mixiユーザー(id:48912531)

2020年08月01日23:10

334 view

ドイツに帰ってやっと分かった「日本のコロナ感染者数が少ない理由」

国内の感染者 2日連続1500人超
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&from=diary&id=6179522

タイトルは川口マーンさんの記事タイトルをそのままコピペしました。
https://news.yahoo.co.jp/articles/1c2fa64be0dd370c63736b7804a41e4a75c012e6

川口マーンさんと言えば私はyoutubeのチャンネル桜でよく拝見させて頂いていますが、ドイツ在住でドイツの防疫対策など、コロナ対策もよく教えて頂きました。テレビの某医師は「検査が・・・ドイツを見習え」※と言いますが、ドイツは日本の7倍の感染者(現在前は11倍差だった)と9倍の死者を出しています。この記事によると現在も1週間で100万件の検査を行っているそうです。本当に意味があるのかは疑問ですが・・

※先日ドイツの防疫長が「日本は模範とすべき国だ」と発表しています。互いに他人の芝生は青く見えているのかもね。

マスクで予防は出来ない。これは世界の多くの専門家もWHOも認めている。1番重要なのは手洗いだと思う。感染経路は大きく分けて2つ。飛沫感染と接触感染だ。飛沫に関してはマスクは効果はある。ただそれはあくまで自分がまき散らかさない、と言うだけだ。

そして接触に関しては体内に至る経路は目か口か鼻のいずれか、である。そして多くの場合手、それも指先が介する事が多い。なので手洗いを頻繁に行う事が最善策になる。これは政府が言うほどしっかり洗わずとも効果はある、と京大の研究チームが発表している。時間が無い場合指先を中心に15秒ほど水だけで流すだけでも効果はあるそうだ。コロナウィルスは一定量体内に入らない限り感染力はない。前述の水だけで流してもウィルス量を100分の1に抑える事ができ、結果として感染必要量以下に出来るそうだ。

政府対策としてはドイツは日本よりずっと良くやっていると思う。
ただ結果が伴わないのは、地理的優位性と国民意識の差、これに尽きるでしょう。
米国だって日本の何倍もの予算を使い、考え得る対策を次々実行している。
呑気にGO TOなんて政府が主導しているのとはわけが違う。

だがそれでも欧米は止まらない。それは個々の衛生知識と危機管理能力の差と言う他ないだろう。大変失礼ながら米国は特に貧富の差も激しく、全てを救うにはまず意識改革から必要だと思う。
17 8

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月01日 23:16
    地理的優位性(優位かどうかはわかりませんが)からくる危機管理能力に対しての国民意識の差はあるかもしれませんね。3つのキーワードをひとつにつなげてみました、以上ニュースより。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月01日 23:19
    > mixiユーザー 
    やはり周囲が海と言うのは不法移民、難民の防止や疫学的な防衛にも役に立っているでしょう。EUは国境閉鎖するまで物凄い速度で感染が広がりましたからね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月02日 00:31
    飛沫を飛ばさなければ感染はおきない。感染拡大を防ぐためにもっとも有効なてだては全員にマスクをさせることだろう。そういう意味で、マスクは絶対に有効なのだ。
    ウィルスキャリアがマスクをしてなければ、いくら自分がマスクをしていても防げないという意味では、防御としてのマスクの有効性はないかもしれない。自分の身を守るためには、マスクをしてない人からできるだけ遠ざかるのが最良の方策だろう。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月02日 04:32
    > mixiユーザー 
    自分がワンフレーズで使っているのは「マスクは他人のため、手洗いは自分のため」です。部屋の中の全員が他人の為を思ってマスクをすれば誰もが感染しない。だが一人でもしなければ全員が危機になります。マスクの過信はいけない。特にフィルターの入ってない布マスクは気休め程度にしかなりません。かと言ってN99フィルターのマスクは高齢者は息苦しい、と避けている人が多い。

    逆に手洗いは足りていないと思う。自分は1日10回程度は洗っていますがこれはデスクワークで余り他人との接触が多くないから。でも営業等動き回る人なら 20回は洗いたい所。日本では多くの人がマスクをしていますから飛沫感染よりは接触感染の方が多いと思う。今自分が触れた場所にウィルスが付着しているか、なんて誰にもわからない。なので自分で自分を守るにはひたすら手洗いをしてウィルスを体内に入れない様にするしかない。
    本当に身を守るには手洗いだと思いますよ。感染した人は恐らく手洗いをあまりしていなかったのでは?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月02日 09:21
    衛生観念の違いは大きいと思います。あと土足文化じゃないのも大きいかと。

    米国で感染爆発しているのは、米国人の多くが肥満体系になっており成人病・糖尿病に罹っていたのに医療費が高額だから治療を躊躇い、免疫機能が低下しているのが一因だと私は思います。

    新型コロナウイルスは免疫機能が正常な人は自然免疫でウイルスが体内に入ってもやっつけるようです。それでもダメな場合、B細胞が抗体を作ってやっつけるそうですが、新型コロナウイルスはステルス戦闘機のように抗体を騙して抗体に攻撃されない仕組みを持っているようです。

    免疫機能はストレスを抱えることや睡眠不足でも低下します。また武漢肺炎と言われるように肺炎を併発します。喫煙者は非喫煙者に比べて何倍もリスクがあると思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月02日 10:05
    こんにちは。

    > ヒデアキさん

    マスクは他人の為ならず、めぐりめぐって己が為。 ですね。
    (元ネタは「情けはひとの為ならず、、、」です)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月02日 10:47
    > mixiユーザー 
    肥満はよく海外の意見を読んでいると「日本人は太ってる人がいないから」と言う声は多いですね。ただ糖尿病は少なくないのです。ちょっと専門的な話になりますが欧米人はインスリン抵抗性優位の2型糖尿病が多く、日本人はインスリン分泌優位の2型が多い、と言う違いがあります。簡単に言えばインスリンの分泌が少ないので(欧米人の半分と言われている)欧米人程太っていなくても糖尿病に罹ってしまいます。日本って世界6位の糖尿病大国なんですよ。まあ要因は複雑なので正直わかりません。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月02日 10:52
    > mixiユーザー 
    いらっしゃいませ。まあ最終的には、ね。疫学的にも何か1つでパンデミックを食い止めるなんて不可能な訳で世界に拡散する疫病相手であればあらゆる手段を講じる必要がある。ただ日本人にとってマスクは非常に低いハードルなので手洗いよりも誰もが実践するでしょう。なので自分はむしろ手洗いを励行する事を主眼に置いている訳です。「自分のため」と思えば面倒がらずにこまめに洗うようになるだろう、と。広義で言えば全ての防御策は「己の為」です。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する