mixiユーザー(id:5138718)

日記一覧

ワインブーム ポリフェノールが動脈硬化を防ぐという理由で、赤ワインが人気に。ワイン全体で販売量が前年の13%増を記録。ソムリエの田崎真也は気取らない楽しみ方を提唱。ガーデニングブーム ハーブ人気も手伝って、'96年ごろから園芸(的なもの)が人気と

続きを読む

1月16日が忌日である人々
2021年01月16日00:26

399年(仁徳天皇87年)、第16代天皇、仁徳天皇が即位67年に百舌鳥耳原を陵墓地と定め、即位87年に110歳で崩御。『古事記』に83歳。応神天皇の崩御の後、最も有力と目されていた皇太子の菟道稚郎子(うじのわきいらつこ)と互いに皇位を譲り合いましたが、太子の

続きを読む

1103年(康和5年)、第74代天皇の鳥羽天皇が誕生しました。子の崇徳天皇・近衛天皇・後白河天皇の3代28年に渡り院政を敷きました。即位当初は、まだ幼かった鳥羽天皇は政務を執る事ができず、また当時の摂関の藤原忠実は立場が弱く白河法皇の風下にあり、実際の

続きを読む

まずは記念日から。「禁酒の日」。1920(大正9)年のこの日、アメリカで禁酒法が実施されました。清教徒(ピューリタン)の影響が強かったアメリカではアルコールに対する強い批判があり、20世紀初頭までに18の州で禁酒法が実施されていましたが、これが全国に及

続きを読む

プリウス 地域温暖化防止京都会議のさなかの12月、トヨタから世界初の市販ハイブリッド車が売り出されました。1.5リッターのガソリンエンジンと電気モーターの併用で、排出ガスが規制値の10分の1、燃料費が二倍。充電の必要もなく、一か月で1000台の受注があ

続きを読む

1月15日が忌日である人々
2021年01月15日00:02

1455年(享徳3年)、関東管領の上杉憲忠が5代鎌倉公方・足利成氏に謀殺されて、28年間断続的に続いた享徳の乱のきっかけとなりました。 1895年、江戸時代後期〜明治時代の日本の皇族、政治家、軍人、有栖川宮熾仁親王(ありすがわのみや たるひとしんのう)が明

続きを読む

1938年、女優の冨士眞奈美が生まれました。俳優座付属養成所第7期生(同期は水野久美、大山のぶ代、露口茂、井川比佐志、田中邦衛)を経て、1956年『この瞳』の主役に抜擢されデビュー。1957年にはNHKの専属第一号となります。テレビドラマ『輪唱』の三姉妹役

続きを読む

1536年(天文5年)、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将・大名、佐々成政(さっさ なりまさ)が生まれました。織田信長に仕え、馬廻から戦功を重ねて頭角を表します。永禄10年(1567年)、黒母衣衆の一員に抜擢されました。天正9年(1581年)2月、正式に越中

続きを読む

まずは記念日。「小正月」。7日までの松の内を「大正月」と呼ぶのに対し、15日を「小正月」と言います。松の内に忙しく働いた主婦をねぎらう意味で、「女正月」という地方もあります。「上元(じょうげん)」。この日に小豆粥を食べるとその一年中の疫病が避け

続きを読む

サプリメント飲料 ビタミンCなど、「現代人」に不足しがちな栄養素を手軽に補給しようというもの。淡いグレープフルーツ味と低カロリーで、女子高生を中心に人気(3月、キリンビバレッジから「キリン・サプリ」)。500CCは自主規制の取れたペットボトルで発売

続きを読む

1月14日が忌日である人々
2021年01月14日00:18

1701年(元禄13年12月6日)、常陸水戸藩の第2代藩主、徳川光圀(とくがわ みつくに)が食道癌のため死去。享年74(満73歳没)。徳川家康の孫に当たります。 「水戸黄門」としても知られます。後に『大日本史』と呼ばれる修史事業に着手し、古典研究や文化財の

続きを読む

1602年(慶長7年)、日本画家の狩野探幽が生まれました。桃山絵画からの流れを引き継ぎつつも、宋元画や雪舟を深く学び、線の肥痩や墨の濃淡を適切に使い分け、画面地の余白を生かした淡麗瀟洒な画風を切り開き、江戸時代の絵画の基調を作りました。若年時は永

続きを読む

まずは記念日。「左義長、どんと焼き、どんどん焼き」。正月に飾った正月飾りや書き初め等を燃やします。8日や10日に行う地方もあります。現代では焚火はご法度だから、家庭で行うことは不可能になってしまいました。「飾納、松納」。正月飾りや門松を取り外

続きを読む

CMクィーン・広末 『CM now』の読者の選ぶCM大賞で広末涼子が圧倒的な支持を得ました。女性タレント部門はもちろん、作品別でもベストテンのうち七作品までを広末出演作品が占めるという異常ぶりです。それらの作品とは上位から、ドコモ・ポケベル(1位)、ア

続きを読む

Just Do it マイケル・ジョーダン、タイガー・ウッズというスーパー・ヒーローを登場させ、洗練されたドラマチックCMを作ってきたナイキのコマーシャルに日本制作編が加わりました。桑田真澄が登場する一球入魂編や読売西友ヴぇレーザの選手たちの練習姿を描

続きを読む

1月13日が忌日である人々
2021年01月13日00:07

888年、中世西欧の西ローマ皇帝、東フランク王国の国王、カール3世(シャルル3世)が49歳で死去。異称は「肥満王」。分裂していた東西のフランク王国を一時的に統一しましたが、統合を維持することはできませんでした。1199年(建久10年)、鎌倉幕府の初代征夷大

続きを読む

1543年(天文12年)、日本画家の狩野永徳が生まれました。狩野派(室町時代から江戸時代まで日本画壇の中心にあった画派)の代表的な画人であり、日本美術史上もっとも著名な画人の1人です。現存する代表作に『唐獅子図屏風』、『洛中洛外図屏風』、『聚光院障

続きを読む

まずは記念日から。「ピース記念日」。1946年のこの日、高級たばこ「ピース」が発売されました。当時、10本入りで7円で、日曜・祝日に1人1箱だけに限られていました。「成人の日(Coming of Age Day)」。以前は1月15日でしたが、ハッピーマンデイにより、1月第

続きを読む

じゃあ、どんな生活がいいの? カタログハウスの「通販生活」のCM。食卓篇は、味噌汁の味をめぐって嫁・姑の間に火花が散ります。間に挟まれた男(息子かつ夫)が思わず叫びます。「もうやだ、こんな生活!」「じゃあ、どんな生活がいいの?」と、妻や母。その答

続きを読む

1月12日が忌日である人々
2021年01月12日00:10

2001年、歌舞伎役者の9代目澤村宗十郎が心不全のため、67歳で大阪赤十字病院にて死去。古典味のある役者で、3代目市川猿之助劇団にしっかりした歌舞伎の醍醐味を与えていました。猿之助との共演以外では弟の澤村宗十郎とよく組んでいました。実際に私が見た中

続きを読む

1562年(永禄5年)、加賀藩初代藩主の前田利長が生まれました。藩祖である前田利家の長男(嫡男)。若年より織田信長・豊臣秀吉旗下の指揮官として転戦。秀吉死後から江戸幕府成立に至る難局を、苦渋の政治判断により乗り越え、加賀藩の礎を築きました。梅毒に

続きを読む

まずは記念日。「スキーの日」。スポーツ用品メーカー・ミズノの直営店・エスポートミズノが1994(平成6)年に制定。1911(明治44)年のこの日、オーストリアのレルヒ少佐が新潟県の高田陸軍歩兵聯隊の青年将校にスキーの指導を行い、日本人が初めてスキーを行い

続きを読む

1月11日が忌日である人々
2021年01月11日00:51

1881年、発明家の田中久重(田中儀右衞門)が82歳で死去。「東洋のエジソン」「からくり儀右衛門」と呼ばれました。芝浦製作所(後の東芝の重電部門)の創業者。1891年、フランスの政治家、ジョルジュ・オスマンがパリで死去。享年81。1853年から1870年までセー

続きを読む

347年、古代ローマ帝国の皇帝、テオドシウス1世(Flavius Theodosius)が誕生。わずか4か月ではありましたたが、東西に分裂していたローマ帝国を実質的に1人で支配した最後の皇帝。ために「大帝」とも呼ばれます。キリスト教を国教に。395年1月、冬営中のミラノ

続きを読む

まずは記念日。「鏡開き」。正月に年神様に供えた鏡餅を雑煮や汁粉にして食べ、一家の円満を願う行事。武家社会の風習だったものが一般化しました。刃物で切るのは切腹を連想させるため、手や木鎚で割ったり、砕いたりします。また、「切る」という言葉をさけ

続きを読む

多チャンネル時代へ CS(通信衛星)放送が本格化。先行の「パーフェクTV」は加入世帯が50万を超えました。12月には「ディレクTV」が放送を開始。ソニーとフジテレビが資本参加を決め注目された「JスカイB」は年末に「パーフェクTV」に合併を申し入れ、早々と再

続きを読む

1月10日が忌日である人々
2021年01月10日00:14

1671年(寛文11年)、徳川家康の十男、徳川頼宣(とくがわ よりのぶ)が70歳で死去。紀州徳川家の祖。常陸国水戸藩、駿河国駿府藩を経て紀伊国和歌山藩の藩主となりました。8代将軍徳川吉宗の祖父にあたります。父・家康の晩年、頼宣を最後まで手元に置き自ら薫

続きを読む

1835年(天保5年12月12日)、武士(中津藩士のち旗本)、蘭学者、著述家、啓蒙思想家、教育者である福澤諭吉が生まれました。もともと苗字は「ふくさわ」と発音していましたが、明治維新以後は「ふくざわ」と発音するようになります。慶應義塾(旧:蘭学塾、

続きを読む

まずは記念日。「110番の日」。警察庁が1985年12月に制定し、翌1986年から実施。全国の警察で、ダイヤル110番の有効・適切な利用を呼びかけるキャンペーンが行われます。110番はGHQの勧告で1948(昭和23)年10月1日に、東京等の8大都市で始められました。東京で

続きを読む

大河ドラマはいま一つ 毛利元就(出.中村橋之助)は、地方大名が主人公という異色作。脚本家に内館牧子を起用しましたが、後半は息切れ。「八代将軍吉宗」「秀吉」といった人気の前二作に比べ視聴率もいまひとつでした。「ラブジェネ」ダントツ ドラマで圧倒

続きを読む