mixiユーザー(id:4992209)

2020年06月23日18:43

27 view

クーラー修理と洗浄

今月に入って暑い日があったのでクーラーを動かした所、全然冷えない。ここ数年は効きが悪いと思っていましたが、それがさらに悪化したので修理をお願いしました。

購入から9年経っているので買った店舗での補償はとっくに切れています。それ以前に買った店舗が無くなっていますけど。

修理業者が確認すると「ガス漏れですね」クーラーには冷やすためにフロンガスが入っていますが、それが漏れているとの事です。ちなみにこのフロンガスは経年劣化で徐々に抜ける事もあるらしいです。

見積もりを出してもらうと、クーラー上部のフィンの部分をまるごと交換するので35,000円程かかります。微妙な金額で迷いましたが、修理してもらう事にしました。
ちなみにフロンガスの補充だけでも1万円以上かかります。

クーラーを壁から外して上部のフィンの部分を交換して(写真が交換した部品)室外機のフロンガスを補充してもらいました。こう書くと簡単に終わった感じですが、故障の原因を探したり、クーラーを壁から外したりその関係で配管や配線をいじったりと2時間くらいかかりました。明細見ると一番高いのは技術料となっていますがそれも分かります。
ちなみに部品代は9,000円。


その後、別の業者にクーラー洗浄をお願いしました。元々は先に洗浄をお願いしてあったのですが、最悪故障していると買い直しも考えないといけなかったので修理に先に来てもらいました。
洗浄をお願いしたのはおそうじ本舗です。

修理の時のパーツ交換時に他も軽く洗浄してもらったのでどうしようか迷いましたが、クーラーの吹き出し口から指を突っ込むと真っ黒なのでお願いしました。
クーラーは市販の洗浄剤を使って毎年自分で掃除はしていますが、奥の方までは手が届きませんので。

クーラー洗浄は、クーラーをばらして周りのパーツの洗浄、高圧洗浄機で吹き出し口から洗浄、乾燥の手順でした。本当は上部のフィンの部分も清掃するのですが交換したばかりでコーティングもしてあることから、フィンは掃除しない方が良いと言う事で上部のフィンは掃除していません。

外側のパーツが外れにくく業者は大苦戦していました。メインの高圧洗浄では汚れた黒い水がダラダラを予想していたのですが、あれ?思った以上に大したことないなと見ていたら、廃液のバケツの水は引くほど真っ黒でした。これならば頼んだ甲斐がありました。
最後に乾燥させて終了でした。

料金は20,000程。高く感じるかもしれませんが約3時間近くかかっていますので、これくらい取らないと割が合いませんよね。

合せて2回分解する所を見ていたので、クーラー洗浄に関しては自分でやってやれない事はないなとも思いましたが、手間や周りを覆うビニール代、高圧洗浄機のレンタル代などを考えると業者に任せた方がはるかに楽ですね。壊す心配もありませんから。

両方合わせると55,000円にもなってしまったので、新品のクーラー買った方が安かったんじゃないのかと言う感じです。せっかく手を入れたんだから、最低でもあと5年くらいはもって欲しいですね。

とりあえずこれで今年の夏の暑さを迎え撃ちます。
1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する