mixiユーザー(id:49482346)

2015年06月27日14:02

113 view

実は凄い作品だった?

先日紹介した映画
『シャークトパスvsプテラクーダ』
フォト


…今観てます…(^_^;)

制作したのは、2014年…
…なんと、去年でした!((((;゚Д゚)))))))

あの後もう少し詳しく調べてみたら、元々はアメリカの『テレビ用映画作品』で『シャークトパス』という作品があったそうです

それが、B級ながらのまさかの大ヒット☆

今回の作品は、その正当なる続編でした!(笑)


…だから、映画の開始5分でシャークトパスは殺られてたのか…
…あれは多分、『シャークトパス』のラストだったんだろうな〜(´Д` )


今作の対戦相手、プテラクーダ…
プテラノドンとバラクーダという魚を合体させた怪物とのこと…
フォト


…これが、バラクーダという魚です
…デカい…肉食です…((((;゚Д゚)))))))

…デカく見えるのは、多分『遠近感』だと思います…

バラクーダがカメラの手前にいて、少し奥の方にダイバーがいるっていう…

でないと、このサイズ差…
怖すぎる…((((;゚Д゚)))))))




日本では、オニカマスという名前だそうです
…和名があるって事は、日本にも生息してるって事なんだろうな〜(´Д` )

…怖っ…(~_~;)



B級映画らしく『それは絶対にない!』というシーンがありました☆

夏のビーチで、シャークトパスに頭を食べられてしまった男性…

よほど不味かったのか、ペッと頭を吐き出すシャークトパス…

その頭が運悪く、ビーチバレーをやってる集団の方向に飛んで行って…

バレーボールと入れ替わった!((((;゚Д゚)))))))

血飛沫が飛び散ってるのに、それに気付かずにプレイ続行!((((;゚Д゚)))))))

レシーブ!トス!スパイク!

そこでようやく『キャー!』という悲鳴と共に、パニック!((((;゚Д゚)))))))

…あり得ない!(^_^;)

…B級だから許されるのかも…(´・Д・)」
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する