mixiユーザー(id:51001)

2020年01月30日02:04

49 view

1/20 投稿


 なんか寒いなと思って寝転がったら天井がなくて黒いゴミ袋に覆われている夢を見た。天井があるべき場所に黒いゴミ袋があったという意味だが、そんなショッキングな内容だったのにそれ以外のことは何も覚えてないな。あと、キリンの首は長くて便利だしなんで人間はキリンじゃないんだろうと話し合う夢を見た。最近キリンは見ていないんだけど、キリンみたいに塗装されたショベルカーは見たから、それが影響しているのかな。あとあと、不良のおばさんがレジをしていて実際に買ったものをペラペラのロール型の袋に入れられたので確かに不良だなあと思っていたらおれが忘れた商品をもって追いかけてきてくれる夢を見た。最近スーパーを利用したのでこれも見る理由がある夢だな。あとは横並びでメシを食う夢を見たはずだが思い出せない。

 布団を片付けて夢をメモしている間に雨が降って太陽が出てまた雨が降ってきた、地獄のような天気の中、一日がスタートしようとしている。つーか、起きたとき道路が結構乾いていたので、午前中にかなり大きめのノーレインタイムがあったはずなんだよな、なんで午前中なんだよ。おれが出かける時間を晴れにしてくれよ。とりあえず天気予報をチラッと確認して絶望みたいな雨雲の配置を見てから、インターネットニュースへ。山下達郎がAI美空ひばりを非難したからトレンドになってるらしい、あんまり固有名詞出したくないけどAI美空ひばりはそうとしか表現できないものだからなあ。おれは紅白どころかその前のスペシャル番組で出てたときからキモがっていたが、と古参アピールをキメてみたくもなる。確認したらちゃんと山下達郎より先にAI美空ひばりは冒涜って言ってたのでおれは偉い。こんなに偉いのにどうしてベーシックインカムをもらうことができないんだ!? ここで話を戻す。AI美空ひばりに「まんこ」って言わせたらみんなが問題だと思うだろうけど、じゃあ天国からの声として「皆さん、お元気ですか?」と言わせるのはなぜ問題がないんだよという疑問が当然ながらあるよな、そんなことも百パー言わないじゃん? だって天国なんか存在しないんだから。いや、よしんばあるとしても、こんな公共の電波で再生可能な形で呼びかけることはできないだろう。だから存在の真偽にかかわらずありえない。だいたいNHK、去年九月のAI美空ひばり特集でも倫理のことはちょっと言ってたのに、それを「成果物」として紅白に出してるのがキモいな。ナメてんのか。

 それ以外はなんだろうか。同じテレビ繋がりで言うと、昨日の番組で中国人のおじさんが言っていた「プライバシーなんてなくても大丈夫です」という言葉でみんなが盛り上がっていたので安心した。おれもそれ大好きだよ。優しい目で「プライバシーなんてなくても大丈夫です」と語るおじさんがいるような国に日本が勝てるかと言われると厳しいもんね。分かる分かる。しかし天気だがここまでニュースを読み進めても晴れそうな気配がない。あと二十分で引くほど晴れろと願いながらアメダスの降水量で確認してみると、石川県だけ全域で雨が降っていることになっている。なんで福井と富山は助かってるんだ? あっていいのかよ、こんなことが……。とにかくグズっててもしょうがないので先に出かける準備をする。その準備中に一度雨が止んだから、その隙に出かけようとしたけど失敗して、打ちひしがれながら豪雨レーダーを見るともう一個雨雲が来ている。難しいな〜と悩んでいたら間髪をいれずに雨が降ってきた。三十キロ先の海上にあった雨雲が三十分ぐらいで金沢に到達するのマジでウザいんだがどうしたらいいのだろうか。とにかく万全を期すためには三時ちょっと過ぎに出かけるしかないらしいが、その間にもビビるほど降ってるわけで、これが三十分前まで遠くの海上にあった雨雲の力かよとうんざりしてくる。そしてやっと晴れ間が出てきたので急いで出かけてすぐ帰ってきた。無事雑誌の受け取りには成功したが当然それ以外の場所には出かけられなかった。まあその代わり一番好きな鳥ことセグロセキレイを見ることが出来たしいいかな。頬が見れたわけじゃないのでハクセキレイかもしれないのだが。

 それではまんがタイムきららMAXの感想を書きます。『きんいろモザイク』、最終回カウントダウンが入っている。イギリス旅行中なのでとにかく主人公が帰りたくないって言うかもしれないという不安感にさいなまれる友達。バカーっていうのが同じ反応ってのが友情っぽくて笑った。石! おれも好きです、石!!『ぼっち・ざ・ろっく!』、対バンの日だがテンションが上がらないし、クリスマスにバンドなんか見に来るやつなんかアホという偏見で乗り越えようとしてて笑った。フォロワー数でマウント取ってきたのにドーム二個分という謎の表現による逆マウントでおとなしくなるの確かにかわいいな。『こみっくがーるず』、勇者キャラの子がかまってモードを発動している、母性が発動しててヤバい。にもかかわらず主人公の誕生日イベントも進行中、修羅場だ。実際修羅場っぽいシーンを目撃してるのがウkえる。実際はアニメ化決定というものだが、今日だけはお前を浮かれさせて見せようという強い意気込みもゲラゲラ笑った。『ななどなどなど』、主人公の打ち上げイメージが焼き肉なので、ネットの世界しか知らないかわいそうとか勝手放題言われてて面白い。今月もギャグ、テンポ、人物描写てんこ盛りで、マイナスに振り切れた先入観とか内なる声よりやかましい現実世界、リズムが完全に取れないなどめちゃくちゃ笑ってしまった。嫉妬とかこちょこちょシーンはキャラをよく表しているし、最後の可愛い笑顔はいい意味での裏切りという意味合いでも最高だった。『旅する海とアトリエ』、オーケストラを見てきて感動しているシーンなのに主人公がウィーンと鳴るロボットが描かれたシャツを着ていて集中できない、ウケる。あまりに感動してザルツブルクへ行く流れ。愛人のための建物がでかすぎるのも良かった。『私を球場に連れてって!』、スネた大人をなだめて野球観戦に行く話。いわゆる負けジンクスの話だが、その割に行く気は満々な大人かわいいじゃん。でも酒で釣られるところはマジでダメな大人って感じで良かった。ジンクスはなかったが勝つと泥酔して買った記憶を忘れてるらしい。すごい脳だ。『みわくの魔かぞく』、赤点を取ったりテストを実質受けなかったという理由でみんなで追試というわけだが、いつものカップルがバカと天才で組を作っているのでそれがバカ同士天才同士になり異端カップルとなるという流れ。勇者の力がすごいのはともかく持ち上げ方が子供に対するそれなのがウケる。あと嫉妬するシーンも人間っぽくて良かったね。『いのち短し善せよ乙女』、途中参加のサブキャラは根っからの善人なのでみんなが魅了されている。今回の善行グッズは御札なのだが、どうもその善人に悪霊が取り付いたみたいという話、途中で手のひら返す悪ガキに笑った。最初の展開が最後に関わってるのも巧みだった。『ご注文はうさぎですか?』、まさかこの作品でパンツ大騒ぎみたいな話を目にするとは。ともかく最終日までこんなことで騒いでいる、おかしいねというのが眼目。ホテルも存続するなどいい方向に進む中帰宅すると、旅行中に作ったコップが届いてるというハートフルな展開。『六条さんのアトリビュート』、幽霊は典型的な捨てられない性格なので本棚も変な人形置きになっている。本を適当に突っ込んでいることを「打ち込み接ぎの石垣」と表現しているのがうまかった。大掃除をすると大量にルノワール。まあ腐った食べ物が出てくるのはお決まりですね。『ぬるめた』、前回レビューしてないけどプラグめった刺しの作品か、そのゲストの続編。常識を外れた過剰描写が冴えていて、今回は過剰に分裂する。ツイッターに投稿して倫理はお持ちでないかとかツッコミ入れてたのも笑った。一瞬ワイド四コマになったけど表現のためなら良し。ソシャゲみたいな消え方とかワンチャン死ぬとか、現代的な表現が多かったのも小気味良かった。『しょうこセンセイ!』、クラス一番の天才と同じ天才の主人公が戦う、最初こそ相手が勘違いしているものの、実際やってみるとテスト以外は全部負ける先生、まあ体力勝負とかは子供だから無理そう。最終的に表情が分かるようになってたところがかわいいですね、根に持ってなさそうだし。『エンとゆかり』、今回は主人公グループが危ないという展開なのでかなりシリアス。でも敵も一応クッキー食うとかファニーな部分あるんだよな。あと最後の剣投げちゃうところもいい。『ステラのまほう』、やる気だけある顔ってかなり失礼な言い草でウケる。ここ最近のやる気に関しての話だったが途中からHNの話になる、学校でHNで呼ぶな!!! その結果直球でお褒めの言葉が来るっていう展開はとっても良い。『月が綺麗だから盗んで』、お嬢様? の妹が警察を連れて探しに来る、かなり大所帯なので撒くの楽そうだけど直線的に逃げる主人公たち。結局妹もプラスで妙な三角関係が出来たし、冒頭で間違えて着た主人公の制服でお嬢様は興奮している。ところでゲスト期間は今月で終わりのはずだが来月に続くみたいなことが新連載告知なしに言われてて謎だった。『のむラリアット!』、入部したプロレス部に先輩到着、巨乳と貧乳。威張ってた貧乳だけが残ってオロオロするという見掛け倒しな性格が楽しいが、ボディプレス出来ない奴を今日イチの笑顔でバカにするのすごく良かった。あとで制裁もされたし。『ハルメタルドールズ!』、ドラム叩くとき大股開きって常識なのかな、それでパンツが見えたりするが、カラーでは活かされていない。今回はSunn O)))とかユーサファーネタが出てきたので、メタル知ってるひとは随分と楽しいでしょう、おれもまさか萌え四コマでラジコンではない本物のドローンを目にするとは思わなかったよ。主題は曲をどうするって話だったんだが、これは主人公のもともとの持ちネタをアレンジするという形になる。『初恋*れ〜るとりっぷ』、先生への誕プレで悩む面々。鉄道から離れて服をプレゼントだと言って街に繰り出したのに結局路面電車の話をしているのでかわいい。芭蕉が松尾と関係ないとか興味深い話もしていたな。予算を無理やり出させる勢いもすごい! 最後、結果を言わずに表情で語るしーんが巧みだった。『委員長のノゾミ』、前回の流れを引き継いて筆談しているのだが、別の生徒がなくしたマスコットを探しに言った委員長が崖から転落、主人公が助けに行く流れ。コンタクト落としただけだが短めの海藻が入り、それが現実と重なるという良い展開で、筆談もところどころ笑いに絡んできてるのが良かった。ところで背中撫でる方が難易度高くない? 『すたーとあっぷ!アイアンメイド』、硬直した機械のメイドを育てていこうという話何だが、言葉を覚えさせるのもプログラミングとかではなくて褒めて伸ばすスタイルなので捨て犬みたいだなと思った。偉そうな態度で硬直しているので生徒指導の代わりになるという主張で笑った。『社畜さんと家出少女』、湯船でストロングゼロ飲むの相当にヤバそうなんだが……。後半で出てきた歩き酒よりヤバそう。労働つらい世界が暗いというシーン若干怖かったな。それが後半の逃げ出したいという暗さにつながるのか。無人販売所見つけたテンションが高過ぎるのが面白かった。『タベモノガタリ』、フランス人の態度がなんか変だぞという話。生理の話をするのゲスいが高校生だったらやってそうでもあるがきらら的ではないのかもしれない。ここで誕生日を祝われない灰色の過去がブワーと流れて、布団でちょっと悲しくなる展開、で次号最終回、なので若干落としてから上げる感じなのかな? 『ひふみよワーキング』、ガキが取り仕切る通販会社にバイトで入る主人公、抱きつきが常識なのでとにかく密着度が高い。高校を首席で卒業、なるほど……。主人公の劣等感がやや暴走気味になってるのが良かった。家事が出来ないので家政婦をやることになる、と決まった瞬間に既に親御さんの許可を取るガキ、気が利くやんけ。以上です。
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する