mixiユーザー(id:4992209)

2016年05月06日13:57

1165 view

同人誌即売会用のディスプレイ棚

昨日のコミティアで売り子をしてくれた涼宮和貴さんに、縦置きできるディスプレイの棚ってどうですか?と聞かれました。

最近では「あの棚」と言う名前でディスプレイ用の棚も販売されています。
これは一例ですがこんな感じの棚。
http://anodoko.net/blog/?p=574

買って使った知り合いもいますが、基本的に段ボール製なので強度に心配があるのと、たたんだ時に結構大きいと言う問題があります。
知り合いが買った棚には運搬用専用のトートバックが付いてきたそうですけど。

プラスチック段ボールと言われる素材で作ってある棚もありますが、素材がプラ段になると値段が跳ね上がります。

涼宮和貴さんの知り合いは木製で作成して、それをコミティアで販売していたそうです。
実物を見せてもらったのですが、かなりコンパクトに折りたため(段ボール箱に入るサイズ)強度も申し分ないのですが、いかんせん高かった。ちなみに8000円。
折りたたみのギミックが複雑ですし、木材を使っているのでそれを考えれば妥当な値段ではあります。
プラ段で作られている棚なら同じ程度の値段なので、それを買うのならこっちを買った方がかなりお得です。

作り方を本にして出したら本が売れるのでは?と聞いたら、まだ試行錯誤をしている状態でしっかりとした設計図がないそうです。ほぼ一品物に近い状態ですね。

面白いとは思いましたが、私の場合だったら自分で作ってしまいますね。工作が好きですから。

試しに自分なりに考えてみた所、設計図できちゃった(笑)
まだコストとか計算してないのでいくらかかるかも不明ですけど。

実際に作ってみないと何とも言えませんが、B5の本を横2列、縦2列置けるタイプです。
写真はイメージですが、およそこんな感じです。横に置くよりもはるかに目を引きますね。

やばいです。こうなると作りたくなってしまいます。

もう夏コミ受かったら、棚作って作り方をまとめた本出すかな(笑)
1 1

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年05月08日 11:32
    かざみさん
    需要はありそうなんですよね。しかもどう作ったら良いのか分からないと言う人も結構いるみたいです。
    これは人柱となって実験するしかないですね(^^)

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する