ホーム > mixiユーザー(id:5089039) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:5089039)

日記一覧

小倉広「アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉」(ダイヤモンド社)は、アドラーの言葉を紹介し、解説しています。アドラーの言葉をその著書より紹介します。「やる気がなくなった」のではない。「やる気をなくす」という決断を自分でしただ

続きを読む

ヨガ教室「かたの健康会館」の日めくりカレンダーの本日の言葉です。冷水浴は心身の適応力を拡大する冬季も続けよう 胎内にいる時は、温度の刺激から完全に守られていたが、生れてきてからは、自分で調節する能力が必要になった。最高の訓練が「寒さ」に対す

続きを読む

以下、祐木亜子「中国古典の知恵に学ぶ・菜根譚」より。【現代語訳】太陽が地平線に沈んだとでも、空は夕焼けで美しく輝く。また、年の瀬が迫るような寒い時期でも、柑橘類の木は実をつけ、よい香りを漂わせている。これは人間でも同じだ。晩年になっても、気

続きを読む

感動する心の乏しい人の人生は砂漠のようだ。感動が人間の行間を広くし、人生の振幅を大きくする。「おおっ」の多い人生を生きよう。 人の命が生れるとき、人は涙とともに喜びます。人の命が終わるときにも、人は涙とともに悲しみます。人は感動とともにこの

続きを読む

菜根譚:人徳を磨く
2015年04月30日08:38

以下、祐木亜子「中国古典の知恵に学ぶ菜根譚」(ディスカヴァー)によります。人徳によって得られた財産や名誉は、ひとりでに枝葉が生い茂る野の花のように、大きくなり続ける。事業の功績によって得られた財産や名誉は、移し替えられたり捨てられたりする鉢

続きを読む

篠田桃紅氏プロフィール1913年、中国大連に生まれる。5歳の時、父の手ほどきで初めて墨と筆に触れ、以後独学で書を極める。墨を用いた抽象表現主義者として、世界的に広く知られており、数えで103歳となった今も第一線で活躍している。 2005年、ニューズウィ

続きを読む

ヨガ教室「かたの健康会館」の日めくりカレンダーの本日の言葉です。私の顔は私のものではない他人に見てもらうためのもの笑顔 ほほえみは 和合の秘訣 ある樹木医の願い「人間の存在は自然の一部です。ですから、私たちも街づくりの大切な要素なのです。よ

続きを読む

小倉広「アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉」(ダイヤモンド社)は、アドラーの言葉を紹介し、解説しています。アドラーの言葉をその著書より紹介します。健全な人は、相手を変えようとせず自分が変る。不健全な人は、相手を操作し、変え

続きを読む

洪自誠「菜根譚」風斜めに雨急なるところは、脚を立て得て定めんことを要す。花濃やかに柳艶やかなるところは、眼を着けえて高からんことを要す。路危く径険しきところは、頭を回らしえて早からんことを要す。 (前集209)(風雨が激しく吹きつける場所では、

続きを読む

【才華は、玉に包まれ珠に蔵(かく)れ、人をして知り易(やす)からしむべからず】立派な人は、才能があっても自慢せず珠玉に隠すがごとく振舞うから、容易に人に伺い知らせない。ひけらかさないこと。自慢しないこと。得得(とくとく)と上から目線にならな

続きを読む

4月29日、87歳になりました。 定年当時を振り返ってみますと、囲碁に、ゴルフに、話し相手に・・・・等々、親しい友人が周りに10人と恵まれて、充実した時間を持てたものでした。 そして、今、大部分の方に先立たれ、元気で存命しているのは私を含め2人だけになっ

続きを読む

松下幸之助さんが仕事のスピードを大事にしておられた、有名なエピソードがあります。松下電器のある事業部がうまくいかなくなり、新しい事業部長が就くことになりました。その方が幸之助さんのもとに挨拶に訪れて、「事業の実態を詳しく調べました。必ずよく

続きを読む

ヨガ教室「かたの健康会館」の日めくりカレンダーの本日の言葉です。ちょうどよい刺激は無理無駄がない壮快な気分で能率が上がる YOGAは、やわらぎ、くつろぎへと導く「行」。刺激が過剰でも不足でもいけない。ちょうど良い刺激かどうかは、本人しかわか

続きを読む

昨日の日記「こんなシンクロがありました」に、杉崎仁志氏の「あなたの知らない魔法の言葉」について、信じられないようなシンクロが続いたとして、次のように書きました。・・・・・   ・・・・・  ・・・・・最近たまたま知り合ったFさんが、枚方の隣

続きを読む

柴田トヨさんは腰を痛め趣味の日本舞踊が踊れなくなり気落ちしていた時、一人息子が薦めてくれたのは詩を書くこと。90歳を過ぎてから書き始め新聞に投稿。掲載されたものを集め100歳まじかで処女詩集「くじけないで」(飛鳥新社)を出版しました。その中の「

続きを読む

26日の日記「4本の指で奏でる奇跡のピアニスト」で、韓国のヒアチンタさんのことを述べました。http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1941422830&owner_id=5089039全盲ろうの福島智氏は東京大学先端科学技術研究センター教授。3歳で右目を、9歳で左目を失明、14

続きを読む

小倉広「アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉」(ダイヤモンド社)は、アドラーの言葉を紹介し、解説しています。アドラーの言葉をその著書より紹介します。人は過去に縛られてはいるわけではない。あなたの描く未来があなたを規定している

続きを読む

義妹が小学校の後輩だった!7年前のこと。家内の母の法事があり、津山市の実家に行きました。通された応接間の机の上に、写真アルバムがあり、満州観光の写真ができたばかりでアルバムを作っているところと言われる。アルバムを見ていくと鞍山市があり、その

続きを読む

小倉広「アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉」(ダイヤモンド社)は、アドラーの言葉を紹介し、解説しています。アドラーの言葉をその著書より紹介します。「親が悪いから」「パートナーが悪いから」「こういう運命だから」責任転嫁の典型

続きを読む

ペルシャの賢人は「不機嫌な人には優しさで、ひねくれた人には親切で応じなさい。優しさはゾウでさえ髪の毛一本で導くことができる。敵には優しさでこたえなさい。平和の対極は罪である」といった。仏教でも「誰かが愚かにもわたしに悪事をなしたら、わたしは

続きを読む

以前、マイミクのしなやかさんの日記に書いてありました。http://mixi.jp/view_diary.pl?id=328865762&owner_id=1507275 心を揺り動かされるような深い感動と強い勇気を与えてくれます。 長い文章なので、私なりに若干短くしました。 ***********

続きを読む

一代で日本一のベンツ販売店をつくり上げた中嶌武夫氏が「大宇宙を味方に付ける秘訣」について次のように話をされています。私が人生を振り返ってみた時に、自分の知恵や才覚、努力ではなく、目に見えない大きな力によって助けていただいた経験がたくさんあり

続きを読む

ベストセラー「嫌われる勇気」は、フロイト、ユングと並び「心理学の三大巨頭」と呼ばれるアルフレッド・アドラーの思想(アドラー心理学)を紹介したもので、大変売れており、ベストセラー商品ラ-ンキングで常に上位にランキングされています。(2014.7.19現

続きを読む

トルストイ: 愛−1
2015年04月25日07:30

文豪トルストイは,その著書「人生の道」で釈迦,孔子、老子、キリスト、マホメッド、ソクラテス、カント、エマーソン・・・・・等170人の古今の聖賢、思想家の言葉をまとめて、人として正しく生きるための「道しるべ」を述べています。その中の一文です。・・・

続きを読む

斉藤一人さんは「良い言葉を口グセにしましょう。どんな言葉でも、千回言えば、習慣になります」と言います。次の7つの言葉は、あなたにツキを運んでくる言葉です。口グセになるまで、繰り返して言いましょう。機ァ屮張い討襦」「ツイてる!」と言えば、ツ

続きを読む

ベストセラー「嫌われる勇気」は、フロイト、ユングと並び「心理学の三大巨頭」と呼ばれるアルフレッド・アドラーの思想(アドラー心理学)を紹介したもので、大変売れており、ベストセラー商品ラ-ンキングで常に上位にランキングされています。(2014.7.19現

続きを読む

文豪トルストイは,その著書「人生の道」で釈迦,孔子、老子、キリスト、マホメッド、ソクラテス、カント、エマーソン・・・・・等170人の古今の聖賢、思想家の言葉をまとめて、人として正しく生きるための「道しるべ」を述べています。その中の一文です。・・・

続きを読む

ベストセラー「嫌われる勇気」は、フロイト、ユングと並び「心理学の三大巨頭」と呼ばれるアルフレッド・アドラーの思想(アドラー心理学)を紹介したもので、大変売れており、ベストセラー商品ラ-ンキングで常に上位にランキングされています。(2014.7.19現

続きを読む

良寛さんが「ことばについての戒め」という言葉を残しています。現代の私たちにも耳の痛いことばかりのようです。1.ことばの多いこと2.はなしの長いこと3.手柄ばなしをすること4.自分の生まれや身分の高いことを人にいうこと5.人がものを言いきらないう

続きを読む

文豪トルストイは,その著書「人生の道」で釈迦,孔子、老子、キリスト、マホメッド、ソクラテス、カント、エマーソン・・・・・等170人の古今の聖賢、思想家の言葉をまとめて、人として正しく生きるための「道しるべ」を述べています。その中の一文です。福音書

続きを読む