ホーム > mixiユーザー(id:51001) > mixiユーザーの日記一覧 > 7/1 amoearnr

mixiユーザー(id:51001)

2016年07月12日02:25

157 view

7/1 amoearnr


 欲しいものの目星を付けていたけど古書店の店主が別の客と親しげに喋っているというおれの嫌いなシチュエーションだったため一旦店を離れて再度戻りそれからさっきの本を買おうとしたら手に取っているうち物欲が減少して結局棚に戻しちゃう夢を見た。これよくあるパターンがふたつ合成されたような夢だな、商品は棚の裏の方から戻していたこともよく覚えている。あとどこかで、少し狭くてほんの少しだけ蛇行しているほぼ直線の裏道をスピード出して駆け抜ける夢を見たけどくわしく覚えてない。なんだろう。ゲームの画面みたいに正確にほんの少しだけ蛇行してて、今思うと違和感があるんだよね。誰かに陥れられる夢も見たけどこっちはもっと覚えてない。そんな夢は覚えていなくていいんだ! 起き抜けの夢は、残酷な事件があった現場に教育目的と称して教師が許可なく立ち入る内容だった。正義の教師じゃん。

 冷やしラーメンという夏の救済を胃に突っ込んでから、自室へ。カーテンを開け窓を開けベッドをきれいにしてモニターとパソコンの電源を入れて着席してすぐさまインターネット。雑誌がローソンに届いたというメールが来ていた。その受取番号をもう電話としては使えない携帯電話にメモしていたら、白くてでかい鳥が南から北へ飛び去っていった。なんて風情のある日なんだ。シベリアに北海道が売ってたという話も聞いたし、きっと北には何かがあるんだろうな。石川県の北というと北朝鮮に当たるんですが、南朝鮮は諸般の都合によりすっ飛ばします。まさかシベリアに売ってるからシベリアってわけでもないだろうが、おれがいつも食ってるタイのクラッカーはめんどくさいからタイランドって名前にしてほしいな。その方が強そうでいいでしょ。そういやニュースで目にしてふと思ったんだけど、運動音痴って表現、言いたいことは分かるんだけどなんか嫌な言い回しなんだよな、音痴じゃねえじゃん、音じゃねえじゃんとなる。しかもそれを縮めて二文字で言う下品な輩がいるでしょう。汚いじゃん。十万個の万個だけ強調して言うようなもんじゃん。しかし運動音痴っていうのもいつから言うようになったんだろうね、音痴関係ないのに、勉強音痴とは言わないでしょう、なんで運動にだけくっついちゃったんだろう。そういうことを考えているうちにも外はあまりにも晴れ過ぎている状態だったし、出かける準備をした。

 今日は特殊なルートででかけた。まんが雑誌の受け取りがあったからだ。まず街の方のブックオフにビームせどりがいたので一気に買う気が失せた。実際にはちょっと店の中を見て回ったんだが、ムカついたのでちょっとカネになりそうな安い商品を高い商品の店に移動して帰ってやった。次にガレージの方の古書店に行って江戸風俗と東南アジアの本を買った。これは先日までなかったもので、状態が極めて良い、中のラベルにも新古本的なことが書いてあったものだったので非常に良かった。江戸風俗の方な。次に自宅の近所のローソンに行って、雑誌を受け取り、神社で一息つく。ここで踵を返して、馴染みの酒屋でタイのクラッカーを買い、スーパーで雁が音(白折)を買って、帰宅した。要するにやりたいことを全部やった。明日からの天気も不安定だったからだ。も、というのは、今日も本当は不安定な予報だったからだ。雁が音は一個レベルの高い商品を買ったので商品名も別名の白折になったんだよね。スーパーの雁が音は下から順番に、茎+深蒸し茶葉、茎+宇治抹茶(これを買った)、茎自体が玉露、の三種類あって、玉露は行き過ぎかな〜と思ってるが別にそこまで高くもないし、今のが終わったら飲んでみてもいいな。どうせ玉露のカスだし。高い茶といえば我が県の加賀棒茶だけど、Amazonのレビュー見たら加賀棒茶の値段の文句を書いてる奴がいて引いた、そんなものは仲介業者に言え、茶自体のレビューに書くな。ちなみに加賀棒茶の最安モデル、金沢では当然スーパーなんかでも普通の値段で売ってるけど、強気なので値引きとかは一切なしです。

 夕方はパソコンのサウンドドライバーが急に壊れたし、夜中には急にパソコンが完全停止した、怖い。非常に怖いが再起動後の振る舞いは普通だったので何が原因なのかそれともただの気まぐれなのか、まったくわからない。そんな中、NHKのニュースで「ご覧ください、大阪の梅田です……この街は、眠りません」って言ってるのに対して、家族が「午後九時から眠らんやろ」ってツッコんでたのは良かった。個人的にはコナ・オマラさんとか、ポール・バコビッチさんって名前が相当、NHK的にやばそうな名前で良かったと思うけど。ひとの名前を笑うなってひとがいるんだよね、こういうこと言うと。でも日本人が外国でインタビュー受けたときに「あの〜」連呼したら、あの〜は肛門っていう意味だぜって笑ってた外人とかいたじゃん。全世界的に笑うべきものは笑うことになっとるんや。

 それではまんがタイムきららキャラットの感想を書きます。『キルミーベイベー』、川口浩探検隊みたいなことになってる。明らかに怪しい工場と明らかに手に負えないトカゲ笑った、お手の時点で手を奪われてる気がするんだが。それにしてもなんで竹刀が緑色だったんだろう。『NEW GAME!』、まあこれまでの感動路線の集大成なのでほぼシリアス。ブラックコーヒーでちょっかい書けるところぐらいかな、ユルいのは。レポまんがも良かった。『まちカドまぞく』、こっちも回想的で若干感動寄りではあるんだが、雑な天秤とか言葉のオブラートを諦めるところでゲラゲラ笑った、うまいな。漢字を間違える芸の細かさもいい。汚れても綺麗になるお父さんが封印された箱、めちゃくちゃ汚してみたい。『はやしたてまつり♪』、じぶんたちの仕事に誇りを持ってないから演出を捏造と言ってしまうのでは!? ウケる。あぐらを恥ずかしがるシーン結構かわいいと思う。もう一人のキャラは数巡年前の笛いきなり吹いてブーとかやってるし差で笑った。『ブレンド・S』、カップルフラグ回って感じですかね。オタクと女装の買い物。しゃべってる途中でひきずっていく描写イカす。ソフトな腹パンもイチャつきに見えますね〜。トイレとか漬け物石のくだりは女装で農家出身という設定を思い出させてくれる。『おちこぼれフルーツタルト』、大人同士の絡みからスタート。これさあ、前回の扉絵が謎だったんだけど、今回のと逆ってことはないよね? 前回の扉絵が大人の絡みなので逆だとちょうどしっくり来るんだけど。内容はそれからおっぱいやふとももが好きというレズっぽい友情の話に。タイツ脱がしたいですか!? 玉砕覚悟なのは微笑ましいよね。『Aチャンネル』、七夕の雨を気にしているかとおもいきや洗濯物の心配でロマンチック返しみたいな展開うまいし面白い。笹をパンダに食わせたいって近所にパンダいたらちょっとこわい、市民が全滅しそう。みんなの笑顔を望むことが無欲でなく欲張りとかいう視点も巧みだなー。『すわっぷ⇔すわっぷ』、怖い映画見る欲求ってどこからくるんだろうか。それを見るため主人公の家に行く話。確かに家の匂いというのはあるが、それを人格交換でじぶんでじぶんの匂いを体験できるって確かに複雑な話だな。帰り際のキスの意味ウケる、そうなっちゃうよね。『ねこのペンも借りたい』、この位置はおそらく休載のひだまりスケッチの補填。見所を血みどろと言い換えるの良かったけど、これを伏線として後で回収するのすごくうまかったし面白かった。ノリのまま罪人呼ばわりも良かったし。時代を感じる謎の大物感も笑ったし、内容的にめちゃくちゃ良かった。『異なる次元の管理人さん』、女児アニメ視聴を堂々と告白できるいい世の中になりましたね。ともあれそれをファンタジー世界の住人は理解せず、やれ性欲だホームシックだと推理し、最終的にメイド化する素敵な話。女児アニメ、アーカイヴされて無料で見られるようになってるのか……。あとドラゴン清掃してるの意外と農業っぽくて良い。『黒髪巫女とマリアウィッチ』、梅雨だから蒸し暑いしクーラー魔法を使うのはズルいという話。なぜ想像上の妹だけビキニなのか、やはりツンはビキニを着るべきなのだろうか。そんなツンでもスク水からは邪悪なオーラを感じ取っていて笑った。『ごきチャ』、友達ゴキ、死んでなかった。基本的には友達が犠牲になってまで人間と仲良くなっても意味ないという友情話。ゴキブリがもつれてるだけっていう表現笑った。最後はメタ的な終わり方で最終回、徹していていいね。『アニマエール!』、リボン巻く、で身体に巻くことを想像しちゃうの、そもそもがエロい脳だからでは……。実際はポンポンづくりで、その間にもトレーニング挟んでくるのウケる。作ったポンポン欲しい描写はレズっぽい。おもりとかすごいな、だからあんなに交換したがっていたのか。『はるみねーしょん』、せっかくだから引っ越しという気軽さ! 断捨離の断がダンボールなら寿司っぽいな。壁が布とか平安時代みたいでウケる。あながち間違いじゃないっていう返しも良かった。ところで、このタイミングではるみの妹が入学しそう。『むいかのあやめ』、作者の名前を改めるってめったにない、bbが黒田bbになって、あとなんだっけ。舞台は大正時代、お姉さまと呼ばれたい欲求からほのかなレズ描写あり、からの現代へのタイムスリップという豪快な設定。私設図書館羨ましいですね。ラノベレズにはまろうとする主人公、大正時代から来たのに現代仮名遣い大丈夫なのかな。『平成生まれ3』、内面に自信あるんかワレ! 最終回なので卒業式から帰宅までの描写で、割といい話が多め。ちょうどいい〜って返しは良かったな。十年代の年齢大丈夫か、今年仕様っぽいんだけど。言葉の謎さのチョイスは本当に良い。『疾風ういんどみる!』、新キャラのお嬢様が割とゆるいストーキングを仕掛けている。馴れ初め? の回想が始まるんだけど過去への応援が飛んでて笑った。結局競争になるんだけど、私闘っぽいのに学校対抗風味が出てるのはやはり財力の関係か。『トモダチヅクリ』、恋愛小説二百ページを学園祭で書いちゃう先輩頼もしいけどちょっと引くな……。喜びに一定のラインを引かれる主人公の雑な感情で爆笑した。机に上がる描写細かくて結構いいよね。あと最後のネタでズドーンと落としてくる友達実質ゼロ談もスパイスが利いている。『ジューンフレンド』、何か大事なものをゴミに出したかもしれない、明日は我が身だと心配する内容、人体は捨てられないだろ。機嫌取りのため財力で本は買えるが、気持ちは料理を、という流れで、でも料理はできないから半分を慰める相手に作ってもらうというメチャクチャな流れ、それに対して「共同作業いいと思う」って反応があって爆笑した。結局それらすべては勘違いだったし、じぶんの捨てていたのがゴミで良かったみたいな結末になったのもメチャクチャ笑った、今月一番ネタが面白かった。『ぱわーおぶすまいる。』、ラブコメど真ん中みたいな展開でなかなか笑えるポイントはない。終わりが近いな〜。おばあちゃんになるのかとツッコむ母、気付いてないサブヒロイン、一番最後のポツーン感に若干のコミカルさがある。『リトル・リトル・アリス』、女王のもとへ連行され、やばそうなので子供のフリするの笑える、ズルすぎるだろ。痴女ってもうすっかりキャラになっちゃってるな。女王は元魔族の人間ということで、主人公の望みに近付くかという展開。『急須の暇神様』、願いを聞いてやるとは言ったけど叶えてやるとは言ってない、詭弁だ!! でも神様だから聞いてやるという尊大な態度は正しいのかも。面倒とか素直に言っちゃうところがかわいかった。ペット扱いなんだ、床にご飯とか置かれそう。『カスタムメイド!』、写真を写真撮影!? 強すぎる愛は妙な行動を生むな。胸のサイズ下がったみたいなどうでもいい情報出てきてすごく良かった。傘の思い出から回想に流れて姉がその事実に気付くパターンだけど、じぶんも同じ傘を持っていたという美しい話。『NEW GAME!』、知り合いしかいないのにちゃんとしなきゃいけない地獄の面接だ。志望動機とかも言わされてるし、罰ゲームっぽくて笑った。話の合流点なのでデザインを軽く褒める新入社員のダチ、その言葉で救われる主人公というのはいい構図ですね。涙で連結作ってるのも巧みだった。以上です。
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

忍者モード登場!