ホーム > mixiユーザー(id:4836335) > mixiユーザーの日記一覧 > 正直な麻生氏・アイヌ問題を無視する大多数の日本人!!

mixiユーザー(id:4836335)

2020年01月15日09:53

26 view

正直な麻生氏・アイヌ問題を無視する大多数の日本人!!

 私はこの方嫌いじゃないんですよね、ある意味正直な方だと思っているんで。
 逆に日本人のどれほどがアイヌ民族のことを、その歴史を知っているのだろうかと思います、いまだに自治権も民族自立権も認められていない、こんなささやかな権利も認められていないことにこそ注目してもらいたい。
 中国がどうの、ウイグルがチベットがっていう権利など日本人に無いのです。

「アイヌ先住権確認 浦幌協会提訴へ 4月にもサケ捕獲規制巡り」
01/13 08:39 更新
 【浦幌】十勝管内浦幌町の浦幌アイヌ協会(差間正樹会長)が、国と道を相手取り、現在は水産資源保護法などで規制されている十勝川下流域でのサケの捕獲について、アイヌ民族の先住権に基づいて規制が適用されないことを確認する訴訟を起こす方針であることが12日、関係者への取材で分かった。4月にも札幌地裁に提訴する。アイヌ民族による先住権の確認を求めた訴訟は初めて。
 先住権は、近代以降の植民地化政策などで不利益を被る以前から先住民族が有していた権利で、土地や水産資源などに対する権利、政治的な自決権などを指す。これらは2007年に採択された国連の先住民族権利宣言でも明記されている。

 協会側関係者によると、訴訟では文献などを踏まえ、明治政府の同化政策が始まる以前までアイヌ民族は各コタン(集落)単位で漁業権や外交権などの自治を行っていたと主張。かつて十勝川下流域で漁をしていた周辺のコタンの子孫らでつくる同協会は、同流域で自由にサケ漁をすることができる先住権があると訴える方針だ。
 開拓使は明治以降、殖産のためとして河川でのサケ漁を事実上禁じた。その後、川でのサケ・マス漁は1951年制定の水産資源保護法で全面的に禁じられ、これに基づき道も64年、道内水面漁業調整規則を制定。86年からは許可申請を条件に例外的に特別採捕を認めているが、目的は伝統儀式の継承などに限られる。
 昨年4月成立の、アイヌ民族を先住民族と初めて明記したアイヌ施策推進法には、先住権は憲法との整合性などを理由に盛り込まれなかった。
 差間会長は取材に対し、「先住権についての論点を明確にし、議論を前に進めたい」としている。(斉藤千絵)

■麻生氏、「一つの民族」発言を陳謝「おわびのうえ訂正」
(朝日新聞デジタル - 01月14日 12:30)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=5934972
11 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月15日 17:17
    わかります(^_^)v結構許されないこと言いますが、まっいっか!みたいな部分のある人です。正直ですね(笑)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月15日 22:10
    > mixiユーザー なんか憎めない方なんですよね、それともっと重要なことがこの発言には有ると思います、日本が何処の国にも占領されたことが無いとか、それは違いますよね、アメリカに占領されてますよね、今も!!

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年01月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031