mixiユーザー(id:51352222)

2020年02月22日15:51

150 view

小池教室

新型ウイルスの影響でしょうか。お休みの方がちらほら。

講義は「新聞歌壇の歌」
小池さんは読売新聞の歌壇の選歌をしておられます。

  老いの歯の致し方なく抜かれけり身のもの一つ失する淋しさ  水戸市中崎正紀

「致し方なく」うまい言葉、
「失する」は馴染めない「欠ける」へ


  耳遠きわれにも聞こゆる小夜しぐれ石槌の山は雪になりなむ  西条市山本美知子

人間の奥深いものを感じる。きれい、短歌は美しいことが大事。


  啄木はがんばっていた『一握の砂』の歌集を読めばわかるよ  鳴門市楠井花乃

正直、素直、すがすがしい。私はよくこの人の歌を取る、すると賛成、反対の葉書が来る。


  ゆふぐれに怪しきほどの満月が元年師走むっくりと出る  太田市橘 初江

満月がむっくりで歌になる。


  携帯に圏外と出たこれからは救ひ手の無き山に踏みこむ  東京都大村森美

人生の比喩にも思える。


小池・えー皆さんはどう思いますか!
と今回はバチバチと名指しで受講生に発言させる。
(おっとっと油断はならず、構えて構えて…)

圏外に…の歌を当てられる。
「携帯で覚悟をするのか、と意外感が感じられました」(やれやれ)

小池・では皆さんはどの歌が一番好きですか?

「耳遠きわれにも…」の歌がダントツ9人で一番人気。

後で私は「私一人で読んでいたら、地味で通り過ぎてしまう。しかし、小池さんの解説が良かったから、皆さんもそうではないかと思う」と小池さんにいう。
鑑賞、解説の力と思うもの。


題詠  戦う

  一粒の眠剤はのみど落ちゆけり鋭き神経網とたたかはむべく   とうこ

小池・よくできた歌、これでよい(あっさり)

後でKさんが「眠れない時はね、ラジオを小さくかけていると自然とねむくなってくるわよ」
Sさんは「源氏物語をずっと続けて読むのよ、眠れるのよ〜」と教えてくださる。
皆さん優しい!!うれしいです!

「戦う」の題ではやはり戦争の事象が多かった。
子供であっても直の戦争体験が、または話を覚えている年代。
しかし、もう覚束なく…。


4 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年03月01日 16:29
    >後でKさんが「眠れない時はね…

    病室にて寝る前、小さな音で(もちろんイヤホン)ラジオを聞きました。TBSラジオ平日午後10時〜の荻上チキさんの番組は良かった! 新型コロナを煽るようなことはせず、その陰で消えかねない国会の論戦を、かなり長い録音とピシッとしたコメントで伝えておりました…と思いつつ寝入ってしまうので最後までは聞けず。^ ^:
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年03月01日 20:49
    > mixiユーザー 
    ラジオ派ですね。
    わたしは小説を読んで目が痛くなると仕方ないと寝ます。
    少し前までは目が痛くなるなんてなかったのですが、年を取ると現れるのですよ〜(脅す…)
    ラジオは今度実践してみます。随分硬派なお話でしたね。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する