mixiユーザー(id:51001)

2020年02月14日03:42

47 view

2/7 植物


 買い忘れたおれが悪いのだが欲しかったまんが雑誌が売り切れていたし一度売り切れたと噂が立っていた超巨大ジャンプは売っているのになあと思って手に取ってみたけど缶ビールのケースみたいにでかいし付録はさらにでかくて雑誌からはみ出しているという夢を見た。買い忘れということはほとんどないのだが、極稀にあったそれをものすごく恥じているため、このように夢にまで見てしまう。超巨大ジャンプの付録はエアコンの室外機みたいなサイズをしていた。あと、夜中の学校に全員居残りをしていたらその日を境に無能力になった生徒が複数いたので委員長の女がそいつらの机をバンと叩いて昨日の出来事を黒板に全部書き出しなさいと詰め寄る夢を見た。これはまんがっぽかったな。このふたつの夢、本当はもっとよく覚えているはずなんだけど、十一時四十分ぐらいに一度目が覚めて、なんだこの中途半端な目覚め派と思い意地を張って寝てしまったので結果として忘れてしまった、面白そうだったので残念。起き抜けには、丼恐怖症のひとに丼を見せる夢を見た。

 最近パソコンのファンの動きが重かったので、起きてすぐパソコンをつける前に一度掃除することにした。ところがホコリを取り払ってパソコンを起動してみると逆にギギギギと異音が。あのときよく聞いていた、精神に悪い意味で強い効果があるヤバい音だったのでビビりまくったが、取り外して裏側までしっかり掃除したら音は収まった。とりあえず、ということなのだろうか。まあ台湾から直輸入した安物のファンなので覚悟はしておこう、一応予備はあるのだからそこまで恐れることもなかろう。予備をわざわざ買ったというわけではなくて、二個セット以下の量で買う選択肢がなかった。インターネットは何やらマスコミ関係の人間の自己弁護で揺れていて、なんか取材受けリテラシーがどうたらとかよく分からない主張を繰り広げていた。何やら若干古い記事らしいが今さら燃えていた。こういう奴が雇用主になると、労働者に対して働けるありがたさを噛み締めろよとか言うんだよな。ともかくその記事はそのポイントだけでもムカついたが、提供した情報は素材として使ってオッケーとみなされるしクレジットも入れないとか書かれていてマジで意味不明だった。提供を受けたからといって無条件で提供元を省いていいみたいな鬼ルールは著作権法に存在しないはずだが……。普通に考えたらみなすもクソもないだろ。おれは好き勝手やってるマスコミが嫌いなので、こういう奴らには全員痛い目にあってほしい。

 あと、なんかAI手塚治虫ができるという話が出ていた。前AI美空ひばりが出たときにこれが文豪だったらみたいな話をしてて、別物だなあと結論づけた覚えがあるし、まあAI美空ひばりとはちょっと格が違いそうではあるんだが、しかしそうやって無限に作品を作らせ続けることに意味があるのかな? おそらくはないでしょ。作家の魂がとか言うつもりはないが作家の意思が存在しないんだから。つまり作家は死んでるから、今作品を作りたいかどうかなんて分からんでしょ。なのに周りが強制的に作品を作ることに何の意味があるのだろう。そもそもAI手塚治虫の作品の著作権が手塚治虫のものじゃないなら、それは手塚治虫じゃないのでは? という気もする。この場合って誰が著作権を持つんだろ? 映画みたいな感じになるのかな。死者の意思を無視しといてしかも権利が公共のものにならないならマジで冒涜じゃん。例えばさあ、おれが適当なプログラムを書いて一万分の一ぐらいしか手塚治虫のニュアンスが入っていないものを完成させ、それに手を加えて百パーセントにして、「これはAI手塚治虫の作品だ」って言ったら認められるのかな? 今回やってることはこれに似てることでしょ、手を入れるって宣言してるんだし。こういうルートからもやっぱAI手塚治虫もAI美空ひばりと毛色が違うけど冒涜的と結論付けられるはずだなあ、何割までAIがやったらAI手塚治虫なのかも分からないわけだし。手塚治虫の作品ほとんど読んだことないけど、手塚治虫は「AI手塚治虫」ていう作品書いてそうだなという偏見を持っている。

 今日は新竪とガレージに行ったけど何も収穫がなかった、むしろ手がカチカチに凍ったのでマイナスだ。帰ってくるときには小学生のガキが同級生に「食らえ新型コロコロウイルス!」とか言ってるのを目にした。正直、インターネットの温度もあれぐらいでいいのにな。今じゃ雑にふざけたらポリコレが云々とか言われちゃうし困るんだよな。おれは緩やかな差別を許すべきという立場だが、差別してやろうという気持ちすらないものに対しても警笛を鳴らしてくる奴らがいてマジで怖い。正しいことが至上命題になってしまうといずれじぶんが身動き取れなくなるよ。帰宅後は凍った手を回復させるため、お湯でよく洗うことにした。それからその手でコーヒーを作ってストリートビューなどを執り行う。ストリートビューのファビコン変化してたのでちょっとびっくりした、今さらなんだ。特に不満はないが、今変えますか〜という気持ちになった。深夜には、リクエストがあったわけではないが部屋着の帽子という単語が見えたので、SUZURIで作った、最悪なので買わなくてもいいというものをめちゃくちゃ集中して作るというのはどうなんだ。
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する