mixiユーザー(id:486726)

2020年02月14日21:50

10 view

2019年度<合格体験記>(31)(英語)

2019年度<合格体験記>(31)(英語)

●英語(メルマガ読者、セミナー参加者、動画利用者、教材利用者)

ー験の動機

英語や旅行は元々好きな方でしたが、知人から英検1級と通訳案内士資格の両方を取得した話を聞き、自分も、もしかしたら、いずれ合格できる可能性があるのではないか思い、勉強を始めたのがきっかけです。
英検1級は市販の教材や各種情報が充実しており良かったのですが、通訳案内士はかなり情報が乏しく、暗中模索なスタートでした。しかし、その知人から紹介頂いたハローの存在が受験の後押しをしてくれました。
予備校や英会話レッスンなど一切受けず、完全な独学、足掛け3年掛かりましたが、ハローの教材、メルマガ等を徹底的に活用し(勉強方法はノートや鉛筆など一切使わず、ただ、ひたすらハロー等から頂いた情報を視聴/熟読/暗記する形)、そのお陰で何とか合格させて頂きました。大変有難うございました。

第1次試験対策

<試験結果推移>

2017年度→2018年度→2019年度

<英語>免除(英検)→免除(英検→)免除(英検)
<日本地理>49点(不合格)→86点(合格)→免除(前年合格)
<日本歴史>86点(合格→)免除(前年合格→)76点(合格)
<一般常識>51点(不合格)→41点(合格)→免除(前年合格)
<通訳案内の実務>N/A 50点(合格)→免除(前年合格)
<二次試験>N/A 不合格合格

<英語>(17免除→18免除→19免除 by 英検1級)

<日本地理>(17:49点、18:86点、19:免除)

17年度の勉強方法は、市販の参考書(語研、成美堂)を軸に行いました。
ハローの教材は、Youtubeセミナーを1回のみ視聴、さらに資料を3回程熟読した上で、特訓1800題を10回程度実施した結果、概ねいつも合格水準をキープしていたので、地理の勉強はそこそこにして苦手の歴史に注力。地理の結果は、まさかのサプライズ敗退でした。
18年度は、17年度の反省より、以下の如く、ハローの教材を軸に取り組みました。

|詫の直前セミナーに参加。
△修両紊妊札潺福爾瞭芦茲魏めて1回視聴。
さらに、セミナー資料を4回熟読。(リンクもクリック)
な箒として、マラソンセミナーを2ラウンド視聴、更に、資料7回熟読。(地図帳含む)
シ箚峪間には、Flashcardで地理の問題トライ。

上記の結果、18年度は大きく躍進して合格。オーソドックスな問題が多かったこともありますが、マラソンセミナーで基礎力を付けたことが勝因と考えています。


<第1次筆記試験【問題】>→ https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe
<最重要事項のまとめ> → http://www.hello.ac/matome.geo.pdf
<直前対策セミナー>(日本地理資料)→ http://www.hello.ac/2019.7.6.pdf
<直前対策セミナー>(日本地理動画)→ https://youtu.be/ezXAqLrWSk8
<マラソンセミナー>(日本地理)(12講義24時間)→ https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/aa9caa987007e8ef9f390a0a88c6e667
<項目別地図帳> → http://hello.ac/geography/map.pdf
<都道府県別地図帳> → http://hello.ac/map.prefectures.pdf
<特訓1800題>を使い倒せ! → http://blog.goo.ne.jp/gu6970/c/56e18e234050ec5f9ab991de649627c2
<Flashcards Deluxe>(暗記カードアプリ)を使い倒せ! → https://blog.goo.ne.jp/gu6970/c/8241111d973c4517667a7e470e4ed105


<日本歴史>(17:86点、18:免除、19:76点)

17年度の勉強方法は、基本的に市販の参考書(語研、成美堂)を軸に行いました。
ハローの教材は、Youtubeセミナーを1回のみ視聴、さらに資料を3回程熟読した上で、
特訓1800題を10回程度実施した結果、歴史はいつもNG状況でした。従い、FlashcardsDeluxeを使い、歴史に集中的に取り組みました。幸い17年度の歴史はオーソドックスな問題が多かったこともあり、想定外で、何とか合格できました。

しかし、18年度の二次敗退により、19年度免除が切れた歴史を再度トライ必要となりました。
17年度一度合格しているとはいえ、17年度の問題がやさし過ぎたこと、通訳案内士試験問題のバラツキ状況を考えると再受験は非常に不安でした。ただ、一次試験が歴史のみに集中できる19年度を逃すと大変なことになるため、今回確実に合格点を取得すべく、17年度以上に時間を掛けることにして、精力的に取り組みました。

.泪薀愁鵐札潺福嫉訥3回+マラソンセミナーテキスト6回熟読
直前対策セミナー視聴1回+テキスト5回熟読
詳説日本史B(山川出版)3回熟読
い發Π貪抛匹狷本史(山川出版)3回熟読
ツ饗日本文化史4回熟読
Α稙歎1800題>隙間時間
АFlashcards Deluxe>隙間時間

2019年度の歴史は、見たことのないような問題が沢山ありましたが、マラソンセミナー等で基礎力がついていたこと、さらに地理や一般常識の知識を含めた総合力による消去法で正解を見つけ出すことができたことが勝因と考えています。

<第1次筆記試験【問題】>→ https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe
<最重要事項のまとめ> → http://www.hello.ac/matome.his.pdf
<直前対策セミナー>(日本歴史資料)→ http://www.hello.ac/2019.6.30.pdf
<直前対策セミナー>(日本歴史動画)→ https://youtu.be/gec9HWCS0mw
<マラソンセミナー>(日本歴史)(12講義24時間)→ https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/aa9caa987007e8ef9f390a0a88c6e667
<Flashcards Deluxe> → https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/5453925522e7fc930961b9911dac446a
<日本史の時代区分と各文化の特徴> → http://hello.ac/timeline.pdf
<特訓1800題>を使い倒せ! → http://blog.goo.ne.jp/gu6970/c/56e18e234050ec5f9ab991de649627c2
<Flashcards Deluxe>(暗記カードアプリ)を使い倒せ! → https://blog.goo.ne.jp/gu6970/c/8241111d973c4517667a7e470e4ed105


<一般常識>(17:51点、18:41点、19:免除)

17年度の勉強方法は、市販の参考書(語研、成美堂)を軸に行いました。
ハローの教材は、Youtubeセミナーを1回のみ視聴、さらに資料を3回程熟読した上で、特訓1800題を10回程度実施した結果、概ねいつも合格水準をキープしていたので、一般常識の勉強はそこそこにして、苦手の歴史に注力。一般常識の結果は、まさかのサプライズ敗退。
過去出題されていた政治や経済(比較的得意としていた領域)が全く出ず、観光白書、アニメや時事ネタといった苦手分野で点数を十分獲得できなかったことが敗因でした。
18年度は、17年度の反省より、以下の如く、ハローの教材を軸に取り組みました。

…樵哀札潺福爾忙臆叩
△修両紊妊札潺福爾瞭芦茲魏めて1回視聴。
さらに、セミナー資料を11回熟読。(リンクもクリック)
い修靴董▲札潺福爾把困い殖庁孱帖塀〜と潜伏キリシタン関連)を各1回視聴。
グ貳名鐚韻諒箒として、観光白書(H29/H30)を各4回熟読。
Ψ箚峪間には、Flashcardで一般常識の問題トライ。
Э景垢濃事ネタ、訪日外国人絡みの記事を日々チェック。

上記の結果、18年度は大きく躍進、合格。観光白書、直前セミナー、時事ネタ等で基礎力を付けたことが勝因と考えています。

<第1次筆記試験【問題】>→ https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe
<最重要事項のまとめ> → http://www.hello.ac/matome.gen.pdf
<直前対策セミナー>(一般常識資料) → http://www.hello.ac/2019.7.21.pdf
<直前対策セミナー>(一般常識動画) → https://youtu.be/b2SazqzhZGk
<マラソンセミナー>(一般常識)(12講義24時間)→ https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/aa9caa987007e8ef9f390a0a88c6e667
<特訓1800題>を使い倒せ! → http://blog.goo.ne.jp/gu6970/c/56e18e234050ec5f9ab991de649627c2
<Flashcards Deluxe>(暗記カードアプリ)を使い倒せ! → https://blog.goo.ne.jp/gu6970/c/8241111d973c4517667a7e470e4ed105
<平成31年度観光白書(要旨)→ https://www.mlit.go.jp/common/001294574.pdf


<通訳案内の実務>(17:N/A、18:50点、19:免除)

18年度が初めての試験だったため出題形式等が全く不明でしたが、ハローの情報を信じて
勉強を進め、無事、満点獲得することができました。

…樵哀札潺福爾忙臆叩
△修両紊妊札潺福爾瞭芦茲魏めて1回視聴。
さらに、セミナー資料を12回熟読。(リンクもクリック)
ぜ駄海諒箒として、観光庁研修テキストを5回熟読。

出題範囲が限定されており、やればやっただけ点数を効率的に獲得できる、比較的勉強しやすい科目だと考えます。

<第1次筆記試験【問題】>→ https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/18b0340041ceb26d8959b2c775736ffe
<最重要事項のまとめ> → http://www.hello.ac/matome.jitumu.pdf
<直前対策セミナー>(通訳案内の実務資料) → http://www.hello.ac/2019.8.5.pdf
<直前対策セミナー>(通訳案内の実務動画) → https://youtu.be/LEPTcwFGP6U
<観光庁研修テキスト> → http://hello.ac/jitumu.122.pdf


B茖下〇邯蛎从(17:N/A、18:不合格、19:合格)

18年度に初受験。以下に取り組むも、敢え無く、不合格。

300選熟読12回。
直前セミナー参加、その後、改めて1回視聴。
D樵哀札潺福璽謄スト熟読8回。
じ豸Ε謄スト8回視聴熟読。

プレゼンは鎌倉、通訳実務は金閣寺と比較的ラッキーなテーマだったにも関わらず敗退。
プレゼンが短すぎたこと、質疑応答で1.5秒程度の沈黙が2回程度あったことで、かなり感触は悪かったのですが、プレゼン/実務の質疑自体はかなり活発にできたため、幾ばかりかの期待はしていましたが、やはりNGでした。(2017年度までの二次試験の合格率が比較的高かったこともあり、少し甘く見ていた反省もあります。)

初めて二次を受験して、300選の暗記のみでは話しの発展性に欠けること、瞬発力強化の必要性を感じました。(300選は必要条件ではあるが、十分条件とは言えず、合格水準が上がった二次試験では、それだけで乗り切るのは心許ないと感じました)

上記を鑑み、19年度に再受験、以下に取り組み、何とか合格。

300選熟読12回。
直前セミナー1回視聴。
D樵哀札潺福璽謄スト熟読6回。
じ豸Ε謄スト10回視聴熟読。
ケ儻譴農睫世垢詁本の観光名所100選10回視聴熟読。
β茖下仝述試験対策(英語)<特訓セミナー>3回視聴+8回熟読。

19年度の合格は、ゴ儻名所100選で知識のストック化ができたこと、さらにζ歎吋札潺福爾300選+αのネタの繰り返しインプットが行われ、広範な知識が定着、話しの展開テクニックも習得したことにより、瞬発力が格段に強化されたことが勝因と考えています。

ちなみに、今回の二次試験はプレゼンがテレワーク、通訳実務が紅葉でした。
いずれも、まったく予想していなかったテーマでしたが、瞬発力で乗り切りました。
テレワークのプレゼンでは定義と長所を述べ、締めの言葉で2020東京オリンピックに結び付け、自らテレワークにより交通網の混雑緩和を図り、訪日客の満足度向上、オリンピック成功に貢献したいと自分事化アピールしました。
プレゼンはベルは鳴らなかったですが、恐らく2分に近かったと思います。試験官からの質問は一つだけ、テレワークの短所についてでした。

通訳問題の紅葉では、4つ位の文章が読み上げられましたが、メモ取りに夢中になりそのうちの1つを完全に失念、そのメモも字が汚すぎて、全く読めない状況でした。
一瞬どうしようかと思いましたが、記憶に残らなかったその一つは多分あまり重要でない文章と思い、残り3つがキーとなる文章と判断し、その一つは捨て、残り3つを何食わぬ顔で英訳しました。
英訳後、外国人試験管を見たら、トランプ大統領の如く親指を立てOKを示すジェスチャーをしていたので、乗り切った、と思いました。

その後、実務のロールプレイに移りました。日光の紅葉を楽しみにしていたが、すでにピークが過ぎている状況でどうするか?、というシチュエーション。その旨を試験管に説明し、どうしたいかと尋ねたところ、どうしても見たいが、何とか見ることができないか?かと返答あり。
当方からは、日光とか奥入瀬のような北はもうピークが過ぎているので、南に行く必要あると返答。そうしたら、試験官から、南で良いので、どこか桜を見れるところがないかとレス。

当方、南で紅葉の名所を推薦しようと思った所、試験管から桜と言われたことにフト気づき、本当に桜を見たいのですか?、紅葉ではないのですか?と為念質問。
外国人試験官は少しビックリしたみたいで日本人試験官とコソコソ何か話している様子。
その状況を見て、当方からは桜でも紅葉でも私はOKなので、好きな方を教えてくださいと質問。
最終的には、紅葉を見れるところに連れて行ってほしいとなったので、前回プレゼンで失敗した鎌倉を告げました。温暖化の状況下、12月上旬でも間違いなく紅葉を見れること、鎌倉までは1時間以内で行けるメリットがあること、日本で初めて幕府が置かれた歴史的な場所、日光に劣らず、歴史的なお寺や神社が数多くある場所であることを告げ、具体的訪問地として長谷寺をレコメンドしました。

梅雨のアジサイが最も有名な所だが、春はあなたが好きな桜も有名、そして、秋は紅葉が有名、鎌倉で唯一のナイトイルミネーションの紅葉も楽しめることを強調。試験官からの質問は何もありませんでした。少し話し過ぎたとも感じました。

試験官が紅葉と桜を何故間違ったのだろうと思っていたのですが、終了後、ハローのメルマガを見て、同時間帯で桜前線と紅葉の2つが外国語訳のテーマだったことがわかり、もしかすると...、とちょっと思っています。

当方は、同時間帯の4番目でした。1番目の方は欠席だったみたいで、同時間帯は2、3、4番目の3人だけだったので、もしかすると、2、3番目が桜がテーマで、4番目が紅葉がテーマだったということを少し疑っています。(1番目が紅葉?だが今回未実施のため、今回の問題発生?真実はわかりませんが...)


<2次セミナー>(その1)の資料 → http://www.hello.ac/2018.10.14.2nd.seminar.koukai.pdf
<動画> → https://youtu.be/LircL1N9sDc

<2次セミナー>(その3)の資料 → http://www.hello.ac/2018.11.17.seminar.conbined.pdf
<動画> → https://youtu.be/9zaW5t6cdNE

第2次口述試験対策(英語)<特訓セミナー> → https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/20d3293874c2107664d6a9ed22eae8f2
「日本的事象英文説明300選」(本+CD)→ https://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/1c2c0c0d82c19d1e7ad24fda018d2154
「日本的事象英文説明300選」<鉄板厳選128題> → http://www.hello.ac/teppan128.pdf
第2次口述試験対策<切腹鉄板予想問題70題> → http://www.hello.ac/teppan70.pdf
<プレゼンテーション・外国語訳>質疑応答予想問題60題 → http://www.hello.ac/yosou60dai.pdf
「通訳案内の現場で必要とされるトラブル対応方法」 → http://hello.ac/troubleshooting.pdf

ぅ魯蹇爾離札潺福次▲瓮襯泪、動画、教材などで役に立ったこと
上術した通り、基本的に全て役に立ちましたが、敢えて絞るなら、歴史/地理のマラソンセミナー、英語の二次セミナーです。

ズ8紊諒負
今回、幸い何とか合格できましたが、実力的にはまだまだと思っています。少し時間をおいて、よく考えて、また新たな目標に取り組む所存です。
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年02月>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829