mixiユーザー(id:50782576)

2020年09月19日19:42

22 view

買い物を失敗する事で学ぶ

お金が貯まる人は、節約効果を「一生分」で考える
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=77&from=diary&id=6238149

長く使いたいから日本メーカー、国内製造にこだわって買った電気製品がすぐ壊れたり、展示品の在庫処分品でしかも無名メーカーの扇風機が20年選手だったり買い物って不思議です。

今まで色々買い物してきて思うのは、安い=悪いでもないし高い=良いも違う。
安くても長持ちする商品。高くないと使えない商品がある。
例えば、毎日使う髪をとくクシなんて100円均一の商品でも相当長持ちする。
一方使えなかったのが毛抜き。
一般的な人は毛を抜くだけだから100円均一のモノでもいいと思う。
でも鉄工所に勤務してると手にキリコが刺さる。
合わさる部分が密着していないとすり抜けるし、ズレが生じるとキリコが掴めない。
100円均一のモノは全てダメでしたが、1500円の日本製の毛抜きは余裕で掴めます。
こういう製品は高い=良いです。

またあまり変わらないモノもあります。
コメントでよく書き込む例ですが、6本100円の海外製のボールペンと1本100円の日本製ボールペンどちらがお得かというと同じです。
前者のボールペンは最後まで使い切るのは不可能でしょう。でも6本あるので日本製と同じくらい持つのではないかと思います。
この差は日本のベアリング製造技術にあります。
ボールペンを使っていると解る。
海外製のボールペンはインクが出なくなる、または文字に白線が混じるという事があります。
これはボールペンの先が真球で無いからです。
自分はボールペンを使うたびに、日本の製造業ってまだまだ凄いなと思います。

少し話はズレましたが、買い物する時は安くてもいいもの、高くて確実にいいものの見極めが必要です。
まあ迷ったら高い方がいいと個人的には思う。
修理して使うという選択肢も選べますからね。

2 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年09月19日 20:28
    メンテナンスしながら使うモノもある。大工仕事で使う金づち・釘抜き・ノミなどはいいものを買ってメンテナンスしながら使う。自分は金づちの重さが気になってた。軽いのは叩く数が多くなり、重いと疲れる。
    金づちだけは絶対自分専用じゃないとダメだった(+_+)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年09月22日 07:09
    ユーチューブ動画で官公庁の車両を見ていましたが、78年式とか80年・85年式の消防車が未だに現役で使われている。歴代の消防士が引き継ぎながら手入れしているそう。そういう話いいですね。
    新しい消防車が入ってる消防署は出動が多くて車が早くダメになるっていうことです。
    古い車両が倉庫に眠ってるような地域は火災が少ないっていうことですね^_^;

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する