mixiユーザー(id:4991516)

2020年04月01日23:59

123 view

Hyotanzoという属名の虫

 コロナ問題で、留学生の受け入れの難度が日に日に高まっている。授業開始は先延ばしになったのに、かなり忙しい。

 そんな中ではあるが、九州大学の昆虫学教室でゾウムシの分類を研究している若き研究者に、ウエノヒョウタンクチカクシゾウムシを数頭送った。

 この機会に、以前見つけておきながら種が分からないままタトウ(四角紙)の中に入っている本種個体を、いくつか掘り出した。

 そんなタトウの一つが、上の画像。2013年6月上旬のもの。自宅隣にしては、わりと豪華な顔ぶれ。
16 6

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年04月02日 21:11
    会ったことはありませんが、Tさんでしょうか。叔母からゾウムシ界期待の新人と伺っています。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年04月02日 21:19
    > mixiユーザー 

    はい、Ts...さんです。博士課程におられるとのことです。期待されている方なのですね。機会があれば採集に一緒されたいとのことでしたが、確実に採集できる種ではないので、どうしようかと。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年04月02日 21:47
    やはりTs...さんでしたか。叔父がやり残した仕事を推し進めてくれる後進として、叔母もかなり期待しているようでした。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年04月02日 23:16
    Pさんのおひざ元出身ですね。故市橋さんの秘蔵っ子でした。小学生の頃から活躍していました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年04月07日 23:16
    > mixiユーザー 

    そうですか。ゾウムシ界のエースとなるべき人材なのですね。私の採集個体が彼の業績の一助となればいいのですが。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年04月07日 23:17
    > mixiユーザー 

    三重県出身なのですか。実力者を輩出する県ですね。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する