病で死去。
1903年、アメリカの遺伝学者、ジョージ・ウェルズ・ビードルが生まれました。遺伝子が細胞内の生化学過程を制御していることを発見し、エドワード・ローリー・タータムとともに1958年度のノーベル生理学・医学賞を受賞。ビードルとタータムは、アカパンカビにX線を照射し、突然変異を起こさせました。それらのなかから代謝系路上の特定の酵素が変異しているものを探し、その生理と遺伝について研究を行いました。1941年の実験で遺伝子と酵素反応が直接関連していることをあきらかにし、これが後に「一遺伝子一酵素説」として知られるようになりました。1970年代後半に、彼はアルツハイマー病に罹り、1989年6月9日に死去。
1913年、阮朝大南国(ベトナム)の第13代にして最後の皇帝、バオ・ダイ(保大帝)が生まれました。姓・諱は阮福永瑞(げんふく えいずい、グエン・フク・ヴィン・トゥイ)。保大7年(1932年)にフランス留学から帰国し、その治世においてはフランスからの自立を目指して内政の改革などに努力しました。太平洋戦争末期の保大20年(1945年)3月には、前年のヴィシー政権崩壊に伴い、日本軍が明号作戦を実行してフランス軍を制圧したことを受け、フランスからの独立を宣言してベトナム帝国を樹立し、その皇帝となりました。日本が敗戦すると、その直後にベトナムでは八月革命が起こり、ホー・チ・ミンが伝説の革命家として有名な阮愛國であることに感銘を受けた保大帝はファム・カク・ホエ官房長官の後押しもあって自らの庇護を条件に8月30日に正式に退位し、9月2日にはベトミンによってベトナム民主共和国の独立宣言がハノイでなされ、バオ・ダイはベトナム民主共和国政府の最高顧問に任命されました。その後、公式の外交代表団の一員として訪中時に亡命し、1946年にはイギリス植民地の香港へ渡りました。首相に任命したゴ・ディン・ジェムの手によって廃位されたバオ・ダイはフランスのパリへ亡命しましたが、その後はベトナムへ帰国せずにカンヌ付近で余生を送ります。1972年にはベトナム戦争の終結と南北の和解を呼びかけていました。1997年7月30日にパリの陸軍病院で死去。
1933年、女優の草笛光子が出生。虚弱傾向を克服するため小学生からバレエを始めます。1950年に松竹歌劇団(SKD)に5期生として入団し、スリーパールズと呼ばれました。1953年に在籍中のまま、松竹(松竹京都撮影所)から映画『純潔革命』でデビュー。豊かな歌唱力を持ち味としました。その後、1954年にSKDを退団し、1956年からの東宝専属を経てさまざまな分野で活動します。特に1958年から放送のテレビ黎明期の音楽バラエティで自らの冠司会番組でもある『光子の窓』では、洋窓から顔をのぞかせてテーマ曲を歌うオープニングが注目を集め、人気を博しました。1960年に作曲家の芥川也寸志と結婚するも、結婚生活は2年で破綻しました。華やかな貴婦人からうらぶれた婦人まで多彩な役柄を演じ、『社長シリーズ』をはじめとする東宝喜劇に多数出演しました。成瀬巳喜男作品の常連で、市川崑作品とも縁が深く、金田一耕助シリーズでは『犬神家の一族』(1976年)の犬神梅子役を筆頭にシリーズ全てに皆勤しました。日本ミュージカル界のパイオニアでもあり、数々の大作に出演しました。『私はシャーリー・ヴァレンタイン』などで芸術祭賞を3度受賞しています。テレビドラマでは石井ふく子プロデュース作品や橋田壽賀子脚本作品にたびたび起用されています。
1939年、俳優の黒部進が生まれています。東宝ニューフェイス合格後、俳優研修所に入り、日本舞踊、モダンバレエ、発声とセリフの稽古などで修業を積みます。1963年、石坂洋次郎原作の青春文芸作『暁の合唱』で、主演の星由里子の相手役としてデビュー。出身地にちなんで、プロデューサーから「黒部 進」の芸名を与えられました。1966年、特撮ドラマ『ウルトラマン』の主人公である科学特捜隊のハヤタ隊員役として起用されました。子供向け番組で主役を務めた俳優の恒例として、彼もその後は悪役ひと筋。女優の吉本多香美は長女。
1943年、フランスの女優、カトリーヌ・ドヌーヴが生まれました。10代のころから映画に出始めます。ミュージカル映画『シェルブールの雨傘』のヒットで世界的スターの座をつかみます。1992年の『インドシナ』で米国アカデミー賞主演女優賞にノミネート。1998年の『ヴァンドーム広場』でヴェネツィア国際映画祭 女優賞を受賞。フランスの世界的ブランドであるイヴ・サン=ローランの顧客としても有名。
1949年、女優の松金よね子が生まれました。テアトル・エコー、劇団東京乾電池を経て、ノックアウト所属。1970年代後半からドラマに出演する傍ら、声優としてアニメや洋画の吹き替えも行っていましたが、1980年代に『笑っていいとも!』や『11PM』などバラエティー番組にも進出。特に『笑っていいとも!』では当時レギュラーだった渡辺めぐみ、KINYAと「よめきんトリオ」というグループを結成し(当時の人気アイドル・たのきんトリオとイモ欽トリオのもじり)、レコードデビューも果たしました。声優としては『ロッキー』のエイドリアンが当たり役となり、ファイナル以外は全て吹き替えを担当しました。1985年にテアトル・エコーを退団した後、1986年には岡本麗と田岡美也子との3人で「グループる・ばる」という演劇グループを結成し、2018年9〜12月のグループ解散公演に至るまで32年間にわたってグループ主宰の公演を行いました。
1952年、シンガーソングライター・作家でゴダイゴのメインボーカルであり、ほとんどのシングル曲の作曲者でもあるタケカワユキヒデが生まれました。1976年、以前から活動を共にしていたミッキー吉野とゴダイゴを結成し、作曲とボーカルを担当。彼独特のメロディーは「ガンダーラ」、「モンキー・マジック」、「銀河鉄道999」、「ビューティフル・ネーム」といった数々のヒット曲を残しました。1985年のゴダイゴ活動休止後は、中森明菜、酒井法子、松田聖子、光GENJIなど、他のアーティストへの楽曲提供やプロデュースでヒットメーカーとしての地位を確立し、2枚のアルバム、1枚のサントラ盤もリリース。同年、高倉健主演映画「夜叉」の主題歌の作曲を手がけました。1989年アルバム『I LOVE YOU』を発表し、本格的にソロ活動を再開。1990年代に入り、作曲家・音楽プロデューサー・ライブ活動のほか、講演、テレビ・ラジオ番組の司会・コメンテーター、文筆活動など、マルチアーティストとして幅広く活躍中。
1953年、俳優の三田村邦彦が生まれました。1979年、所属していた劇団青俳の推薦により『限りなく透明に近いブルー』でデビュー。同年『必殺シリーズ』に飾り職人の秀役で出演、華麗な殺しと、陰りのある表情をたたえる仕事人を演じ人気を博しました。1982年より『太陽にほえろ!』にジプシー刑事役で出演。阿波踊りの熱狂的なファンとして知られ、徳島市阿波踊りにサンスター連として20年以上参加しています。
1960年、女優の室井滋(むろい しげる)が生まれました。大学在学中の1981年、村上春樹原作の映画『風の歌を聴け』で劇場映画デビュー。1988年、「恩田三姉妹」として小林聡美、もたいまさこと共演した『やっぱり猫が好き』がヒットし、一躍人気者となりました。
1961年、歌手、俳優であり、お笑いコンビ『とんねるず』メンバー(相方は木梨憲武)の石橋貴明が生まれました。1985年1月19日放送の『オールナイトフジ』にて「一気!」を熱唱中、石橋がテレビカメラを何度も揺すっているうちに、バランスが崩れてフロアに横倒しになりました。倒れたカメラはスタッフがすぐに立て直しましたが、とんねるずの二人は顔面蒼白でした。木梨は「俺、しらねーよ……」と幾度もつぶやき、曲終了後、MC陣がその場を取りつくろいました。カメラは倒された際の衝撃で廃棄処分となり、約1,600万円を弁償する羽目になりました。映画『メジャーリーグ2』では謎の日本人選手「タカ・タナカ」というバットを頭で折る破天荒な選手として出演。続編にあたる『メジャーリーグ3』にも出演しました。これがきっかけで石橋は本場のメジャーリーグ選手やファンから「あの日本人選手」として知名度を得ました。現妻は、女優の鈴木保奈美。
1973年、大リーグでも活躍した元野球選手、イチロー(鈴木一朗)が生まれました。野球に無知な私よりも皆さんのほうが彼の大活躍については詳しいでしょう。2006年には『古畑任三郎 ファイナル』第2話に、主人公・古畑と対決する犯人役「シアトル・マリナーズのイチロー」として出演しました。私も視聴しましたが、演技らしい演技をしない自然体は見事でした。
1975年、TBSのアナウンサー、外山惠理が生まれています。1998年4月にTBSへアナウンサー33期生として入社(同期は駒田健吾、新タ悦男)。実家は向島にある和菓子屋「言問団子」。ために立川談志からは「団子屋の娘」と呼ばれていました。ラジオ『土曜ワイドラジオTOKYO 永六輔その新世界』のアシスタントを務め、『誰かとどこかで』の遠藤泰子と並び、永のパートナーとして不動の位置を築きました。近年ではニュースデスクにも起用されています。ただ、飲食店などでは我儘ぶりやすぐにクレームをつけることから、TBS界隈の赤坂では「要注意人物」としてマークされているそうです。
1984年、バラエティタレントの関根麻里が出生。父はタレントの関根勤(元ラビット関根)。 夫は歌手のK。私はこの人にあんまり詳しくはないけれど、一説によると芸能人に多い劣等感や性格の偏りとは無縁の普通人なのだそうです。

この後は忌日。
13 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

忍者モード登場!