mixiユーザー(id:496881)

2015年09月29日21:37

160 view

まぁ、ストーカー騒動のせいで

一年ぐらいは何を言っても「はいはい、そういうキャラ作ってるわけね」「大変だね…いわゆるアングル。仕事中は毒とかトゲとか出しといて、収録の前後は挨拶するわけ?」「ビジネス○○って奴だね」と見られかねない。
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=17&from=diary&id=3639374

かつてトニー谷さんが傲慢な芸風だったのが、誘拐事件で父親の顔を見せてしまった結果、以前のようなタレントとしては使えなくなってしまい、次第に仕事も減っていったとか言われてるけど。

頭の回転は速いわけで、TVでのトークも流石とは思うけど、その枠内じゃアピールが弱いから名前の知れてる人にからむことで話題性を作らずにはいられないわけか。
いっそのこと芸人にダメ出しするのを売りに出来たら良いのだろうけど、そうも行かないだろうし。

一方、通常ならコンテストで優勝するくらいだからマンザイでも上位の方だし、現時点で品川庄司がコントとかでそんなに面白い方とは(他のコンビと比較して)思えないのも一般視聴者の同意を得られるところかしれないけど。
それを言葉にしてしまうと「自分らはもっと面白い!」とハードルを上げてしまうわけで、ちょっと面白くても当たり前、そこそこ笑えそうであっても「でもそんなに言うほど凄くはないじゃん」ということで。
心がけ……克己心、向上心としてならそういうのも悪くはないだろうけど、自分で自分の首を絞め続けてしまう。

相方が目の手術で入院中に一人で出るようになって……と話せば視聴者側は「こいつのことだから、ピンでも行けるとか言うんだろうな」と条件反射的に連想してしまうと、「あぁ、俺ひとりでもやってけるなと思った」となるわけで。
そういうことを言うのが約束なキャラだし、それを言ったからって特に面白いわけでもないし、険悪な印象が上塗りされるだけ。

つらい立ち位置にいながらも懸命なんだろうけどね。
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する