ホーム > mixiユーザー(id:5089039) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:5089039)

日記一覧

イキイキ老人の共通点
2017年06月30日10:54

昨日の日記「認知症になりやすい二つのタイプ」で認知症になりやすいタイプを上げましが、その対極にあるイキイキ老人の特徴は以下の通りです。イキイキ百歳老人の共通点金子満雄先生の痴呆予防研究グループでは、1991年、100才をこえるお年寄り819人(東京、

続きを読む

浅川嘉富氏(2017年6月29日)のホームページより。http://www.y-asakawa.com/Message2017-2/17-message73.htm臓器を売って生き延びるシリア難民 過激派組織ISがイラクのモスルで一方的に「国家樹立」を宣言してから、今日6月29日は3年目。 シリアやイ

続きを読む

見えないところで
2017年06月29日17:21

相田みつを「おかげさん」(ダイヤモンド社)より。くさびだから一番大事なところへうつくさびだからみえないようにうつトンネルとか、大きな橋などの開通式の様子がテレビで放映されることがあります。地元のおえら方がずらりと並んで、その中央に、担当大臣

続きを読む

認知症の権威・浜松早期認知症研究所、金子満雄医博は、1万人をこえる症例から、認知症になる人には次のタイプが多いことが明らかになりました。 機ー磴ず△ら仕事にも遊びにも熱中できず、怠惰な生活を送つてきた人 2 覇気がなくおとなしく、家庭でも

続きを読む

斉藤一人さんは「良い言葉を口グセにしましょう。どんな言葉でも、千回言えば、習慣になります」と言います。次の7つの言葉は、あなたにツキを運んでくる言葉です。口グセになるまで、繰り返して言いましょう。機ァ屮張い討襦」「ツイてる!」と言えば、ツ

続きを読む

自分の利益ばかりを思うのではなく、人と分かち合うことを心がければ、豊かさの流れが予期せぬときにあなたに向かってやってきます。ウエイン・W・ダイアー「インスピレーションに満たされる365の方法」(ダイヤモンド社)より

続きを読む

ウェイン・W・ダイア「いいことが起る心の魔法」(三笠書房)より。当たり前が突然消えたらどうなるでしょうか。・・・早朝の雲の形、おはようという挨拶の言葉・・・。人は愛する人や宇宙からの贈り物が目の前から消え去るまで、感謝するのを忘れているものです。

続きを読む

自分の利益ばかりを思うのではなく、人と分かち合うことを心がければ、豊かさの流れが予期せぬときにあなたに向かってやってきます。ウエイン・W・ダイアー「インスピレーションに満たされる365の方法」(ダイヤモンド社)より

続きを読む

小林正観「人生を楽しむための30法則」から引用します。朝9時に始まる会社があります。ある従業員が30分遅れて9時半になってやって来たとする。皆さんが社長だったら怒るでしょうか実はその社員は、前夜に自分の親が突然倒れて、救急車で病院に運ばれた

続きを読む

重度の脳性マヒで、全身が不自由、口も利けないやっちゃんが、命のたけを託して作った詩と、そのお母さんの詩との感動のやりとりを向野幾世氏(奈良大学講師)が紹介しています。 ごめんなさいね おかあさん ごめんなさいね おかあさん ぼくが生まれて 

続きを読む

偉大な力に導かれている
2017年06月24日09:24

人生で何かを達成したら、謙虚な思いで感謝しなさい。あなたのちっぽけな「エゴ」よりももっと偉大な力があなたを導いているのですから。ウエイン・W・ダイアー「宇宙の力を引き寄せる365の方法」(ダイヤモンド社)より

続きを読む

60代の膵癌の末期の患者さん、女性でした。「今やりたいことはなんですか」と伺うと、「道が歩きたいです」と仰いました。私はびっくりしました。いったいどんな道なんだろう。日曜日、車でお連れしました。黄金でできた道か、シルクロードか、バージンロード

続きを読む

昨日の日記「99歳のブルガニヤの聖人」で与える生き方の大切さを心から感じました。「ギブ&ギブ&ギブが一番よい」ということを西沢泰生氏「大切なことに気づかせてくれる33の物語と90の名言」(かんき出版)に書いてあります。ビジネスの世界では、よく

続きを読む

日本人は「・・・・・します」という代わりに「・・・・・・させていただく」とよく言います。外国人は不思議に思うようです。月刊「ザ・フナイ」(08年6月号)に中矢伸一氏が連載記事の中で、興味のあることを書いていましたので、以下抜粋、要約して紹介します。韓国・

続きを読む

100歳で難聴者の物乞いホームレスが集めたお金を全額施設寄付http://spotlight-media.jp/article/66360497874654959気が付いていないだけで、いや実際は見て見ぬふりをしているところにもヒーローは存在する。今年99歳になるというブルガリアのこのおじいちゃ

続きを読む

浅川嘉富氏(2017年6月15日)のホームページより。http://www.y-asakawa.com/Message2017-2/17-message68.htm英国・今度は高層住宅の全焼で死者多数発生大規模なテロや政治の混乱が続く英国で、今回は多数の死者が出る前代未聞の高層住宅の全焼火災。  国民

続きを読む

89歳になる小生、物忘れはひどくなる、下着の裏表の間違いに気がつかない、うっかりミスの頻発、食事中物をこぼす、左ひざを痛め歩くのも不自由でびっこの歩き方、腎盂がん、ガンで左の腎臓の摘出、膀胱がん、その他いろいろと通院も多くなった私には、身につ

続きを読む

最近、テレビで石原裕次郎さんのことをよく見ます。その大俳優だった故石原裕次郎さんに関するエピソードを二つ紹介します。 運転手への思いやり ある時、石原さんはスタッフと一緒に銀座の寿司屋で食事をしました。その時、石原さんはお抱えの運転手を外で1

続きを読む

蛇口は水ではない
2017年06月20日10:00

笑い話かもしれませんが、約40年前、東京オリンピックが行われていた頃、アフリカの未開の国から来た選手で、日本では水を蛇口からドンドン出しているのを見て、蛇口を一杯買って帰った男があったという話があったようです。 蛇口は水ではなく、水の出口だ

続きを読む

幸福人と不幸人
2017年06月19日09:31

ひすいこたろう氏&よっちゃん氏「Happy 名語録」から要約します。ある派遣社員で4か月働いた後、契約更新を断られた方の話です。会社から解雇を通告されたときは、大変ショックを受け、悲しい思いでした。でもふと、次のように、思ったそうです。★☆

続きを読む

人生に争いを持ちこまないよう心がけなさい。あなたは争いのない世界から来たのであり、そこへ戻ってゆくのです。誰にも、どんなときにも、内なる世界に争いを持ちこませず、地上において天国を味わえるようにしましょう。ウエイン・W・ダイアー「インスピレ

続きを読む

アニータ・ムアジャーニアの講演録1http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1960988607&owner_id=5089039アニータ・ムアジャーニアの講演録2http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1961005480&owner_id=5089039あの領域で最初に遭遇した存在は・・・私はそこで愛情深い

続きを読む

◆貧乏人が一番やれることは、笑顔だばあちゃんは、洋七さんに「学校はどうだ?」とか「勉強はどうだ?」とか聞いたことはありませんでした。でも、ばあちゃんがひとつだけ口やかましく言っていたことがあります。それは笑顔です。「笑顔できちんと挨拶しろ。

続きを読む

ひすいこたろう氏「朝にキク言葉」より。小学校の娘の話に、よく出る男の子がいます。その男の子、どうやらクラスの人気者らしい。彼は転校生で、転校してきたその日から人気が出たというのです。彼のある一言から・・・・。給食の時間にこう言ったそうです。「な

続きを読む

それから、私の兄が自覚に入ってきました。これは香港の病院で起きたことですが、私の兄はインドに住んでいて、その朝は、私の家族の誰もまだ彼には私が昏睡状態に入ったことは連絡していなかったのです。でも私たちが皆繋がっているという、このワンネスの感

続きを読む

1.同じ薔薇でも「次郎物語」を書いた下村湖人が次の詩を作っています。あなたと私は、薔薇の園を歩いていた。あなたは言う。「薔薇は美しい、けれども、棘(とげ)がある」と。私は言った。「薔薇には棘がある、けれども、美しい」と。(以上)同じ1本の薔

続きを読む

1)人に気づかれないようにするのが本当の優しさ、本当の親切。 2)通知表は、0じゃなければええ。1とか2を足していけぱ5になる!    人生は総合力だから。 3)悲しい話は夜するな。つらい話も昼にすれば何ということもない。 4)嫌われているというこ

続きを読む

6月4日の日記でアニータ・ムアジャーニア「喜びから人生を生きる! 臨死体験が教えてくれたこと」を紹介しましたが、この本は45カ国で100万部超のベストセラーです。 著者は臨死体験によって大きな気づきを得、その結果、癌が数日で消えてしまった奇跡の実話で

続きを読む

数年前、島田洋七さんの「佐賀のがばいばあちゃん」が出版されて以来、映画化されたり、テレビでも放映されたり、大変人気を集めたがばいばあちゃんの名言を集めてみました。徹底的な肯定主義、楽天主義的な見方は、読むたびに人生を楽しくするようです。著者

続きを読む

昨日までは予行演習
2017年06月15日10:24

42歳になったのだからきついのではないか、と思った瞬間から老化がスタートすると思います。それをまったく逆に考えるのです。昨日までは予行演習、これからの10年間こそが俺の本番だと。・・・・・小西浩文氏(登山家)

続きを読む