mixiユーザー(id:512618)

2021年01月24日15:01

11 view

消毒殺菌生活w

冬となれば、火鉢で暖を取る私。
この所、オガ炭が近所のホームセンターで手に入らず苦労してます!

で、火鉢を使ってると豆炭で瀬戸物の火鉢での生活。
新たに手に入れた大きめの瀬戸物の火鉢はまだ灰すら入れておらず、今回は敷石を敷いての灰を試してみようかとか考えているんですけどね。

そして灰がでるのでその処理をどうするか悩む人多いかもしれませんが、ゴミ袋に層になるようにしてすててます。
火鉢で暖を取りつつ酒の肴を炙ったり焼いたり煮込んだりしてるから、油が落ちたり水が落ちたりで固まったり匂いがついた灰は捨てる必要があるんですが、結構再利用してる訳です。

その中の一つに燃えるゴミの殺菌というか消毒と言うか、水分も減らして細菌やカビの繁殖の抑える為に、ゴミ袋に層にしていくパターン。
灰とゴミのミルフィーユですが、食べ物系のゴミ、例えばバナナの皮とか切り離した肉の不要部位なんかもこの灰の中に入れることで乾燥し夏でも腐敗速度は遅く、灰のおかげでコバエも蝿も湧きません。
ウジがうっかりでている場合は、そこに灰をかぶせりゃウジの水分を灰が吸い取って即死亡です。
ざまあ!

さらに、この時期なら一人用鍋等を使うのでそれを拭いた紙やボロ布なんかもそのままポイ。
上も下も灰で覆うので衛生上は問題ないですし、鼻を噛んだ紙もそのまま捨てても灰でミルフィーユだから問題ないんですよ!と言う状態。

言ってしまえば、来客があっても使い捨てマスクにくしゃみの唾液や痰がついたもんをゴミ箱に捨ててもらっても上から火鉢の灰をかけて埋める事で問題は改善なんですよ!
てな状況です。

しかも、常にヤカンをかけているんで水蒸気がでているすなわち、加湿!
これでコロナウイルスも風邪原因菌も一網打尽だ!と言う状態なのでなのも素晴らしい生活環境なんですね。


まあ、これで天井の穴を塞げていたら、問題の無い冬なんですけどねえw

そんなこんなでマスク警察だろうと自粛警察だろうと私の様に自然の力を借りている様な生活をしてるんじゃないなら文句言うな!ってところです。
こういう生活してると自然に新型コロナだろうと風邪だろうとインフルだろうとかかんねえんだよ!
みたいな状態ですので。
1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2021年01月>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31