mixiユーザー(id:48131024)

2020年08月02日09:58

27 view

肝要

要は、真心を持つ事、
世間と距離を保つ事、
瞑想を重ねる事。
この三つである。
環境は大事だ。
真心で生きるのは、嘘をつかぬ、正直である。
思いやる。心の穢れを除く事である。
いつでも温かい心でいる事だ。誰にも温かい気持ちを向けようとする事。
傷つく事も多い。それでも、善であろうとする。
これが真心を持った生き方だ。
天神は見ている。やがて、目をかけてくれる。
世間はこれをしない。それがまかり通る。
そして、傷つけ合う。善を守るために、距離を置くのである。
自分は大丈夫、という事は無い。
そんな特別な存在ではないのだ。
煙草を吸う前は、すぐに辞められると思う。
酒を飲む前は、酒に呑まれないと思う。
しかし、辞められず、呑まれる。
善を守るのも、そういう事だ。
朱に染まれば赤くなる。という訳。
寂しさと、ストレス、これのみ常に付きまとう。
これに慣れる事のみだ。
不機嫌という事も少なくなるが、機嫌は自分で取らねばならない。
音楽を聴くなり、PCをのぞくなりだ。
あとは絶えず勉強をする事だ。
そうすれば、歴史的な、先祖的な味方がつく。
世界平和と言わずとも、
近くの人の不幸を願わず、幸福を願うのは、
人情だ。
十年一日。このような環境状況で生きれば、
道は全うされる。
涅槃に至れる。
涅槃に至れば真に自由である。
これは一生かけても願うべき、大宝だ。
縁があるなら、極めよ。
長く慶びあるなり。
2 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する