mixiユーザー(id:496881)

2015年06月16日01:03

79 view

陥没

数年前、「爪白癬は皮膚よりも厄介なので専門の病院へ」というのを雑誌記事で見た時、既にそれらしきが左足親指にあった。
爪の中の右側にポツンと長さ5ミリ、幅1ミリぐらいな白い変色。
「専門の病院へ……って、そんな大げさな。どうにでもなるだろう」と変色部分の半分くらいを切り落とすべく深爪したり、表面をヤスリで削ったりとか、時々していて。
先月で、「もう後少し、先端部寄りになったところを切り取れば」という感じになりながら中々伸びず、厚くなるばかりで……と思っていたら。
3日前、しばらくぶりに見たら、付け根側が三分の一ほど白濁食に変色していて。
(えぇ〜〜、一気に悪化してしまったか。これじゃさすがに通院せざるを得ないか?)
とりあえず表面を削るが特に変色した部分が減ったようには見えない。
カッターの刃で削ぎ落とすのは流石にリスキーな気がして、毛抜きの先端部で強めに引っかけば少しは削れるか? と試してみたら……ボロッと陥没。水面に張った氷が崩れるように、その部分に穴が出来る。
(エェっ!?)
爪の中に平べったい空洞ができていたようで、毛抜きではさんで引っ張ると表面が左半分、ベリッと剥がれた。
陥没の下側では新しい爪が固まりかけている。

ググってみると、正常な完治過程なようでもあり。
http://www.nakahifuka.com/QaA3.html

わかってれば何でもないことながら、知らないと驚かさせられるものだねぇ。
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する