mixiユーザー(id:512618)

2020年11月19日12:53

58 view

正直言うと、宮崎駿の罪はでかいw

『鬼滅の刃』ヒット契機に“声優起用”の原点回帰が加速、花江夏樹がハブ的役割に
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=54&from=diary&id=6311806

ジブリ作品で俳優やタレントを使う様にしたのは、アニメ向け演技じゃない演技を欲したと言うのはあるし、作風で必要性を感じてと言うのはあるんですが、あれで成功したのはジブリ作品で加えて、お年寄りの作品だからだぜ?

と言うと?な人もいると思うがいわゆる侘び寂びなんじゃよ。
演出の緩急や、アクションへの移行の描写が過去の作風と変わってきたことが大きいってのもある。
例えばカリオストロの城で当時の俳優を使えたかいなか、って事だよね。
すげー誇張した演技必要でもあるし、アニメに慣れた声優の必要はあったのさ。
最も、当時の声優が舞台俳優の副業的側面もあるから、あの時点では半分は俳優と言う事にもなるしねえ。

とっつぁん、NHK教育テレビ出てたしw

ただ、年を経るに従い宮崎駿の演出も変わってきますよね。
年相応の落ち着いた演出というか。
より実写に近い描写を求めるとか。

もちろん、求めてもアニメ=絵描きとしての矜持は保っているんで、その融合点の模索が声優否定になっただけ。
話題作りでってわけじゃないんだよな。

ハウルの場合だって、ドラマでキムタクを観たりなんだったりが起用の判断につながってるしねー。
一応は。

そんな状況の作家と、売れそうだから芸能人使おうぜ!ないわゆる広告代理店の思惑が一緒になるわけはなくって、本来は宮崎駿は声優も俳優も合う合わないで使うをもっと声を大にして言う必要はあったんだけどね。

実際、声優全否定はしてないわけだし。

で、マネッコ乞食な業界人がどんどん芸能人や俳優を話題性の為だけに使うってのを放置した罪はあるよね、みたいな所ですかね。
声優の質の低下にも協力したなんて言う業界界隈の知人も居ない訳じゃないので、まあ、そんなところ。

で、暴走する俳優や芸能人を使うってのが、吹き替え映画でもマイナスに働く事多くなって本来は反省するべきところなんですけどね。


シンプソンズやサウスパークの吹き替えは今も伝説として良いのじゃないのかい?
みたいな気がしますし。


あと、誤解が無い様に言うけど、うまい俳優はアニメや吹きかけをやっても上手いです。
逆もまたってやつで上手い声優は普通に演技しても上手いんですよね。

話題性ってのは結局メディアが売りたい人だから、能力、レベル以前に選ばれているのだってことを、もう少しマスコミが自覚しやがれください、てなところでしょうか。





ああ、あと大御所を自認するような演劇人のテレビ俳優や、映画俳優、声優やナレーター軽視も問題と言う話しもあるが、これはまたなんかの機会で!
5 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年11月>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930