ホーム > mixiユーザー(id:51001) > mixiユーザーの日記一覧 > 7/18 スケーリング

mixiユーザー(id:51001)

2016年07月30日00:38

123 view

7/18 スケーリング


 車の後部座席に乗せてもらって帰るときに久しぶりに車中で寝ていなかったので普段は撮影しない鉄橋やそこから見える海などを撮影しているうちに次は昼間の閑散とした歓楽街に来たが久しぶりに来たとされるその歓楽街には新しいお店が続々登場してるしピラミッド状の建物の道路側の面に古臭い店が所狭しと並んでいる夢を見た。このピラミッド状云々の風景って今でも覚えているんだけど、いずれ忘れちゃうんだろうな。緑が整然とというよりは乱雑に生い茂るピラミッド型の山の側面を店の前面と通路だけ切り開いたという形の風景で、それを少し離れた位置から全体を見渡すように見ているという状態だった。空は明るく曇っていた。あと、古書店で服飾の本に吸い込まれてその本の発行年である昭和五十年代にタイムスリップしてその時は最新だった店が今まさにオープンしたところに到着したけどやはり近代を感じさせないほどダサいしもうそろそろ平成のはずだからどこにデザインの転換点があるんだろうと考える夢を見た。この古臭さというのもなんだろう、蛍光灯のパワーがすごいみたいなのを全面に押し出した真っ白なデザインで、それが明確に変わったポイントというのを知りたがっていた。あとはなんか崖の下の土が多いところにいたはずなんだけど思い出せない。

 雑誌発売日に丸をつけてカレンダーを七月にした。日記に書くべき今日は何日だよって話だし、日記を書いている今現在で既に七月が終わろうとしているんだ、最悪な度数がここに極まっている。七月といえば六月二十六日からセミが鳴き始めたことは覚えてるんだが(下から読んでも六二六だったので)、いよいよ家の真横でも無神経にセミが鳴き始めるようになったし、本格的夏到来だなという実感を得ることができたがうるさい。インターネットニュースになっていたわけではないんだが、どこかのまんが家が宣伝をしていて、それでコミックバベルが未だに存在することを知った。掲載誌変更のイザコザがあったけどまだ普通に雑誌として続いてるんだな、エロの力は強いと言わざるを得ない。でも、なんだっけ、バベルが紙媒体なんだっけ? その辺はよく覚えてないな。ウェブ媒体は潰れたのかもしれないしな。一切調べる気がないけど。もうひとつ雑誌の話をするが、ヤングガンガンは昨日届いたのに次なる雑誌は今日届かないということがメールの不着により判明した。今日雑誌が来るもんだと思っていたから予定が完全に崩れてしまったし、面倒だなあHMVはと思った。

 まあそれでも今から予定を変えてもいいことはなさそうなのでもともと行くべきだった方向、つまり、近所のブックオフへ足を運ぶことにする。ブックオフでは買いたいものが何もなかった。リサイクルショップではちょっと良さ気なコーヒーカップを見つけたんだけど、使うコーヒーカップはもうルーティンが固定しているのでよほどいいものじゃないと買わないしこれもパスした。結局、帰り道で最安粉コーヒーと五十円の菓子をふたつ買って、帰宅。今日はタイのクラッカーじゃなかったんだよね。なんか値段も安かったし、買いたくもなってしまったので。お菓子見てたらお菓子欲しくなるよね。お金見てたらお金欲しくなるし。でもまあお金はないことだし、フリーソフトしか使う道がない。てことでフリーソフトをインストールして、すぐそのソフトを起動させますかというボタンを押したらパソコンが終了の挙動になって焦った。どうやら再起動ボタンだったらしい、作業内容は保存されていたが、再起動してすべてのアプリケーションを起動させるまでの時間は完全に無駄だし、困ったボタンだねこいつはと叱ってやった。その話とは別なんだけど、Twitterの設定をアプリから変更したら、パソコン用のインターフェースが強制的に日本語化されててビビった。今日は焦ったりビビったりすることばっかりだな。

 夜はジャニーズのどんなメンバーよりも鮮やかなサボテンを見ながらご飯を食べた。個人的にはそのあとに出てきたベトナムのエビが茹でられる様子の方が、じぶんの今食ってるものとの対比がキツいという理由から、耐えられなかった。サボテンは普通にサボテンだし。で、夜中じゃん。さっきの予期せぬ再起動が原因かもしれないけど、突然タスクバーから音量の表示がなくなってしまった。音量自体は変えられるけど表示は一切されず、設定画面から音量のボタンを探しても、そもそも灰色になっていて操作できない状態。なんじゃこりゃとしばらく検索してみたらレジストリをいじれと書いてあったし、その通りのバッチファイルを作って起動させたらあっさり直ったけど、嫌なエラーではあるよな。ところで、おれもイラストレーターみたいに落書き〜みたいなニュアンスで適当に切り出したホワイトノイズをどんどん放流していきたいなと考えて、実際にデータを作ってアップロードをしていたら、それまで作っていた音楽のデータが消えてしまった。アホだ。
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

忍者モード登場!