mixiユーザー(id:48598264)

2020年04月01日08:20

62 view

新型コロナのルートマップ

【新型コロナウイルスはこうして広がっている、遺伝子技術で判明 ナショジオ】
抜粋
「ネクストストレイン」(Nextstrain.org)は、アウトブレイク(集団感染)を起こした病原体の博物館のようなものだ。世界各地の研究機関が、患者から採取したウイルスの遺伝子配列データをここに投稿する。ネクストストレインはそのデータを使って、感染の広がり方を示した世界地図や、ウイルスの系統樹を描き出している。
感染の拡大とともにウイルスが平均15日ごとに変異していることが明らかになっている。

「変異」などと聞くと恐ろしげな想像をしてしまうかもしれないが、ウイルスの有害さが増しているという意味ではない。単に変化しているというだけで、むしろ、ウイルスがどこから来たのかを迅速に知れるうえ、起源に関する妄言も否定できる。

「ゲノムデータは、ウイルス感染がどのように拡大するかについて、より多くのことを教えてくれます」
………
 ウイルスの進化史を明らかにする能力はまた、「新型コロナウイルスは生物兵器として実験室で秘密裏に製造されたものである」などという陰謀論を即座に打ち砕いた。(参考記事:「第5回 バイオテロ用の画期的な小型検知器を開発」)

 3月17日付けで学術誌「ネイチャー・メディシン」に発表されたアンダーセン氏らの論文は、新型コロナウイルスのゲノムの特徴を、SARS(重症急性呼吸器症候群)やMERS(中東呼吸器症候群)を含むコロナウイルスや、コウモリやセンザンコウなどの動物から単離されたコロナウイルス株などのゲノムの特徴と比較して、陰謀論を否定した。
………
 将来的には、新しいウイルスが出現した際に、感染が発生した場所や地域を拡散前に特定する上で、遺伝子解析技術がさらに重要な役割を果たすようになるだろう。
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/20/033000204/?P=1

《新型コロナウイルス拡散の遺伝的解析と状況報告2020-03-27.》
https://nextstrain.org/narratives/ncov/sit-rep/ja/2020-03-27
21 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する