mixiユーザー(id:48598264)

2020年08月04日07:14

52 view

いじめ

同感です。政権維持にもこの心理が働いている。
ということも計算して現政権の胡座がある。
と気付いてくれよ皆!。
【岩田健太郎氏はなぜ「コロナ後にいじめが減る」と予想するのか サンデー毎日】
抜粋
日本自体がかなりの爐い犬畆匆〞であり、根底には同調圧力があるという。

それは構造的なもので、改善は難しいのだろうか。
「そんなことはないと思います。同調圧力は軍国主義、いや明治維新かもしれませんが、その時代から戦後の高度成長期に至るまで、みんなで一致団結しないと社会が成り立たなかった状況の中で咲いた、あだ花みたいなものです。
でも今は、そんな必要はない。ポストコロナの社会は、みんなで一緒に行動すること自体が感染リスクを増すことになるわけで、同調圧力はむしろ弊害なんです」 

その例として、オンライン授業を挙げる。
「オンライン授業が取りざたされた時に、とっとと導入すべきだったんです。でも『ネットにつながらない家庭はどうするんだ』という話が出てきて、停滞してしまった。そういう家庭の子は学校に行けばいい。
休校中も共働きの家の子などは学校が預かってましたし、うちの子どもたちも学校に行ってましたよ。だからオンライン授業が受けられる子は家で、繫がらない子は学校に行けば、みんなが勉強できて、ソーシャルディスタンスも確保できたんです。
ところが『みんなが一緒じゃないとダメ』という同調圧力のせいで、誰も授業が受けられない期間ができてしまった。
 
同調圧力は『誰かが得するくらいなら、みんなで損した方がマシ』っていう、非常に非生産的な考え方をしてしまうんです」 

2016年の熊本地震の際、感染症対策で現地の避難所に入った時も同様の経験をした。
避難民の一部をホテルに移すよう提案したところ、不公平が生まれると却下された。
避難所にもゆとりができて少なからず快適になり、ソーシャルディスタンスも改善されるというのに。

ここでも「みんなで損する」方向に舵かじが取られた。なぜ同調圧力を捨てられないのか。

「何も考えてないからですよ。捨てられないと決めつけて、そこで思考停止してしまった。それは、大多数の人が、同調圧力に甘んじていた方が楽だから。常に損するのは少数派です。同調圧力は少数切り捨ての論理ですから」 

しかし、将来については、やや楽観的でいられるという。
https://news.yahoo.co.jp/articles/5b2017cea1252071f1425df67df7460420ec72df

19 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月04日 07:29
    同調圧力に屈してしまう人間は「コロナ ウィルス」よりも考えていないですよね。思考停止以上に生存停止です。そういう思考の「仮死状態」を作れるのがヒトという頭の悪い生き物なんです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月04日 07:30
    アメリカのように「私はマスクをつけない権利がある」なんて叫んでいる連中も,同じく思考の「仮死状態」です。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する