mixiユーザー(id:4991516)

2020年03月30日22:53

106 view

今晩の隣の神社

 今晩の隣の神社。屋根から落ちた雪がまだ溶けずに残っている。
フォト

 しかし、シラフチビマルトゲムシは低温に強い。4頭見つかった。
フォト

フォト

 この冬は、頑張る成虫が見られなかったが、春になって数を増やすのは例年どおり。

 ところで、前にも書いただろうけれど、この神社ではシラフチビマルトゲムシを日中に見たことがない。ときどき昼間に気合を入れて探すこともあるのだけれど。

 この虫が「昼間に活動しない」という証明はできないが、主な活動時間が夜間(しかも夜遅く)であることは、この場所に限って言えば間違えない。
11 6

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年03月31日 20:48
    時々昼間のビーティングや崖上にあるコケを手で払うなどで落ちてきたことがありますが、基本個体数はわずかです。やはり夜間活動が基本の虫ではないかと思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年03月31日 21:20
    福井の低山では、芝のような超背の低い草地にチンタラ歩いている姿を見ます。5月の連休当たり。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年04月02日 21:12
    > mixiユーザー 

    私がこの虫に最初に出会ったのが、真昼間の多摩川河川敷でした。したがって、昼間の虫、というイメージだったのですが、この場所で真冬の深夜に見つけて驚きました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年04月02日 21:14
    > mixiユーザー 

    チンタラ歩いているのは、やはり昼間でしょうか。昼間に見られる、というのが一般的なイメージではないかと思います(が、よく分かりません)。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年04月02日 23:08
    そういえば、わたしもGWの木曽川河川敷で、砂の上をちんたら歩いているのをいくつか拾った記憶があります。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年04月07日 23:13
    > mixiユーザー 

    昼間に活動しているのですよね。我が隣の神社が不思議な場所なのかもしれません。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する