mixiユーザー(id:5002579)

2017年09月16日00:34

117 view

音楽と魔法について



先日のロックフェスで一騒動あったそうです大森靖子さん。

それは命懸けの音楽だから。

鶴が恩返しに己の羽を反物に織り込むように、アーティストは、リアルなアーティストは自分の人生を歌に織り込むのだと思う。


別にそれが素晴らしいとか、正しいというわけではない。

音楽に魔法を求めても、音楽に魔法を求めなくても、それは捉え方。

でも、怒るべきときに怒ることはガキなわけではない。

自分そのものを否定されたように感じて、ヘラヘラ笑っている必要もない。

音楽は音楽だ。それを受け取った側がどう感じても音楽は音楽だ。

だから、俺はライブという、ライブハウスという場所に存在する奇跡を魔法と感じていた事を恥ずかしいとは思わない。

魔法ではなくても、規制することの出来ない奇跡だからだ。
1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する