ホーム > mixiユーザー(id:5138718) > mixiユーザーの日記一覧 > 9月17日が誕生日である人々

mixiユーザー(id:5138718)

2019年09月17日05:32

14 view

9月17日が誕生日である人々

879年、カロリング家の西フランク王、シャルル3世が生まれました。単純王と呼ばれます。ドイツ語でカール3世(Karl III)。フランスに侵入してきたノルマン人と和解しました。領邦諸侯に嫌われ、廃位され幽閉されて929年10月7日に没しました。
1192年(建久3年8月9日)、源実朝、鎌倉幕府第3代将軍が誕生。鎌倉幕府を開いた源頼朝の嫡出の次男として生まれ、兄の頼家が追放されると12歳で征夷大将軍に就きます。1219年(承久元年)、鶴岡八幡宮で頼家の子公暁に暗殺されました。これにより鎌倉幕府の源氏将軍は断絶しました。歌人としても知られ、92首が勅撰和歌集に入集し、小倉百人一首にも選ばれています。家集として『金槐和歌集』があります。小倉百人一首では鎌倉右大臣とされています。
1826年、ドイツの数学者、ゲオルク・フリードリヒ・ベルンハルト・リーマンが生まれました。解析学、幾何学(リーマン幾何学)、数論の分野で業績を上げました。アーベル関数に関する研究によって当時の数学者から高く評価されましたが、先駆的な彼の研究は十分に理解されず、20世紀になって彼のそれぞれの研究分野で再評価されるようになりました。19世紀を代表する数学者の一人。彼の名前が残っている数学用語に、リーマン積分、コーシー=リーマンの方程式、リーマンのゼータ関数、リーマン多様体、リーマン球面、リーマン面、リーマン=ロッホの定理、リーマン予想などがあります。過大評価されすぎているアインシュタインの相対性理論も、この数学におけるリーマンの研究がなければ成立しえなかったそうです。
1863年(文久3年8月5日)、死去まで長寿日本一及び長寿世界一であった滋賀県の女性、河本にわが生まれました。生年に確証のある日本人としては初めて113歳を迎えた人物でもありました。1976年11月16日午前8時半に113歳と60日で死去。出生記録が確認できる日本人としては、江戸時代生まれの最後の生き残りです。
1867年(慶応2年)、俳人、歌人、国語学研究家の正岡子規が生誕。俳句、短歌、新体詩、小説、評論、随筆など多方面に亘り創作活動を行い、日本の近代文学に多大な影響を及ぼした、明治時代を代表する文学者の一人でした。死を迎えるまでの約7年間は結核を患っていました。在籍していた東大予備門(現・東大教養学部)では夏目漱石・南方熊楠・山田美妙らと同窓。従軍記者として乗り込んでいた船中で喀血して重態に陥り、神戸病院に入院。7月、須磨保養院で療養したのち、松山に帰郷しました。喀血した(血を吐いた)ことから、「鳴いて血を吐く」と言われているホトトギスと自分を重ね合わせ、ホトトギスの漢字表記の「子規」を自分の俳号としました。1902年(明治35年)9月に死去。満34歳。辞世の句「糸瓜咲て痰のつまりし仏かな」「痰一斗糸瓜の水も間にあはず」「をとゝひのへちまの水も取らざりき」より、子規の忌日9月19日を「糸瓜忌」といい、雅号の一つから「獺祭(だっさい)忌」ともいいます。子規は日本に野球が導入された最初の頃の熱心な選手でもあり、1889年(明治22年)に喀血してやめるまで続けていました。ポジションは捕手。
1906年、スリランカの第2代大統領、ジュニウス・リチャード・ジャヤワルダナが生まれました。英国統治下のセイロンで頭角を現し、独立後は内閣で要職を務め、議院内閣制下の1977年から1978年まで首相を、大統領制移行後は1978年から1989年にかけ大統領を務めました。1951年には国際連合に蔵相として参加し、同年9月6日、サンフランシスコ講和会議にセイロン代表として出席しました。その会議演説で、ジャヤワルダナは「日本の掲げた理想に、独立を望むアジアの人々が共感を覚えたことを忘れないで欲しい」と述べ、また「憎悪は憎悪によって止むことはなく、慈愛によって止む」という法句経の一節を引用して、セイロン(現:スリランカ民主社会主義共和国)は日本に対する賠償請求を放棄する旨の演説を行いました。1996年11月1日、死去に際し献眼、角膜提供。「右目はスリランカ人に、左目は日本人に」との遺言により、片目は日本に贈られ群馬県の女性に移植されました。
1907年、俳優の東野英治郎が生まれました。新築地劇団を経て小沢栄太郎、千田是也らと俳優座を創設し、その中心として活躍。戦中からは映画にも出演し、個性的な名脇役として330本以上の作品に出演しました。主な出演映画に『東京物語』『用心棒』『秋刀魚の味』『白い巨塔』など。テレビドラマ『水戸黄門』の初代黄門役でも知られます。著書に『私の俳優修業』など。長男は俳優の東野英心。
1931年、小説家の曽野綾子が生まれています。中河与一主宰の同人誌『ラマンチャ』(1951年5月)に載った「裾野」が臼井吉見の目にとまり、臼井の紹介で現在の夫・三浦朱門や阪田寛夫らの第十五次『新思潮』に加わります。朝日放送に入社した阪田の伝手もあり、同人誌発行資金獲得のため同社にコントを投稿し数編採用されます。「鰊漁場の図」(新思潮5号)、「田崎と鶴代」(新思潮6号)、「片隅の戦士」(世界8・9月合併号)と発表し、22歳で文学的アドバイザーでもあった三浦と結婚。山川方夫の紹介で『三田文学』に書いた「遠来の客たち」が芥川賞候補となり23歳で文壇デビュー。以後、次々に作品を発表。30代で不眠症に苦しみますが、『弥勒』『無名碑』など新しい方向性にチャレンジするうち克服しました。三浦朱門が「妻をめとらば曽野綾子」と詠めば、「あとは野となれ山となれ」と返しています。この人、被災者への同情心が薄いらしく、数々の舌下事件を起こしています。
1932年、漫才コンビ「青空千夜・一夜」の大柄で筋肉質なほう、青空一夜が生まれています。説教口調の一夜が8割方喋り、千夜が茶化されつつ相槌を打つ、ボケ・ツッコミの役割分担がはっきりしたスタイルで、「(小林)一茶かホイ」「あの本この本」等のとぼけたネタで人気者になります。1959年に第7回NHK漫才コンクール優勝、1969年に芸術祭優秀賞受賞の実績をもって、1971年に漫才界初の真打に昇進しました。1991年、千夜が肝不全で死去。コンビ消滅後も、一夜はピンで講演、司会業等で舞台を立ち続ける傍ら、漫才協団理事長を務めるなど精力的に活動していましたが、1996年4月23日に急性肺炎で死去しました。「青空」の亭号から分かるように、コロムビアトップ・ライトの弟子。
1941年、俳優の橋爪功が生まれました。演劇集団 円代表、円企画所属。1961年、文学座附属演劇研究所の1期生に応募し合格。同期には岸田森、草野大悟、寺田農、樹木希林、小川眞由美、北村総一朗がいた。1963年、文学座を離れ劇団雲に参加します。1974年、尊敬する芥川比呂志演出の舞台『スカパンの悪だくみ』で大阪弁でスカパンを演じ、この仕事が俳優としての転機となり一躍演劇界のスターとなりました。1975年、芥川、仲谷昇、岸田今日子、有川博らとともに、演劇集団 円の創立に参加。以降も所属する円を中心に、舞台活動を続けています。2006年、前代表の仲谷昇の死後、円の代表となります。野田秀樹との二人芝居『し』や、椎名桔平と共演の『レインマン』など、外部出演もさかんです。
1948年、歌手のちあきなおみが生まれました。幼いころから歌が好きで、4歳のときから米軍キャンプを回ってジャズを歌っていました。日本コロムビアのオーディションを受け保留となり、作曲家鈴木淳の元で1年4ヶ月レッスンを受け、1969年、21歳の時「雨に濡れた慕情」で歌手デビュー。1970年に「四つのお願い」や「X+Y=LOVE」がヒットし、人気歌手となる。同年、「四つのお願い」で『第21回NHK紅白歌合戦』に初出場、以降1977年の第28回まで8回連続出場しました。1972年、代表曲となる「喝采」が第14回日本レコード大賞を受賞し、その年の年末から翌年にかけてオリコン集計で80万枚を売り上げる大ヒットとなります。この曲は当時、ちあきの実体験を元にして作詞されたという触れ込みでプロモーションされたましが、実は全くのフィクションであった。1987年からの大日本除虫菊「タンスにゴン」のCMシリーズでは、癖のある主婦を演じます。1990年の自転車に乗った共演者・美川憲一に「もっと端っこ歩きなさいよ」と注意されるバージョンは話題を呼び、美川の再ブレイクのきっかけにもなりました。1988年、テイチクに移籍し、水原弘のオリジナル曲をカバーし1991年に発表された「黄昏のビギン」は同年(京成電鉄・スカイライナー)と1999年 - 2003年(ネスカフェ・プレジデント)、2011年(トヨタ自動車の企業CM ReBORN DRIVE FOR TOHOKU)に、戦後間もない頃に小畑実が歌った曲をカバーした「星影の小径」は1986年(AGFマキシム・レギューラーコーヒー)、1992年(Audi)、2006年(キリンビバレッジ「実感」)にテレビCMに使われました。私は彼女の「黄昏のビギン」は大好きです。1992年9月11日に夫の郷治(享年・55)と死別後は「故人の強い希望により、皆様にはお知らせせずに身内だけで鎮かに送らせて頂きました。主人の死を冷静に受け止めるにはまだ当分時間が必要かと思います。皆様には申し訳ございませんが、静かな時間を過ごさせて下さいます様、よろしくお願いします。」という書面のコメントを公表。これを最後にちあきは歌手業を含めた、一切の芸能活動を完全に停止しました。それ以降正式な引退宣言が出ないまま、現在も公の場所には全く姿を現していません。ちあきの義兄である宍戸錠は「ちあきの歌の上手さはハンパじゃないんだよ。好き嫌いはあると思うけど、俺は美空ひばりより上手いと思うね。ありとあらゆる流行歌、英語の歌も含めて、ちあきにかなう歌手はいないよ。リズム&ブルースでもゴスペルでもないんだけど、ちあきは心にその二つの精神を持っている。びっくりするぐらい上手い。」と語っています。変わった逸話では、まだ日本やアメリカではプロレスラーがリングに向かう際、テーマ曲を流すという習慣がなかった時代、欧州ではそれが行われていました。日本から遠征していた当時、国際プロレス所属のマイティ井上は、このちあきなおみの「四つのお願い」を入場テーマ曲にしていました。
1963年、元プロレスラーの蝶野正洋が生まれています。元新日本プロレスの「闘魂三銃士」の一人。もうリングに上がることはないだろうと言っていますが、正式な引退はしていません。ファッションブランドの「アリストトリスト」を立ち上げ、代表取締役に就いています。私生活では1991年12月にドイツ遠征の際に知り合ったマルティナと結婚。2010年、東京消防庁「 救急救命普通講習」受講を切っ掛けに、社会貢献活動に取組む。2011年東日本大震災後は、積極的に復興支援イベントに参加。主催イベントもしています。「鉄人」ルー・テーズから伝授された関節技、STFをフィニッシュ技の一つとしていました。私が吉祥寺で学習塾を経営していた時代、三鷹から通っていた塾生同士が「三鷹にはサッカーもやっているすごい不良がいる」と、高校生時代の蝶野のことを話題にしていました。
1991年、プロゴルファーの石川遼が生まれています。私は日本ではゴルフ場に大量の農薬をまいて自然破壊をしているゴルフが嫌いですから、コメントはパス。

次は忌日。

14 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する