mixiユーザー(id:496881)

2018年02月24日13:02

103 view

当初の用途からはずれて

昨年秋に入手の小径車は予想以上にスピードが出ないのみならず、カーブの際どころか、ちょっとでもハンドルを切ると1回転分だけゴリっと後輪に違和感あり。 歩くよりは速いかしれないが、とにかく自転車としては空回りするように汗だくになり、太ももに負荷でようやく一般ママチャリ速度な感じ。


これに乗ってたら、やせるんじゃないだろうか?……などとツイートしたが、そんなようだから結局月に2〜3回しか乗らずに年末に至る。「年が明けたらもうちょっと乗ろう」と思い、1月5日の御用始に駅と往復したのだけど、3連休中にタイヤの空気が抜けてるので入れようとすると、後輪が裂けていた。


リムに沿って10センチ程度、バリッと避けている。購入時添付書類を見ると「1年間保障(フレームに関してのみ)」「不具合については3ヶ月間対応」とある。受け取りから3ヶ月と1週間……タイマーかよ!? とりあえずタイヤの避けてる箇所をデジカメ撮りして販売元に問い合わせ。


初期不良ということで後輪のタイヤを送ってくれることになる。でもアレだ。不具合が一箇所と決まったわけでもなく、この後にトラブった場合はクレーマーみたいで言いづらいわなぁ。開封してすぐ「こことここが駄目」ならともかく。それに何か合ったら大怪我に関わる。


もしも出来たら「欠陥品として送料着払いで回収してもらえませんでしょうか。その代わり他の自転車を買いますから」と問い合わせるが、それは不可。やがてタイヤ到着。地元の自転車店で交換してもらう。するとタイヤのみならず、出荷時状態から調整してくれたのか大幅に違う。交差点で曲がってもゴリッと違和感はない。

これでも一般車からしたら太腿に負荷大なのかしれないが、以前のを知ってるので全然普通に思える。またブレーキの位置が出荷時のままで、ハンドルに対して変な角度だったのも直してもらえた。しかし、事故ったら命に関わる……そしてそのままハードオフへ。
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する