mixiユーザー(id:48131024)

2020年07月01日19:52

16 view

偉大な仏果。

ここまで来るのは、見えない加護があるわけだが、
今まで通り記す。
昨夜は、道家気分で、身を溶かし込む、というのを
しながら寝た訳だが、道は続く。
今日は、理力を使って瞑想した。
色々捨てて、宇宙に意識を向ける訳だが、
そのまま瞑想する。宇宙に慈愛があるのは意外だが、
知恵を叶えてくれる。
善悪や、苦しみ、理に適う、理に逆らうなどを、大きいままに瞑想した。
苦しみは、我が無ければ、無い。実際、恒常的な我は無い訳だが、
つまり、意識するかどうかであろう。
また、結果には過程がある。過程があれば結果がある。
正しい考え道が、無我に向ける。
そうして、涅槃とまで、削っていった。
我があるでもなく、無我でもなく、考えず。
解脱は、形骸となるを言う。
外に我があるのは妄想である。
寂しいが、これが涅槃かと思った。
ある意味正しい。しかし、等妙の果がある。
蘇生の妙と言う。
蘇生させてみた。練り込んだ法身が活きる。
ここに完成した。
輪円もあるようだ。
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する