mixiユーザー(id:5017036)

2022年01月16日12:32

76 view

結びの短歌

百人一首の始まりは、天智天皇の 秋の田の 刈穂のい穂の から順徳院の 百敷や です。
 個人的に注目するべきものとして順徳院の
 百敷や 
古き軒端に
忍にも
なおあまりある
昔なりけり
です。
この百敷は、嘗て百敷の大宮と呼ばれた宮中の事を指します。そして百と言う言葉の中に嘗て栄えた名残を惜しむ思いも有ります。あの頃は、懐かしいと振り返りながら、今を何とかしたいと言う思いも有ります。
6 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2022年01月>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

最近の日記

もっと見る