mixiユーザー(id:4991516)

2020年04月06日22:09

119 view

カシワ・コカシワ

 さて、明日にも緊急事態宣言。

 人に会わない、人と対さない一人で行う昆虫採集・観察は、自粛の範囲内で良さそうなものだが、市街地内ではやりにくくなるかなあ・・・

 一昨日のネタ。東工大キャンパスで、枯れ葉の付いた大きめの落ち枝を叩くと、コカシワクチブトゾウムシがパラパラと落ちた。
フォト

フォト

 これまでゾウムシには苦手意識があり、しっかりと見てこなかったので、5頭ほど摘まんで持ち帰った。

 目的は、よく似ていると言われるカシワクチブトゾウムシとの見比べ。

 ところが、カシワクチブトゾウムシの個体が手元に見つからない。ド普通種と思って、あまり採集していなかったのだ。

 ようやく「これかな?」という2012年の採集個体を1頭掘り起こして、並べてみる。
フォト

 左:コカシワ(と思う個体)、右:カシワ(と思う個体)

 図鑑等の解説では、前胸背板の後縁が真っ直ぐ(コカシワ)か中央がせり出している(カシワ)か、などの区別が書かれているが、最も簡単な判別法は、前胸背板の後角が外側に突き出ている(カシワ)か、そうでない(コカシワ)かのように思われる。

 それだけだと、他にも紛らわしい種がいるのかもしれないが。
15 5

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年04月07日 09:28
    カシワは口上板に鱗片がないので、他の諸種とは区別できます。むしろコカシワ・ケブカ・コクロホシの区別は難しいかな。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年04月07日 23:27
    > mixiユーザー 

    この仲間で口上板に鱗片がないのがカシワだけであれば、それが手っ取り速いのかもしれませんね。コクロホシは見たことがないのですが、色や前胸背の形が少々異なるのでしょうか。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年04月08日 08:07
    そうですね。色について言えば、コカシワは鱗片に光沢がない感じ。あと、第一間室だけが淡色で、淡色縦条のようになっていること。したがって、上の写真の「コカシワ(と思う個体)」はコカシワでいいでしょう。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年04月08日 14:43
    > mixiユーザー 

    ありがとうございます。ただ、コカシワは第一間室が淡色というのは、例外がありそうです。ゾウムシデータベースの標本個体は第一間室が淡色ではありません。私が今回持ち帰った5頭のうち1頭もそんな感じでした。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年04月08日 21:02
    ふむ、地域性もあるのかな。稲城産はこの見分け方でうまくいくんだけど。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する