ホーム > mixiユーザー(id:46779682) > mixiユーザーの日記一覧 > 非常勤司書を30年勤め上げた私

mixiユーザー(id:46779682)

2019年08月17日02:59

79 view

非常勤司書を30年勤め上げた私

■「もう図書館で働けない」 非正規雇用で10年働いた司書が天職を辞めようと思った理由
(弁護士ドットコム - 08月14日 10:41)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=149&from=diary&id=5747377

この記事を見たのは、16日だった。

この記事の方は、
低賃金で雇用が不安定で貯金も出来ない。
だから天職の司書を辞めて転職しようと決意した。
との事。

30年非常勤司書を続けてきた私にもそういう転機が何度もあった。
一般企業の正社員の内定を貰った事は2度ある。
迷った末に結局非常勤司書として働き続け、解雇される迄、30年が経っていた。
結婚して離婚してまた結婚してまた離婚しても変わらず同じ職場。
私の手取りは10万円そこそこ、潜りの夫の収入は不安定で、家族5人が食べていけないからダブルワーク、トリプルワークをした。
でもあくまでも私の本職は司書だと胸を張っていられた。大好きな仕事を続けられて本当に幸せだった、と、思っている。

社会保険に加入していたから、60歳以降、微々たるものではあるが厚生年金を受給出来ている。まだまだ頭も身体も元気なので、スーパーマーケットでパートのレジ係として働いている。非常勤司書の時の収入より多いのが笑える。

紆余曲折あったけれど、今住んでいる家は住宅ローン完済済みの私名義の持ち家だし、貯金も無きゃ借金も無い。プラマイゼロ、イーブンな生活。

好きな事を仕事に出来る人は少ない。
好きな司書の仕事を30年も続けてこられて私は幸運だった。

記事にあった司書さんは、どうするのかな。
派遣会社を介して司書として働く方法もあると思う。
私はハケンにはウンザリしたけどね。

司書が司書の仕事をして食べていけない社会には、何か新しい事を生み出す力はもうないのかもしれない。
2 3

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月17日 14:56
    「好きな事を仕事に出来る人は少ない」のだから、自分は好きな仕事ができるだけで御の字、と考えるのが悪いとは思いません。

    ただ、そんな健気な労働者の足元を見て搾取する阿漕な社会を変えなければ、日本は滅びる気がします。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月18日 11:47
    映画「タイムマシン(2002年)」に何度試みても亡くした妻を助ける事が出来なかった主人公が未来へ答えを求めて旅立つ。そこでニューヨーク公共図書館へ。図書館に居た司書が今でいうところのAI。やっと訪れてくれた利用者にAI司書は嬉々としてメモリーにある事を語り出す。そんなシーンが印象的だった。
    今のままだと確実にそんな未来が待っている。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月18日 12:26
    > mixiユーザー 
    もし人間の司書が対応していたら、深い洞察力と叡智で、主人公の心を満たせたかもしれませんね。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する