mixiユーザー(id:50446494)

2015年04月29日23:35

105 view

194回目の献血

先日の事。
道都に出張した際に、時間が有ったので駅前で献血してきました。

体調は悪くない。
多少寝不足とは言えなくもないが、そんなのはいつも通り。
問題はヘモグロビン濃度。
前回、献血後の生化学検査でヘモグロビン濃度不足の通知が来たからね。
そうならない様に食事に気を付け、食後のコーヒーを制限し、鉄剤のサプリメントを摂り、今日のために備えたからね。
水分を補給していざ採血。
結果、濃度は十分で無事採血可能。
良かった〜。一回一回が勝負ですからね。

しかし問題はまだあった。
隣りの採決台の人が迷走神経反応になったのだ。
お気の毒に。いや、わかるよ、私もなった事あるからさ。
でも、こういうのって、近くであると「もらっちゃう」のよね。
なんだろうね、意識してしまうからなんだろうけど、誰かが行くと自分も、ってなっちゃうんだろうね。

そう思うとヤバい。
なんとなく兆候はある。なんてったってやった事あるから。
しかし、ここで私が倒れる訳には行かない。
係りの人は当然、隣にかかりきり。
指先、唇の痺れ。発汗。脚の筋肉の硬直。おぉ、来やがったな。
残りは25分。よし、なんとか乗り切ってやろうじゃないの。
大丈夫、すでに予防用のカルシウム飲料は入ってる。
もう一本常温のスポーツドリンクをもらうと、脚に力を入れ呼吸法を変える。
長時間の血液の流失に危機感を示す脳に別な信号を送り騙す作業だ。
なんてったって経験者ですからね。死ぬかと思った迷走神経反応も何事も経験ですよ。

そんなこんなで無事終了。

フォト


終わってからきた検査の数値も正常値。ヘモグロビン濃度も大丈夫。
きちんと健康管理して、また行きます。


0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する