mixiユーザー(id:48912531)

2020年05月02日18:51

87 view

デマペーパーは読む価値は0

■新型コロナ、国内死者500人超=東京は新たに160人の感染が判明
(時事通信社 - 05月02日 16:30)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=4&from=diary&id=6069316

日本経済新聞(以下日経)はちゃんと「現在感染している人」のチャートまで掲載している。WHOが別枠にしているクルーズ船まで合算して水増し記載するのはさすが捏造新聞だ。

https://vdata.nikkei.com/newsgraphics/coronavirus-japan-chart/

感染ペースの鈍化で「感染している人の数」も頭打ちの兆しがある。5月1日は9926人で、1週間ぶりに1万人を下回った。 回復者の数が増えて来たので新規がこれ以上増えない事が収束の条件になって来る。仮に新規0人なら15日程度で感染者0人になると推察される。

なぜこうした計算が出来るかと言えば日経は感染者の年代別データもありそこから見る限り1番感染が多いのは20代なのだ。危険水域の70代などは絶対数は1番少ない。だが重症化しやすい。つまり殆どは無自覚あるいは軽症で治ってしまうと言う事。それだけに新規が増えなければ現在感染してる人は2週間以内に殆ど治ると推察できるからだ。

報道と言うのはこうした正確なデータに基づく物で無ければ意味がない。朝日や毎日系は印象論ばかりでファクト(事実)がない。
こうした事実をきちんと報道すれば、頑張る自粛企業らも、「あと半月我慢すれば」とやる気も出てくる。毎日クルーズ船を合算して水増しした数字をデカデカと表記し、「感染拡大!過去最高(累積なので当たり前)」「死者500人超!(クルーズ船の外国人も含む)」と掲載し不安を煽る。

問題は「累積感染数」ではない。「現在何人の感染者がいるのか?」と言う事だ。
「累積死者数」が問題なのではなく、「重篤患者がどれだけいるのか?」である。
報道はこうした「正しい報道姿勢」を示さないのならば、ただの邪魔なだけのフェイクニュース製造紙でしかない。
3 6

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年05月02日 21:00
    ついてに言えば80代以上だと重篤化すると死亡に至る率は更に高まるが、それでも感染者に対する致死率は12%超くらい。ざっと8人に1人。多いか少ないかと問われると悩ましいところだが、少なくとも『罹患すれば死ぬ』的な大騒ぎをすべき病かどうか…。(この年代になると既存の病だって十分に危険です!!)
    冷静に予防対策を怠らず、また過剰に反応しないことが肝要かなと思う日々です。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年05月03日 00:46
    > mixiユーザー 
    そうです。元々日本男性の平均寿命は81歳です。少し前に日記に概念論を書きましたが、人間はどうせ死ぬのです。その理由が老衰ならベストですがその手前まで来れば風邪1つで亡くなるもの。特にコロナ肺炎が恐ろしいから死ぬ、と言う訳ではないと思う。逆に若年層にとっては亡くなる病気ではない、とも言える。過度に恐れて経済活動を殺す方が余程危険と言えます。だが日本の新聞やテレビはとにかく煽る。例外的に複数の病で免疫が落ちた若者が無くなれば「20代でも安心な病気ではない」と騒ぎ立てる。1億2千万人もいれば1人や10人は例外はいるのは当たり前。受け取る側が冷静にならねば、ね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年05月03日 01:21
    > mixiユーザー そうですね。
    ”コロナで死なない”若者が"ウィルスをばら撒く"から感染者が増加する!! の論調は、色々とツッコミ処がありますしw
    (中には高齢者を殺して回るのと同じ、とまで揶揄する意見も散見されましたが… 流石に被害妄想でしょう。)
    「濃厚接触者」の定義というか、解釈がどんどん拡大されている様にも感じます。それこそ、手を触れただけで感染するかの様な…。
    お金がキレイとかキタナイとかも話題に挙がっていましたが、お金なんて雑菌塗れなのは周知の事実。また触ったからといって病気になる訳でもなし。手洗いとかの当たり前な衛生行動で防げるコトまで大袈裟に騒いで、一体どんな得があるというのでしょうかねぇ?

    注目を集める必要性も判りますけど、少々、報道内容に問題があるように思えてなりません。もう少し事実を正しく報じて欲しい気がします。(事実から都合よく一部のみを拾い上げて、そこばかりクローズアップして煽るからマスゴミ等と揶揄されるのでしょう…)
    ただ不安を煽るのではなく「どう対処/対策するべきか」とか、その「対策の意味/原理」を判り易く解説するとか。
    情報化社会と呼ばれるようになってそこそこ経ちますが、"正しい情報"こそ求められると思うのですがねぇ…。
    安易に答えを求める側も問題ですし、読み手の数(視聴率など)ばかりに注目して話題性ばかりが先行する報道も問題でしょう。この悪い意味での相乗効果は、報じる側も受け取り側も注意して改善していきたいものですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年05月03日 03:32
    > mixiユーザー 
    ネット上ではテレビの嘘は有名なのですが残念ながら高齢者ほどテレビや新聞で情報を仕入れる。結果間違った恐れ方をしてしまう。1つ前の日記に京大チームが出した提案書の内容を書きましたが、これを実行するのが現段階ではベストと思われます。要するに接触率などに注視するのではなく、いかに感染を防ぐか?に全力を注ぐべき、と言う考えです。感染経路ははっきりしているのです。目、口、鼻の3つからと。なので接触=感染ではありません。この点はテレビも嘘は言っていないが残念だがネイティブなニュースを10とするとせいぜい1程度しか注意喚起をする報道はありません。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年05月03日 13:42
    > mixiユーザー はい、同感ですね。残念ながらホント同感です。

    covid-19は空気感染しない。とは、当初から言われていたことです。従い、経口感染をしない様に対策すれば良いのは明らかです。飛沫感染はかなり近づかないと(1mないし1.5m以上は飛ばないと言われています)感染しないですから、特に近距離で大声で話すような事をしなければまず起こりません。
    これらは当初から判明していたこと。故に「3密」が唱えられたと私は解釈しているのですが…。
    2〜3月頃は、それでも感染者が増え続けていたので、冷静に対処できず不安ばかりが先行した人が多かった、、、ということでしょうかねぇ? 潜伏期間の情報が当初3〜14日間とかなり幅がありましたし、もっと長いとする研究結果もあった様に思います。そのあたりが『対策効果がない⇒更に別の対策が必要』という誤解/錯覚/脅迫観念を助長したのでしょうか。
    潜伏期間が長いので、そもそも対策を始めてから効果が現れるまで時間が掛かるのは当たり前なんですけど…。

    また酷な言い方ですけど、これだけITが普及した時代にあって、TVと新聞以外の情報を全く気にしないというお年寄りの方については… 残念ですが「身から出た錆び」に類するものかと。日本は比較的裕福な国といって過言ではないと思いますが、それでも、決してゆとりのある国でもありません。子供ではない以上、ご自身のことはご自身で管理する責任があるでしょう。
    若い方に目立つ少々? 判断の甘すぎる行動も、同様ですね。知らなかったとしても、無責任でしょう。

    とは言え、マスゴミの偏った報道は業腹ものですがね!!
    「嘘は言っていない、が正しいことを全て語ってもいない」は、交渉術としてはアリでしょうけれども、それを公共に流すというのは… 結局はモラルの問題なのかも知れませんが。本当に残念ですな。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年05月03日 23:23
    ネイティブ × ネガティブ 〇 寝ぼけていたようです

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する