mixiユーザー(id:48131024)

2020年07月30日17:03

3 view

知恵

諸術諸技あるも、
沢山覚えれば良いようで、大差ない。
盆栽のように、一つを守れれば良い。
そこで、考えるに、
器用貧乏的な考え方ではなく、本当に大事なことは何か?
その実践とは?重要なことは?
など、知恵を用いる。知恵が拓くものもある。
将棋のように、ダラダラ手を指すよりも、階段を登るように、
近道をするように、効果的な手を指す。そういうような知恵を用いるのが大事だ。
そこで、養生をしているが、大事なのは、精と寿であると考えた。
そうして、結局、守一が大事だ。となった。
無為自然に道や谷神があり、
寿や精もあるという訳である。
特に不思議な話ではない。
難しくもあるし、そうでもない。易しくはないが、そうとも言い切れない。
そういうようなものを、言わば悟った。
知恵が拓くという事もあるのである。
器用貧乏でなく、盆栽のように、守るべきである。
1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する