mixiユーザー(id:5017036)

2022年01月15日14:11

102 view

誰が罰する資格が有るだろうか

妻の顔など蹴って死なせた疑い
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&from=diary&id=6813366
 認知症や親の介護に対して誰が罰する資格が有るだろうか?個人的な考えですが、今まで一緒に暮らしていた分のストレス等も有り更に認知症の介護ストレスもたまった挙げ句での犯行だど考えられます。この犯行に対して誰も罰する資格は、有りません。しかしけじめとしての罰は、必要です。出来れば、執行猶予付きの判決が望まれます。
ニュース記事
介護していた妻を蹴ったなどとして、警視庁小金井署は13日、東京都小金井市貫井南町4、無職、伊藤幹司容疑者(85)を傷害容疑で逮捕した。


 逮捕容疑は同日早朝、自宅で妻の映子(てるこ)さん(88)の顔や頭などを複数回蹴り傷害を負わせたとしている。映子さんは病院に搬送されたが、14日夜、死亡が確認された。伊藤容疑者が自ら119番通報した。「口げんかになり、ストレスがたまっていて蹴ってしまった」と容疑を認めているという。同署は容疑を傷害致死に切り替えて調べる。同署によると、約5年前から伊藤容疑者が妻の介護をしていた。妻は歩行困難で、認知症の症状もあったという。【竹内麻子】


14 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2022年01月15日 23:10
     同意いたします。
     「罰」は、「行為に対するけじめ」だけでいいと思います。執行猶予つきの判決が相応しい、と。

     近しい人への介護ストレスは、底なしの如きもの。
     そこまで、彼を追い込んだのは、周り、この社会、であるから。

     誰が、責める資格がありましょうか?!
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2022年01月15日 23:45
    > mixiユーザー 助け合いが大切です

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2022年01月>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

最近の日記

もっと見る