mixiユーザー(id:492091)

2021年10月14日13:40

23 view

映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』作品レビュー〜「人間」ボンド深いドラマ性

【ネタバレあり】そんなにネタバレしていません。あしからず(^^ゞ
映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』作品レビュー〜「人間」ボンド深いドラマ性

公式サイト
https://www.007.com/no-time-to-die-jp/

 見終わって、あぜんとしました。あり得ない。「007」シリーズを長く見続けてきた人ほど、そう思うに違いません。衝撃的な結末でした。
 ネタバレしてでも訴えたい点は、エンドロールで打ち出される、お馴染みの『007は帰ってくる』という一文字。アベンジャーズだって、一旦は締めくくったのだから、ジェームズ・ボンドもこのまま終わりにして、新たな007でリブートしてほしいものだと願うばかりです。そう叫びたくなるほどのクレイグポンドの見事な完全燃焼ぶりでした。もう彼は戻ってこないでしょうけれど、映画ファンの記憶に永遠に残るエンディングでしたね。 
 ダニエル・クレイグが、初めてジェームズ・ボンドとして登場したのは、2006年のシリーズ21作目「カジノ・ロワイヤル」。以来この25作目まで、クレイグが演じた5本は壮大な一つの物語になっています。今回も前作「スペクター」のラストから、物語は始まります。手に汗握るカーチェイスに、火薬・弾薬の大量消費、世界を股にかけて製作費を惜しまぬ娯楽映画の醍醐味は、今回もたっぷり味わえました。

 英国のスパイ組織M16を引退したボンドは、前作で恋人となったマドレーヌ(レア・セドウ)とイタリア・マテーラで平穏な生活を楽しんでいました。
 ボンドは過去と決別するため、かつて愛したヴェスパー・リンドの墓を訪れたのでしたが、そこにスペクターの紋章が描かれた一枚の紙を見つけると直後に墓が爆発し、ボンドはダメージを負ってしまいます。
 ホテルに残したマドレーヌの身を案じたボンドは、襲撃してきたスペクターの傭兵たちと交戦しながらもマドレーヌと合流します。傭兵の一人であるプリモ(ダリ・ベンサラ)の発した言葉や刑務所に収監中のブロフェルドからの電話でマドレーヌの裏切りを疑いながらも、武装したアストンマーティン・DB5で追跡者たちを振り切るます。それでもボンドは彼女への疑いを拭いきれず、到着した駅でマドレーヌを突き放して決別してしまうのでした。
 5年後。ジャマイカで平穏に暮らす彼は、旧友のCIAエージェントのフィリックス・ライター(ジェフリー・ライト)から、誘拐されたロシアの科学者救出を依頼されます。      
 岩肌に掘られた洞窟住宅がひしめくイタリアの町マテーラ。絶景の中、石畳の道や階段を、車で、バイクで、ボンドが疾走します。敵に追い詰められるとロープをつかみ、橋の上から空を飛ぶ。さらに集団相手の銃撃戦。生身の格闘。降り注ぐ手投げ弾……。いつも通りの豪快なアクションに次ぐアクション。特に冒頭のマテーラでの攻防はすごかったでした。車や腕時計に仕掛けられた秘密兵器の数々に、お決まりのセリフも登場します。「007」に期待される要素はきちんと用意されていました。
 けれども本作の真の魅力は、これまでになく人間としてのボンドに迫っていることでしょう。
 
 1962年以来、ショーン・コネリーをはじめ様々な役者が演じてきたボンドは、洗練されているがマッチョで、現実離れしたヒーローでした。スパイの代名詞となりスパイ映画というジャンルを作り上げましたが、ボンドガールと呼ばれる女性たちとすぐにベッドに入るボンド像は、次第に時代に合わなくなっていきました。
 クレイグ版5部作は、そんなボンド像を引き継ぎつつ、スパイ映画というジャンルを超えてより深いドラマ性を加える試みでした。それは成功したといえるでしょう。ボンド起用当初、ロシアのマフィア風と揶揄されたクレイグは精悍さを増す一方で、女性への感傷に浸りがち。でもそれはたとえ超人的なヒーローであったとしても、愛する者に対する思いがしっかりと息づいて、胸を打つドラマとなったわけです。
 個人的にはパロディーに徹した10作目「私を愛したスパイ」がシリーズで一番好きだという人は多いのかもしれません。でもこの最新作は別格だと思います。スパイのアイコンだった「ボンド」が、この作品で初めて、一人の「人間」として語られる存在となったのですから。
 
 余談ですがボンドが死闘を繰り広げた敵の娘、ボンドガールは複数登場するのが毎作のお約束。メインのマドレーヌ以上に目を引くのが、科学者を救出する場面でボンドのパートナーとなるキューバのCIAエージェント、パロマ役を務めた超美人のアナ・デ・アルマスでした。
 「わたし、まだスパイ研修して3週間なの」とウブな微笑みで現れますが、胸元が大きく開き深いスリットの入ったロングドレスからハイキックを繰り出して大暴れ!前半しか登場しないのが実に惜しいです。パロマを見るためだけに、もう一度観たいくらいですから。
 
 日系人監督らしさが出た衝撃的なラストに賛否渦巻いています。でもあまり語りたくはありません。それでも163分間の長尺は絶体に飽きさせないことをお約束しましょう(^^)(日本公開:2021年10月1日/上映時間:163分)

結末までの詳しいあらすじがWikiで紹介されています。
https://ja.wikipedia.org/wiki/007/%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%83%88%E3%82%A5%E3%83%BB%E3%83%80%E3%82%A4



5 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年10月14日 17:40
    勉強になりました〜。
    早く観たいです指でOKぴかぴか(新しい)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年10月15日 21:06
    観ました!!とてもおもしろかったです!!
    今のコロナ禍を少し考えさせられる映画でもありました。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2021年10月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31