ホーム > mixiユーザー(id:4677595) > mixiユーザーの日記一覧 > マゼランクロス

mixiユーザー(id:4677595)

2019年11月10日17:09

17 view

マゼランクロス

サントニーニョ教会はフィリピンで最も古い教会の1つ。1565年に建てられ1790年に再建されている。
サントニーニョとは「幼きイエス」という意味で、フィリピンでもこの辺りのビサヤ地方は特にサントニーニョ信仰が盛ん。由緒正しいサントニーニョ像のあるここには全国から人が集まる。そういえばモニュメントにも幼いイエスがいたなぁ…
フォト

金曜日の午後に行ったが、折しもミサの真っ最中でものすごい人波exclamation ×2
教会の中はもちろん外の広場も超満員で説教のパブリックビューイングが行われている。何百人いるのだろう?
しかも金曜から日曜は1時間おきにミサが行われるというから、すごい数! 基本的に熱心なカトリック教徒の国だが、近所の人は毎週来るのだろうか?
PVとはいえミサの最中に群集にカメラを向けるのはためらわれたので、ほとんど写真は無い。
フォト

教会内部は立派なのだが、これもミサ中は写真撮影禁止…って週末はほぼ写真撮れないな。

教会の隣には小さな六角堂がひとつ。
フォト

中にある巨大な十字架はマゼランクロスと呼ばれ、マゼランが1521年4月21日にこの場所でフィリピンで最初の十字架を建てたとされる。
フォト

フォト

この十字架を煎じて飲むと病に効くと言われたので、本物は削られまくり、今は破片が現十字架内部に収められているとかあせあせ(飛び散る汗)
六角堂の天井には十字架が建てられ、最初の説法が行われる様子が描かれている。
フォト

フィリピンのキリスト教はここから始まったわけ。

4 5

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月10日 21:00
    マゼラン十字なんて初めて聞きました
    様式じゃなくてそのものってことですね
    それにしてもなんかねずみ小僧の墓ですね
    ホントに効いた人がいるのか
    それともそれだけの人望がマゼランにあったのか
    興味深いです
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月10日 21:03
    ウィキペディア先生によるとマゼランの死後、破壊されたか紛失して、今あるのはスペインから持ってきたレプリカだそうです
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月10日 23:47
    > mixiユーザー へぇ〜レプリカですか! フィリピンの人美はそれでも熱心荷通っているみたいなので、黙っていることにします冷や汗
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月11日 20:46
    十字架を煎じる…あせあせ
    サントニーニョ信仰は初めて聞きました!
    パブリックビューイングが行われるミサ!!
    凄いなぁ〜
    ちょっとそんな光景も見てみたいですわーい(嬉しい顔)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月12日 00:20
    > mixiユーザー 僕もキリスト教はいろいろなところで見てきましたがサントニーニョ信仰は初めてです。どんなご利益があるのでしょうね?

    それにしても人々の熱心さに驚くばかりです。フィリピンの人は貧困層でも精神的に満足している人も多いのですが、やはりキリスト教が重要な役割を果たしているのでしょうね。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

忍者モード登場!