ホーム > mixiユーザー(id:5089039) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:5089039)

日記一覧

<詩に云く、潛まりて伏すと雖も、亦孔だ之れ昭らかなりと。故に君子は内に省みて疚しからず、志に惡む無し。君子の及ぶ可からざる所の者は、其れ唯人の見ざる所か>以下、伊與田覚先生の「中庸に学ぶ」(致知出版)より。「潛(ひそ)まりて伏すと雖も、亦孔(

続きを読む

致知出版社「人間力メルマガ」から、東井義雄先生の講演録『10代の君たちへ 自分を育てるのは自分』の抜粋を紹介します。 http://shop.chichi.co.jp/item_detail.command?item_cd=831&category_cd東井:長崎に、原子爆弾が落ちました時、当時、10歳であ

続きを読む

忠恕は道を違[さ]ること遠からず。諸(これ)を己に施して願わざれば、亦た人に施すこと勿かれ現在の言葉にしますと、「自分のまごころ、まことや、他を思いやる心は、道と離れたものではない。自分の身に起って欲しくないことを、他の人にしてはいけない」

続きを読む

笑い薬
2015年01月30日11:23

意識的に体を笑わせること意識的に心全体を笑わせること心の笑い=感謝心心にいいことは感謝体にいいことは呼吸最高の呼吸は笑いアッハハハハ・アッハハハハありがとう沖正弘先生語録の「笑いについての言葉」より。この笑いについて、吉丸房江さんが“笑い薬

続きを読む

私たちは、人にいいことをすると暖かくていい気分になります。このことを「ヘルパー・ハイ」と言いますが、このときに生まれる「いい気分」こそストレスを解消し、健康を守るカギとなります。以下、デビッド・ハミルトン「『親切』は驚くほど体にいい!」(飛

続きを読む

「優雅に見える白鳥、水面下で激しく足を動かす」という言葉があります。<優雅に泳いでる風に見えて、水面下では必死に足をバタつかせて泳ぐ白鳥>目に見えないところで一生懸命に生き、努力しているということです。伊与田覚先生の「中庸」(致知出版)に書

続きを読む

「錦(にしき)を衣(き)て、絅(けい)を尚(くわ)う」伊与田覚先生の「中庸」(致知出版)に書いてありました。以下、転載します。「詩経」のなかに次の言葉がある。「錦を衣て、絅を尚う」錦のように麗しい着物を着て、その上に麻でつくった薄い上着を重

続きを読む

菜食とガンとの関係
2015年01月28日10:02

菜食とガンとの関係について考えます。2000年4月19日、20日の2日間、東京都内でガンを克服、自然治癒した100人の元患者とガン闘病中の1000人の方々が、ガンの克服を目指して一堂に集まり、大規模な勉強会と交流会を行いました。これは「千百人集会」といわれ

続きを読む

「沖縄二六ショック」という言葉があります。2000年の都道府県別の平均寿命で沖縄県の女性は86.01歳とトップを維持したが、男性は77.64歳と全国平均(77.71歳)を初めて下回り、5年前の前回調査の4位から一気に26位まで落ちたからだ。ちなみに1980年代には1

続きを読む

生活不活性化病と対策
2015年01月27日09:33

最近、「生活不活性化病」という名前の病気があることを聞きました。ごろごろ寝てからだを動かさないとなるようで、いざ、歩こうとしても足の筋肉が衰えて歩けなくなるというのです。事実、高齢者の健康には、体をよく動かしたらよいという調査が多いようです

続きを読む

徳は「直き心」
2015年01月26日18:51

★徳は「直き心」いくら稼いでも金を残しても子孫は使ってしまう。いくら本を残しても読まぬ。それより人知れず善行を行い隠匿を積むこと。それが子孫繁栄の方策だぞ。白隠禅師は「徳」を「直(じき)の心」と書いた。★信はたて糸、愛はよこ糸信はたて糸、愛

続きを読む

「中庸」君子の道四つ
2015年01月26日18:48

今日、「中庸」を読んで心に突き刺さった言葉があります。「君子の道四つ。丘(きゅう)未だ一つも能くせず。子に求むる所、以て父に事(つかう)ること、未だ能くせず。臣に求むる所、以て君に事ること、未だ能くせず。弟に求むる所、以て兄に事うること、未

続きを読む

前人樹(き)を植えて後人(こうじん)涼を得(う)前人は昔の人。後人は後世の人。昔の人が木を植えたから、その木が大きくなって、後世の人が、木の下で涼むことができる。昔の人の努力や工夫のおかげで、今の人は楽ができるのである。・・・・サンリオ 辻

続きを読む

神様からの贈り物 
2015年01月25日10:41

障害のある方を英語では「ギフテッド」ともいうそうです。「神さまの贈り物」という意味です。神様から素晴らしい贈り物を頂いたお二人の家族の心温まるお話を紹介します。鈴木秀子さん「死にゆく者からの言葉」(文春文庫)の中からです。精神障害の息子がい

続きを読む

浮世渡らば豆腐で渡れ
2015年01月25日09:15

浮世渡らば豆腐で渡れ【解説】豆腐は四角四面できちんとした形だが、実際は柔らかい。このように、外面は生真面目で物事のけじめをつけるとともに、内面は柔軟性を保って事に処するのが賢明な世渡りをするコツだという意味。世渡りのコツは、豆腐のように四角

続きを読む

元横綱・大鵬を抜く33度目の優勝を決め幕内800勝を記録した白鵬と柔道家の山下泰裕さんとの昨年5月の対談です。以下、致知出版社の「人間力メルマガ」(2015年1月24日)によります。昨日、元横綱・大鵬の記録を破り、歴代単独最多32度目の優勝を果たし、「恩

続きを読む

33度目の優勝を決め幕内800勝を記録した白鵬と大鵬と2011年11月の対談です昨23日(2014年)、大鵬の史上最多に並ぶ32度目の優勝を果たした白鵬の表彰式での会見は感動的でした。「14年前は62舛両さい少年がここまで来るとはだれも想像しなかったと思う。この

続きを読む

大学の道は明徳を明らかにするにあり拓殖大学・和田武司教授の「大学」の解説です。大学は孔子の遺し伝えた書物であり、初学の者が徳を身につけるための入門書である。大学は「経」一章と「伝」十章から成り立っている。「経」は総論にあたり、「伝」は続く解

続きを読む

四書五経のうちの「大学」について、守屋洋「新訳―大学・中庸」(PHP)より解説します。大学の道は、明徳を明らかにするにあり、民を新たにするにあり、至善に止(とど)まるにあり。 (大学・径一章)大学で学ぶ目的は何か。第一は、自分が持っている素晴ら

続きを読む

一休和尚の遺言書
2015年01月24日17:11

一休和尚の話です。一休和尚は、死に臨んで一通の遺言状を残し、それを壺の中に入れました。そして弟子たちにこう言い残したのです。「どうしようもない問題が出てきて、誰も解決できなくて本当に困ったときには、皆でこれを開けなさい」と。それから数年後。

続きを読む

角を矯めて牛を殺す
2015年01月24日17:04

角(つの)を矯(た)めて牛を殺す【意味】曲がった牛の角をまっすぐにするために叩いたり引っぱったりすると、牛は弱って死んでしまうことから、わずかな欠点を直そうとして、かえって全体をだめにしてしまうことをいう。【用例】ほんの単純な計算ミスをそん

続きを読む

浅川嘉富さんのホームページ(2015年12月23日)です。http://www.y-asakawa.com/Message2015-1/15-message14.htm増加するウイグル族の中東への出国者欧米を中心に格差や宗教的差別を理由にシリアやイラクなどに違法出国しイスラム国などの過激派組織に加わる

続きを読む

しあわせ成幸者の共通点
2015年01月23日09:04

経営コンサルタントをされている小田真嘉さんは、その著「幸運がやってくる3つの法則」(三笠書房)で、人生がうまくいっている成功者たちには共通点があると言われます。しあわせに成功している人たちは、「もし飛行機事故があったとしても、 きっと自分は

続きを読む

医学博士、理学博士、農業博士と3つの学位を持ち、口ぐせ理論で有名な佐藤富雄さんによれば、言葉が脳に与える影響は人生そのものを変えるといいます。その理由について、小田真嘉氏「幸運がやってくる3つの法則」(三笠書房)を読んで、なるほどと納得しま

続きを読む

心の思うとおりになる
2015年01月22日18:22

心の持ち方が人生を決めるといわれますが、 ロバート・オンスタイン他「脳ってすごい!」(草思社)に面白い学問的な研究があります。マトニバ大学のモッセイおよびシヤビイロ教授は65歳以上の高齢者3000人を対象に次の調査を行いました。 まず、自分の

続きを読む

【キリス(トルコ南部)=溝田拓士、カイロ=久保健一】イスラム過激派組織「イスラム国」とみられるグループがビデオ映像で日本人の殺害を予告し、巨額の身代金を要求したことについて、国際社会からは「日本が受け入れそうもない金額を要求することで、新た

続きを読む

握れば拳 開けば掌
2015年01月22日09:43

握れば拳 開けば掌同じ手でも、握れば人を殴る拳(こぶし)にもなるけれども、開けば人を優しくなでる掌(てのひら)となるし、みんなと仲良く握手もできる。手を開けば、心も開くし、人生も広がってくる。このように、たとえ同じものでも、それに対する気持

続きを読む

ニューヨーク大学のリハビリテーション研究所の壁に、一人の患者が残した詩があります。作者は不詳。ベトナム戦争で心身ともに深く傷つきながら、立ち直っていった若者が書いたそうです ************大きなことを成しとげるために力を与えてほし

続きを読む

論語に次の言葉があります。子曰く、君子は義に喩(さと)り、小人は利に喩る。(論語・里仁第四)君子は物事を処する場合、それが義、すなわち、そのことが正しい事かどうかによって行う。ところが小人はすべてが利になるかどうか、敏感に感じ取り行なう。ホ

続きを読む

運は偶然ではない
2015年01月21日10:03

          「運は偶然ではない」 浅見帆帆子(あさみ・ほほこ=エッセイスト)『致知』(2003年8月号)より浅見帆帆子さんのお話です。  自分のまわりに起こることは、全て自分が招き寄せている── 一昨年、弱冠24歳の

続きを読む