mixiユーザー(id:512618)

2020年10月02日22:41

14 view

安易に薬を勧める事なかれ

あるパワハラ被害にあった女性福祉事業従事者のパワハラを証明するために
カウンセラーからのメンタルクリニックというコンボを使った際に、その女性の
担当精神科クリニック医が曰く
「必要な事情はわかりましたので、薬を出しますが呑んではいけません」
と言ったとか。

要は、本当に必要な時になっても副作用の危険があるから自分の力で直す、
人の助力を得てなんとかするなんて方法論もあるのですよ、と。
実際に薬を出さないとパワハラの証明にならんので薬はでましたけどね?
でも、向精神薬は危険と隣り合わせ。

一時的な回復と引き換えに、恒久的な精神の安定を失う可能性が高いと言うのも
事実なようですし、特にジェネリックなどは……。


転じて、何年か前にめまい等からの流れでめまい関係のクリニックから
紹介されたメンタルクリニックに言った仕事の関係者。

現在、かなりヤバいのじゃ?と他の仕事関係仲間も気づくレベルで変。

言ったことを忘れる、都合よく記憶を改ざんする、必死の自己肯定などなどから
現在は一歩間違えば、若年性アルツハイマー類似の言動がでてる。
さらに、双極性障害の様な動きも。

もともと、鬱と判断されたものの、鬱と言うにはちょっと活動的というか
能動的じゃござんせんか?な状態だったんですけれどね。
それがそのクリニックに通い数年。
去年末から坂を転げ落ちる様に精神的な部分での劣化が激しいなと思う中、
コロナ騒動初期の1月だの2月で恐怖に怯えるポエムっぽいメールがきたり、
不自然な猜疑心から他の仕事仲間に攻撃的になったり。

そして今、私に対して攻撃的である。
いやむしろ排除しようとしてるような。
コロナ騒動で身動きが取りにくい頃から思うように行かないとかなり
お怒りモードにすぐなったんだけど。

どうも、思い起こすに12月、1月の頃にクリニックの精神科医が
「不安になったら呑みなさい」
とか言って新しい薬を処方したとか。
その薬を飲むと不安が晴れるので乱用してたそうですが。
そこから加速度的におかしな言動が増えているとなると……。


影響はその薬だろうなぁ。
不安だからって呑みまくるような真似しちゃだめです、と言ってたんだがな。
しかし残念な事に、不安に押しつぶされそうな人ってのはそういうに依存する。
結果、それがないとダメになるし脳の判断力も薬有りきでの動き。
本来あるべき判断が、薬で麻痺してる訳だから、そりゃね。

そして、さらに私が危機感を持つのは薬の乱用やタバコ等を含めて
若年性アルツハイマーになる要因の一つであるって事かなあ。


なまじっか、今福祉系で動いているから発達障害を持つ児童を相手にする時
予測しない動きや反応で切れたら、事故確定だよなぁ、と思うのですよね。


まあ、私や実家の峠工房が距離を取ってからなら、まいっか、なんだけど。

兎にも角にも、とりあえずは精神系の薬は気をつけろってのと…。

その手の薬のジェネリックはちゃんとした医者ならば否定する代物だそうな。
神経に作用するというか、ある意味向精神薬的な動きをする痛み止めや、
向精神薬でも発達障害の子に処方する薬と同様の物の場合、おとなになって
それをもらうとおかしな反応がでるとかなんとか。


やはり、薬より前にちゃんとした対面でのカウンセリングとかをしっかりやる
そんなメンタルクリニックを探す事を定石とせなあかんよな……。
3 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年10月>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031