mixiユーザー(id:4992209)

2015年04月08日14:18

108 view

新型端末実験

イベント会場に持ち込むためのバッテリーの実験です。

まずは消費電力を調べてみます。
2つのユニットの合計が通常時11W、スリープモード9.7W、決済時15Wでした。
以前の端末機だと通常時17W、スリープモード15W、決済時30Wでしたので、以前の端末と比べると電力使用量は65%ほどです。

消費電力が減っているのですから手持ちのメインのバッテリーであればイベント中は持つことが確実です。
むしろこれだけ消費電力が少なければサブで使っていたポータブルバッテリーでも行けるのではないかと思って実験してみました。

メインのユニットは24Vです。手持ちのポータブルバッテリーは出力の切り替えが利くので24Vでも問題ありません。アダプタも付属の物で合いました。

問題はWi-Fiルーターの方です。ポータブルバッテリーにはもう1つUSB用の出力口があるのですが、合うアダプタがなかったのです。そんな時ふと100円均一でPSP(PSVita?)用のUSB充電コードを見つけましたす。形が似ていたので試しに買ってみました。失敗しても100円ですしね。
そうしたら、はまりよった。
Wi-Fiルーターは5.2Vとなっていますが、5VのUSB充電コードでも動きました。決済のテストでも問題なし。

あとは何時間持つかです。ちなみにポータブルバッテリーの容量は21000mA。
実際に試してみたところ、スリープモードで約10時間ちょい持ちました。これだと仮にずっと通常モードの状態でも9時間弱はもつ計算になります。

これはあくまでベストの状態なので最大値と考えなければいけません。ですがコミケでも開始から終了までが6時間ですから恐らく大丈夫でしょう。
また消費電力を分散する手段として、スマホ充電用の単3乾電池で動く充電器を使えばWi-Fiルーターの電力を分散させる事も可能です。出力がUSBになっています。これだったらたいした荷物にもなりません。

これならばポータブルバッテリーだけでもいける。

ですが実際にイベントに持ち込んで見ないことには何とも言えませんね。
とりあえず最初の実験の場は5月のコミティアになりそうです。

5月のコミティアは受かっています。 P32a とこしえ工房 です。

3 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する