ホーム > mixiユーザー(id:48598264) > mixiユーザーの日記一覧 > 5月下旬の空に

mixiユーザー(id:48598264)

2020年03月27日07:28

21 view

5月下旬の空に

そうでした。再来月なんですよね。
https://youtu.be/g6bWCwh7dao
【2020年最大級の天体ショーが始まる。5月末、ATLAS彗星が最大光度に達し、月よりも光り輝いて見える可能性 カラパイア】
抜粋
条件がそろえば、春の夜空を月と彗星の2つが地球を照らしている姿を肉眼で観察することができる。
………
 ATLAS彗星は1844年の大彗星と同じ軌道を持つことから、これとの関係性が推測されている。その公転周期は6124年であり、太陽系外縁の彼方よりやってくる長周期彗星だ。
………
近日点(軌道上で太陽に最も近くなる点)に到達する5月31日になれば、彗星と太陽との距離はわずか3780万キロだ。そのときのコマは木星の直径の2倍以上にも広がり、もちろん輝きだって-10.7等(数値が小さいほど明るい)にまで増すと予測される。
………
 -12.7等の満月に匹敵する明るさで、小さな望遠鏡や高性能な双眼鏡でも観察できる。4月に入った時点で、肉眼でも楽しめるだろうとのことだ。

 ただし、予測と観測される明るさには、大きなズレが生じる場合もあるとのこと。たとえば2013年には、史上最大級に明るいだろうと大いに話題になった「アイソン彗星」が、太陽に接近しすぎて蒸発してしまったという残念な例もある。
http://karapaia.com/archives/52289184.html

11 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する