ホーム > mixiユーザー(id:5089039) > mixiユーザーの日記一覧 > 手紙 親愛なる子供たちへ

mixiユーザー(id:5089039)

2017年06月21日09:32

163 view

手紙 親愛なる子供たちへ



89歳になる小生、物忘れはひどくなる、下着の裏表の間違いに気がつかない、うっかりミスの頻発、食事中物をこぼす、左ひざを痛め歩くのも不自由でびっこの歩き方、腎盂がん、ガンで左の腎臓の摘出、膀胱がん、その他いろいろと通院も多くなった私には、身につまされる思いで読まされる詞があります。「手紙 親愛なる子供達へ」です。

【訳詞】角智織
【日本語補詞】樋口 了一
【作曲】樋口了一
http://www.utagoekissa.com/tegamishinainarukodomotachihe.html


手紙 親愛なる子供達へ

年老いた私が ある日 今までの私と違っていたとしても
 どうかそのままの私のことを理解してほしい
 私が服の上に食べ物をこぼしても 靴ひもを結び忘れても
 あなたに色んなことを教えたように見守って欲しい
 あなたと話す時 同じ話を何度も何度も繰り返しても
 その結末をどうかさえぎらずにうなずいて欲しい
 あなたにせがまれて繰り返し読んだ絵本のあたたかな結末は
 いつも同じでも私の心を平和にしてくれた
 悲しいことではないんだ 消え去ってゆくように見える私の心へと
 励ましのまなざしを向けて欲しい


 楽しいひと時に 私が思わず下着を濡らしてしまったり
 お風呂に入るのを嫌がるときには思い出して欲しい
 あなたを追い回し 何度も着替えさせたり 様々な理由をつけて
 いやがるあなたとお風呂にはいった 懐かしい日のことを
 悲しいことではないんだ 旅立ちの前の準備をしている私に
 祝福の祈りを捧げて欲しい


 いずれ歯も弱り 飲み込む事さえ出来なくなるかも知れない
 足も衰えて立ち上がることすらできなくなったなら
 あなたが か弱い足で立ち上がろうと私に助けをもとめたように
 よろめく私に どうかあなたの手を握らせて欲しい
 私の姿を見て悲しんだり 自分が無力だと思わないでほしい
 あなたを抱きしめる力がないのを知るのはつらい事だけど
 私を理解して支えてくれる心だけを持っていて欲しい
 きっと、それだけでそれだけで 私には勇気がわいてくるのです
 あなたの人生の始まりに私がしっかりと付き添ったように
 私の人生の終わりに少しだけ付き添って欲しい
 あなたが生まれてくれたことで、私が受けた多くの喜びと
 あなたに対する変わらぬ愛を持って笑顔で答えたい
 私の子供たちへ
 愛する子供たちへ



6 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年06月21日 13:06
    以前に朗人さんが紹介されていた時にコピーをして持ち歩いています。今は、主人の介護と両親の介護がありますが、一人でどこまでやれるだろうかと不安になり、満足していてくれるだろうかと自問自答していますが、この詩を読むとふと自分にできる事をすればいいと思いなおしたり、今を大切にして頑張ろうと前に進むことが出来ます。朝目覚めると毎日繰り返しですが、仕事も出来、家事も出来介護ができる環境をありがたいと思えます。笑顔で大切な人へのおもてなしの心です。
    朗人さんも体の不自由はあっても、きっと家族の方は優しく見守ってくれますよ。きっと大丈夫ですよ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年06月22日 10:44
    > mixiユーザー 
    ありがとうございます。今でも読書欲は強く、自分作りの本や、中国問題の本を読むことを欠かすことがありません。
    89歳、「末路晩年、君子宜しく精神百倍すべし」と言い聞かせながら頑張っています。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する