ホーム > mixiユーザー(id:5089039) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:5089039)

日記一覧

魂との対話 9
2017年09月29日11:48

9. 私たちは生命を軽視している 私たちの進化を可能にしているカルマと生まれ変わりのシステムは、中立である。物理的世界内の作用と反作用の数々が、エネルギーを活性化し、それによって私たちの体験がつくり出され、その過程で、魂がまだ学んでいないこと

続きを読む

ラルフ・ウォルドー・トライン「人生の扉を開く万能の鍵」(吉田利子訳)は私の座右の書で、現在、7回目を読んでいます。できれば100回以上読みたいと思っています。 ラルフ・ウォルドー・トライン(1866年10月26日-1958年11月8日/)は、アメリカの哲学者、著述家

続きを読む

白澤卓二「100歳でも元気な人の習慣」より。元気な百寿者1907人の調査では、男女とも「3食きちんと食べる」人が9割を占め、「1日2食」という人は、5〜7%しかいませんでした。そして同じく9割の人が、ごはん、パン、麺などの主食と野菜も「毎食」食べていまし

続きを読む

魂との対話8
2017年09月28日10:51

8.裁くことのない正義とは何か?魂の観点を知りたいならば、たとえどんなに理解しがたい状況や出来事に直面しても絶対に裁いたりしないよう、肝に銘じておく必要がある。宗教裁判やホロコーストなどの残虐行為、乳児の死亡、癌による長い死の苦しみ、寝たきり

続きを読む

魂との対話7
2017年09月27日17:27

7. 他人を裁くことは誰にもできない 完全に調和のとれた存在になるために、魂はそれ自身のエネルギー・バランスを整えなくてはならない。魂は、それ自身がつくった原因の結果を体験しなくてはならない。交流中のパーソナリティー同士は、共に癒しを求めてい

続きを読む

貞明皇后語録 4
2017年09月27日10:27

昭和天皇の母、貞明皇后(ていめいこうごう)のお言葉を産経新聞朝刊(2017年9月29日)より転載します。「こんな境遇にならなかったら、耶蘇(やそ)になったかもしれぬ」東京大学名誉教授・筧克彦談話。大正天皇の発病などで苦悩を重ねたため宗教への関心は強

続きを読む

貞明皇后語録 3
2017年09月26日10:14

昭和天皇の母、貞明皇后(ていめいこうごう)のお言葉を産経新聞朝刊(2017年9月29日)より転載します。自分は早朝の気分が好きなので、六時頃にでも起きたいのだが、そうすると皆の者に迷惑をかけるから、強いて床の中で目を覚まして定めの時間まで待つことも

続きを読む

魂との対話6
2017年09月26日09:55

6. あなたは永遠に責任から逃れられない 私たちのあらゆる行動、思考、フィーリングが、意図によって動機づけられている。意図は、何らかの結果と一体となって存在する原因である。もし私たちが何らかの原因にかかわったとしたら、私たちがその結果とかかわ

続きを読む

貞明皇后語録 2
2017年09月25日18:12

昭和天皇の母、貞明皇后(ていめいこうごう)のお言葉を産経新聞朝刊(2017年9月29日)より転載します。「人に迷惑をかけぬほどの洒脱(しゃだつ)や、少しくらいの脱線は却って純粋な人間性の現れである」。元侍医・西川義方談話。気丈で厳格なイメージがある

続きを読む

私が終生の書として読みたい本は、 ゲーリー・ズーカフ「魂との対話」 トライン「人生を拓く万能の鍵」 ジェームス・アレン「原因と結果の法則」です。9.3歳の小生、ゲーリー・ズーカフ「魂との対話」、トライン「人生を拓く万能の鍵」に要約プリント小

続きを読む

魂との対話5
2017年09月24日10:04

5. 魂には始まりもなければ終わりもない 私たちのほとんどは、「私たちが進化のプロセスに参加できるのは、ひとつの生涯の存続期間のみである」という信念になじんでいる。それは五感型パーソナリティーの観点を如実に投影した信念である。   多感覚型人間も

続きを読む

醒めたる人を神という
2017年09月24日10:04

以下、伊与田覚『「大学」を味読する―己を修め人を治める』(致知出版)を抜粋要約しました。戦後間もなく文化勲章を貰った方で、数学の大家で岡潔という人がおりました。その岡さんが書き残した色紙の中の一枚にこう言うのがあります。「覚めたる人を神とい

続きを読む

眠れる神を人という
2017年09月24日09:59

以下、伊与田覚『「大学」を味読する―己を修め人を治める』(致知出版)を抜粋要約しました。戦後間もなく文化勲章を貰った方で、数学の大家で岡潔という人がおりました。その岡さんが書き残した色紙の中の一枚にこう言うのがあります。「覚めたる人を神とい

続きを読む

貞明皇后語録 1
2017年09月23日11:05

昭和天皇の母、貞明皇后(ていめいこうごう)のお言葉を産経新聞朝刊(2017年9月29日)より転載します。「恩は着るべきもので、人に着せるものではない」元侍医・新井恵談話。「人のために何かをしてやるのが好きで、拝謁者への贈り物なども前日に夜更かしして

続きを読む

つもり違い10ヵ条
2017年09月23日10:40

  高いつもりで 低いのが  教養  低いつもりで 高いのが  気位  深いつもりで 浅いのが  知識  浅いつもりで 深いのが  欲望  厚いつもりで 薄いのが  人情  薄いつもりで 厚いのが  面皮  強いつもりで 弱いのが  根性  弱いつもりで 強いの

続きを読む

魂との対話4
2017年09月23日10:29

4. 無意識の進化から意識的な進化へ多感覚型人間は「パーソナリティー」と「魂」の違いを明確な理解をもっている。この地球上であなたが下す決断や、あなたがとる行動が、あなたが進化を果たすために利用する手段である。あなたはことあるごとに、自分の体験

続きを読む

魂との対話3
2017年09月22日09:27

3. 宇宙は知的で思いやりに満ちている私たちのより深い理解、内なる理解は、別の種類のパワー、すなわち、この世に存在するいかなる形の生命をも愛するパワー、自分が出会ういかなる人間をも裁かないパワー、そして、どんなに小さな生命あるいは物事のなかに

続きを読む

身体は神体
2017年09月22日09:23

身体は夜 神に返すから神体心臓は神蔵肝臓は神蔵腎臓は神蔵髪は神肛門=神門(こうもん)、睾丸=神丸(こうがん)、神経はそのまま神の道(経)神という文字はたくさんの読み方があります。かみ、がみ、か、しん、じん、こう、ごう、かん、がん、み、等々。

続きを読む

汗水という水をやり
2017年09月21日10:33

汗水という水をやり何クソという肥料をやり根性という根が張りやる気という木が成長しやがて充実という実がなる・・・・作者不明

続きを読む

「魂との対話」2
2017年09月21日10:25

2. 外側のパワーを求める意識が暴力と破壊を生んだ   私たちの人生は。生命に対する畏敬の念で満ちているとき、意味と目的を持ち、生き生きとしたものとして光り輝くことになる。この物理的世界は極上の学習環境である。それは、私たちが進化のために必要な

続きを読む

「魂との対話」
2017年09月20日09:38

ゲーリー・ズーカフ「魂との対話」は、全米で300万部を超えた驚異的なロング・ベストセラーです。私たちは、なぜ生きているのか? 魂とは、いったい何なのか? とあらためて深く考えさせてくれます。以下、ネットでなわ・ふみひと氏の開設を紹介します。h

続きを読む

「魂との対話」について
2017年09月19日19:35

私が終生の書として読みたい本は、.押璽蝓次Ε此璽フ「魂との対話」▲肇薀ぅ鵝嵜誉犬鯊鵑万能の鍵」ジェームス・アレン「原因と結果の法則」です。ゲーリー・ズーカフ「魂との対話」は読むたびに私の心に新鮮な感動と、生きることへの大切さ改めて実感

続きを読む

私たちはどんな時にも、自分が学び、成長を遂げるために、最適の場所にいるのです。環境が人を作るのではありません。環境は私たちに、私たちがどんな人間であるかを教えてくれるだけなのです。私たちが受け取ることの出来るものは、私たちが欲しがるものでは

続きを読む

「原因と結果の法則」6
2017年09月10日10:21

ビジョン気高い夢を見ることです。あなたは、あなたが夢見た人間になるでしょう。あなたの理想は、あなたの未来を予言するものにほかなりません。気高い理想を掲げそのビジョンを見つづけている人間は、いつの日にかそれを実現します。あなたはあなたが夢見た

続きを読む

原因と結果の法則(5)
2017年09月09日17:44

思いと成功人間は、もし成功を目ざすならば、自分の欲望のかなりの部分を犠牲にしなくてはならないのです。何事も施工するか失敗するかということは、すべて自分自身がめぐらす思いの直接的な結果である。不注意な人間、無知な人間、怠け心をもつ人間は表にあ

続きを読む

思いと目標人間を目標に向かせるパワーは、「自分はそれを達成できる」という信念から生まれます」。疑い恐れは、その信念にとって最大の敵です。思いと目標が結びつかないかぎり、価値ある物事の達成は不能です。世の中にアニメをめざしている人はたくさんい

続きを読む

思いと健康きれいな思いは、きれいな習慣を創り出します。自分の心を洗わない聖者は聖者ではありません。恐れは人間を弾丸にも劣らぬ速さで殺すことがあります。病気を恐れながら生きている人たちは、やがてそれを実際に手にする人阿知です。あらゆる周囲の不

続きを読む

思いと環境自分の心をしっかりと管理し、人格の向上に努めている人たちは、「環境は思いから生まれるものである」ということを熟知しています。よい思いは良い実を結び悪い思いは悪い実を結びます。もしあなたが自分の庭に美しい草花の種を蒔かなかったら、そ

続きを読む

私が座右の書としている2冊お本があります。1冊は先日、紹介したトライン「人生の扉をひらく万能の鍵」であり、もう1冊はジェームズ・アレン「原因と結果の法則」です。この「原因と結果の法則」は「歴史上もっとも多くの読者を獲得してきた」といわれ、ほぼ

続きを読む

以下、曽野綾子のお話の要旨。3回目・。「老い」を見つめて大切なことは高齢になっても病人になっても明るく振舞うということ。気分のまま態度に表してはいけない。嘘をついてでも明るく振舞うということが大事です。自分がどんなに辛いか、周りの人がどんな

続きを読む