mixiユーザー(id:512618)

2021年04月11日18:20

9 view

マスコミに先んじれない人は今後消える

ブロガー、ツイッタラー、ユーチューバー、世の中色々いますけれど今後この手の存在で報道じみたこと、オピニオンじみた事をしている人は、マスコミに先んじて情報を得てマスコミ以上に詳しく報道できる様にならなければ滅びます。

もうね、断言してもいい。

例えば、堀潤と言うNHKをクビになった人は、いまネットジャーナリスト、フリージャーナリストとして活躍していますが、いま映像による報道やオピニオンに備えてスタジオを作ってしまいました。
つまり、自前の放送局に等しい装備、設備ですね。
これに加えて取材力等は、既に準備した、鍛えた訳ですからネットに転がっている情報を集めるだけのネットのジャーナル気取り、オピニオン仕草は戦力的な大差をツケられてしまったわけです。

どんだけの大差かと言えば、ユーチューバーとしてのネットジャーナリストを北朝鮮としたら堀潤はイギリス軍レベル。
まだまだ弱いレベルの堀潤との格差がこの程度はあるんです。

さらにサブスクです。
円谷プロも自前のサブスクリプションしてます。
サーバや映像制作、配信の基礎を持っているからこそできるてなもんですが、良く考えて欲しいのは、これらを行うのが満を持して、な状態なのですね。
欧米では、そもそも先を競ってサブスク合戦でした。
中には大手と目されていても討ち死にした所もありますし、ディズニーですら幾つかやってようやっとてな面もあります。

日本では成功例とシステムを導入する事で容易に地固めできる訳ですけれど、それこれもアマゾンやNetflixの成功があったこと、ディスカバリーチャンネル等の先達が居ることに由来します。


で、ここで特にFREE JAPANの運営近くにいた人には思い出してほしいのですが、過去にネットTVをやりたいと言う話しを受けた事で私が企画書やスタジオ、スタッフ等を集める作業しましたね?というかしました。
知らない人にはまあ、詳しくはわからないでもネットを活用した放送をする必要があると言う事で私が行動をした訳ですが、まあ頓挫しました。

当初はYou Tubeを利用する方向でしたが自前のサイトとサーバ、同時に配信システムと課金システムの構築を目指した形で企画をだしておりまして、その方向で動くはずでした。
なにせ、最初は衛星放送のチャンネルを一つ買うとか言う無謀なアイデアでしたからね。
予算とツテがあるかのような話しでしたが実際にはそんな話しは聞いた程度だったのでそれはなし、最終的には自前のサーバとシステムでの放送局(ネットの)を作る、つまり今のサブスクリプションサービスを提唱してたんですね。

まあ、色々あって頓挫する結果となり形をどうしたかったか見せるために某氏が参加する事で自前番組やってみましたが。

なんで、サブスクのサービスを提唱したかっていうと衛星放送だろうとYou Tubeだろうと所詮は他人のインフラなんですよ。
だから、いつ消されてもおかしくはないし、自由にはできない。
また、視聴者層を固定するならば最終的に全て自前でそこで利益の確保と制作費を賄わなければ無意味であること、永続性が無い事を指摘したんですよね。

なので、大ボスもその路線で動くはずだったんですがあれやこれや…。


そして現在ですよ。
報道を目指すなら自前のシステムと最低限なにか有った時の自前の配信能力が必須な現状、何か有った場合にはそれでも発信を続けられる体制がない限りは、それこそエスタブリッシュメントな方々に消されてしまう事は覚悟してのいい加減なオピニオンでは無意味な時代であり、同時に時代遅れな形なんですよね。

実際、配信サーバってかんたんに作れますよね、今なら。
NASの知識さえあればらくらくです。
そこに乗っ取りやハッキング対策を施せばほぼ完璧な形での放送局ができあがります。

で、会員制の課金システムを構築できればなんの問題もないてなもんなんですよね。
こういう事を見据えて所謂保守、愛国界隈に提案してきたんですが先をみる人は数少ないのがウヨサヨ問わずの問題。

今、You TubeやTwitter等でアカウント消されたり削除されたり凍結されたりがでてきて今更慌てても遅いわ!と思う事しきりなのでありました。
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2021年04月>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930