mixiユーザー(id:5031387)

2020年10月27日19:59

43 view

刑事補償法

冤罪で服役させられた際の補償額は、刑事補償法第四条一項に
「一日1,000円以上12,500円以下」とあるが、
死刑囚の場合懲役囚と違って拘留中の労役を免除されているので
高額な決定は望めない事もあるとか。

一般的な市民感情として、とても充分な額とは思えない。
補償額が増やせないならば、せめて有罪とした警察官・検事・判事を
いつでも気の向くままにぶん殴れる権利を与えてやってほしい。

服役後に無罪 補償5997万支給
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&from=diary&id=6284275
1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する