ホーム > mixiユーザー(id:4677595) > mixiユーザーの日記一覧 > プチ・ジャングル探検

mixiユーザー(id:4677595)

2019年10月25日10:56

28 view

プチ・ジャングル探検

Subicドライブでもうひとつ行ったのはパムラックラッキン・フォレストトレイルというところ。
ここではアエタ族のガイドと一緒にジャングルにわけいりプチ探検をして生活の知恵を教えてくれる。
ミニ・ジャングルツアーは参加料100円也ウッシッシ


入り口かどうかもわからないような場所で受付を済ませ、ジャングルに入る。
フォト

フォト


自分的にはおなじみになったラタンはガイドのおじさんが伐採してくれる。
フォト フォト

ジャングルでの水の採り方 
フォト


木の皮を削って樹液を薬にする。デング熱・マラリアに効くらしい。
フォト フォト

頭痛や腹痛に効く葉っぱ フォト

腎臓に効く葉っぱ フォト

かゆみ止めの葉っぱ フォト

誰がどうやって効能を見つけたのかexclamation & question

トゲトゲのアロマの木
フォト フォト

30分くらいネバネバするアンティボロの樹液
フォト

受付の人は掘っ立て小屋でスマホいじったりしていたから、このあたりでも生活形態は変わってきているのだろう。
知恵が失われていく前にちょっとだけ教えてもらいました。

6 4

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月25日 12:48
    このおじさんが持ってるナタ?サバイバルナイフの王様?が欲しいです
    腕力さえあれば丸太でもスパンスパン切れそうな切れ味がステキです

    そちらはマラリアやデング熱があるから大変ですよね
    当然あるというスタンスならそうでもないのかしら?
    葉っぱのエキスを付けるくらいなら森でコケてみたいな偶然の事故とかで効能を発見できそうですが
    樹液を集めてとか明らかに加工のレベルまでいくと不思議ですよね
    更に傷とか熱みたいに明らかに効能がわかるくすりならわかりますが腎臓?
    痛みとかならわかりそうですが

    あたしはコンニャクを発明した人はどうしてそこまでして食べたかったのかを知りたいですが残念ながら不明
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月25日 16:15
    > 7さん
    オジサンはジャングルで生きてきた人ですから、彼の武器は最も実践的なんでしょうね。

    ご指摘のように病気に対するスタンスは日本か見ると随分違うと思います。私は先日アメーバ赤痢になりましたが、こっちでは普通の病気で、寝てたら治るって感じでした。
    腎臓なんて、どうやって見つけたのでしょうね。ジャングルの人は腎臓なんて意識しないでしょうから、何かの尿の病気に効くことを見つけたのでしょうが、どうゆうきっかけか想像できませんあせあせ(飛び散る汗)

    コンニャクも栄養ないわけだし、別の意味でも不思議ですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月27日 01:54
    面白いですね〜〜わーい(嬉しい顔)
    実際にやるか?って言われると、やらないと思いますが(笑)
    でも、なんでも最初に試した人って凄い!
    勇気ある人が生き延びていくんですネウッシッシ
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月28日 12:05
    > mixiユーザー きっと何世代にもわたって受け継がれてきた生活の知恵ですよね。たぶん人体実験でしかわからないと思うので、こういうものを試して発見していくのってすごいと思いました。

    でもそろそろ後継者がいなくなるような気がしますたらーっ(汗)
    アエタ族の人々は価値についてピンとこないかもしれませんが、本に書いて残してほしいものです。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する