mixiユーザー(id:4597260)

2021年02月19日22:27

103 view

「月刊りぼん」〜りぼんちゃん〜カチューシャ〜さゆりのボヨヨン!

〜誰かさんの頭にチョンチョリンコ付いている〜

先日mixiニュースにも挙がったが「人気漫画『鬼滅の刃』が、
少女漫画誌『りぼん』とコラボレーションすることが決定」という
ニュースが目に入った。
https://www.oricon.co.jp/news/2161270/
このニュースで気づいたことが2点。
「りぼん」ってまだあるんだ!?
そして、『鬼滅の刃』は集英社の「少年ジャンプ」連載、ということは
「りぼん」も同社の雑誌か!

検索すると「りぼん」と並んで、私が小学校の頃からあった「なかよし」
(講談社)も健在なんだね。

1960年代の「りぼん」の漫画(左画像)で、私でも知っているのは
○「ルミちゃん教室」つのだじろう、1963年〜68年、
フォト
私は後追いで知って単行本を買った。
https://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=26717&id=23785931
心霊漫画でも「空手バカ一代」でもない、つのだの暖かい少女漫画。

○「ひみつのアッコちゃん」
フォト
少年サンデーで人気のあった「おそ松くん」に出て来るトト子ちゃん
フォト
と、ほぼ同一人物なのだが、どっちが先に誌面に登場したかと言うと、
アッコちゃんがやや早いと思う。1962年6月号(5月発売か?)より連載開始、
これは「おそ松くん」の連載とほぼ同時期。トト子は、数週間後に登場。
まぁそうだよね?
ある漫画のサブキャラを、他の漫画の主人公には出せない。

○「5年ひばり組」(巴里夫)、ちょうど私も小学校5年くらいの時だった。
おそらくクラスの女子に「りぼん」を見せて貰ったらこの漫画が目に付いた、
そんなところだろうが、数度読んだ記憶がある。

○『ドンキッコ』(石森章太郎)、これはむしろテレビアニメで見ていた。
ポップな感じがした。
フォト

○「魔法使いサリー」(横山光輝)、これも有名だよね。
フォト
その割には、漫画もテレビも見ていなかったけれど。

そして男性漫画家ばかりだが、
○「チャコちゃんの日記」今村 洋子、これもロングランの名作。

後年の作品で「ちびまる子ちゃん」も「りぼん」掲載だったのか!?

尚,手塚治虫の「りぼんの騎士」は「りぼん」掲載ではなく、
ライバル誌の「なかよし」
掲載なんだ。紛らわしい。

手(チョキ)「りぼん」と言えば、雑誌の前に
「りぼんちゃん」というジュースのキャラクターがいた、
フォト
https://www.youtube.com/watch?v=n5HXpxTRUIY

‘60年代は、ジュースと言えば「りぼんちゃん」か
チンパンジーのバヤリースオレンジだった。
https://www.youtube.com/watch?v=vQmV0rMelng

やはり女の子の方が可愛くて良いね。

るんるん「黄色いリボン」桜田淳子 1974年5月作詞:阿久悠/作曲:森田公一
https://www.youtube.com/watch?v=H-9SUufJtZA


ムードこれの元になったと思われるアメリカ民謡「黄色いリボン」
https://www.youtube.com/watch?v=ufABukMOcPI

よく歌詞を知らなかったが、「遠くにいる恋人を忘れないために
付けいている」と
http://www13.big.or.jp/~sparrow/MIDI-she-wore-a-yellow-ribbon.html
これが「幸福の黄色いハンカチ」につながるのか!?

目りぼんは髪の毛だけにつけるものではない。
森山良子「この広い野原いっぱい」
♪この広い野原いっぱい 咲く花をひとつ残らず あなたにあげる
赤いリボンの 花束にして♪

乙女座女優、永作博美は、
フォトもともと
「Ribbon」というアイドルグループ(中央画像)にいたんだね。

りぼんを実際に付けた芸能人と言うと、この人とか。
フォト

この人のはリボンかな?「ボヨヨン」と言っているが
https://www.youtube.com/watch?v=zXzmz3HcByE


目しかし‘60年代の漫画に出て来る女の子は、
なにかしら髪に付けている。
その当時、りぼんとか髪飾りを付けた子を、
「誰かさんの頭にチョンチョリンコ付いている」と囃したてた。

アッコちゃん
フォト
とトト子ちゃんは、
フォト
カチューシャかヘアバンド、そしてサイドにリボンを付けている。

チカ子は髪飾り(髪止め?)。
フォト

ジャジャ子はリボンぽいなぁ。
フォト

5年ひばり組のこの子も。
フォト

チャコちゃんも!
フォト

「おばQ」のよっちゃん(石森章太郎・画)も
フォト

翻って、’70年代以降になると、「どらえもん」のしずかちゃんも、
フォト
ちびまるこちゃんも付けていない。

カチューシャなんて、もう平成の時は死語になっていたが、
この曲(2012年)でリバイバルしたのでは?
https://www.youtube.com/watch?v=vEVq_Bx7_KY

(作詞の秋元康が、私とだいだい同世代だからね。

るんるん若草の髪飾りチェリッシュ作詞:阿久悠 作曲:馬飼野俊一
1973年1月

https://www.youtube.com/watch?v=ne9RndBQycY

しかし、「鬼滅の刃」は色々なものとコラボするなぁ
位置情報マクドナルド“ハッピーセット”に『鬼滅の刃』初登場 
炭治郎はクルー、禰豆子はおもてなしリーダーに
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=54&from=diary&id=6418527





21 12

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年02月19日 23:25
    > 「りぼん」ってまだあるんだ!?
     そっかぁあるんですね。と言っても僕は一度も読んだことはありませんがあせあせ少女雑誌ですからね…

     リボンと言えば、ドーンの『幸せの黄色いリボン』が懐かしいです。
     https://www.youtube.com/watch?v=ebano3Ty7RI
     あと、堀ちえみの代表曲『リ・ボ・ン』も(^^)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年02月19日 23:58
    > mixiユーザー 
    私も、あまり雑誌「りぼん」を見たことがありませんが
    その頃は、横山光輝とか赤塚不二夫とか、少年雑誌でも
    人気の漫画家が連載を載せていたので、まだ馴染みがありました。
    1970年代、私が中学の時は、もう女性作家ばかりで
    付いて行きませんでしたが。

    >ドーンの『幸せの黄色いリボン
    これは、「幸せの黄色いハンカチ」の元ネタですね!
    >堀ちえみ『リ・ボ・ン
    あ!これもありましたね!(^^:
    本文にアップするべき曲でした。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年02月20日 08:09
    いきなり日記とはまったく関係ないことで恐縮ですが、2月19日はプロレスの日だそうですね。

    マイミクさんが日記に掲げた記事をコピペします。

    プロレスの日(2月19日 記念日)
    1954年(昭和29年)のこの日、日本初のプロレスの本格的な国際試合が東京・蔵前国技館で開催された。
    力道山(1924〜1963年)が柔道出身の木村政彦(1917〜1993年)と組んで、カナダ出身でアメリカから来日したシャープ兄弟とのNWA世界タッグ戦であった。日本テレビとNHKが同時中継し、新橋駅西口広場の街頭テレビには2万人の群集が押し寄せたという。


    新橋西口というと、今のSL広場かな。 街頭テレビも一般紙に掲載されたプロレスの記事もリアルタイムでは見ていないですが、2万人は想像を絶します。


    日記のネタについてもひとつだけ。

    魔法使いサリーは「りぼん」に掲載されたときはサニーでした。

    サニーとカブの姉弟。

    それがテレビ放送されるにあたって、名前がNGになった。 カブの方はホンダがOKしたのでカブのままだったけど、サニーがダメだった。 ダメ出ししたのは日産ではなくてソニーだったそうです。^^
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年02月20日 20:22
    > mixiユーザー 
    その後、因縁の対決になる力道山と柔道の鬼、
    木村政彦のタッグ、
    その試合、NHKが放送したというのがミソですね。
    横浜アリーナでも2万人入らない。最後列でリングを
    見ても、良く見ええないのに、
    テレビの画面に群がるって凄いですよ。

    大人の事情で、題名が変更になったと言う話ですね。
    でも、やはり、サリーよりサニーの方が良いやすいですよ。


  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年02月20日 22:42
    時代とともに服装も変わり、髪飾りも変わりましたね。最近は帽子をかぶる人が増え、リボンなどする人が減ったのかな?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年02月20日 23:17
    > mixiユーザー 
    ヘアバンドはともかく、カチューシャは21世紀に入り、
    絶滅したかと思いましたが、AKB48の歌で復活したのでは?
    1970年代は、花が付いたこんなメルフェン調な帽子も流行りましたが
    シンシアとか
    https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/k364131295
    チェリッシュの悦ちゃんが被っていました。
    https://store.shopping.yahoo.co.jp/csc-online-store/12cd1149b.html
    さすがに、今、りぼんの女の子は見かけませんね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年02月21日 00:09
    2,3日前に相方と「最近リボンしている女子高生がいない」って話をしたばかりです。
    初任の学校は校則が厳しく、リボンは黒か紺だけが許可されてました。
    相方に「白も駄目なん?」と驚かれましたが。
    指導が大変だったのを覚えています。
    今の学校だとリボンぐらい可愛いもんですが。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年02月21日 08:06
    とりあえず、正司としえちゃんの、「着物からパンチラ」芸は、最高です。
    あそこまで、エロさ感じない面白さのみのパンチラ芸は、このお方でないと無理だ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年02月21日 17:03
    > mixiユーザー 
    >リボンは黒か紺だけが許可されてました
    つまり黒髪に付けて、目立たない色ってことですね
    白は無論、黄色いリボンも、もってのほかでしょうね。

    まぁ、私達の頃も、女子高校生で、りぼんはいなかった
    と思います。
    ヘアバンドは普通でしたがね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年02月21日 17:14
    > mixiユーザー 
    正司敏江・玲児のド突き漫才と、
    敏江のキャラは強烈でしたね。
    時期的に、このコンビがブレイクしたのは1970年代
    初めの方でしょう?
    60年代半ばの「演芸ブーム」が一旦、収まり、
    彼等は大阪の芸人だったので、東京では、そう見ることも
    少なかったんですが一度、見たら忘れられませんね。
    と言っても、着物からパンチラって記憶にありませんが、
    ド突かれた時、コケて露出したんですか!?
    玲児さんは、もう鬼籍に入りましたが、敏江さん、今年81歳か!?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年02月22日 10:09
    「りぼん」「なかよし」「マーガレット」が私が小学校の頃の3大少女漫画でしたね。
    その中でも「りぼん」は月間で厚さも付録も豪勢だったような。

    髪にりぼんをつけてる女の子、一時期いたけどあとはほとんどいなかったです。
    お祭りの屋台で、プラスティックのヘアバンドがよく売られてました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年02月22日 17:34
    > mixiユーザー 
    さっこさんは、リアルタイムで、この頃の少女雑誌の愛読者でしたね。
    >「りぼん」「なかよし」「マーガレット」がの3大少女漫画
    あれ?「少女フレンド」は外れますか?(^^:
    私達、男子は、少年週刊誌は「少年マガジン」と小学館の「少年サンデー」が
    双璧でした。「少年マガジン」と「少女フレンド」は、同じ講談社の雑誌
    ということは知っていましたが「マーガレット」と「りぼん」は
    どこが発行しているか知りませんでした。
    逆を言って「小学館」でも「少年」を発行している光文社でも
    ないとは気づいていましたが。

    >月間で厚さも付録も豪勢だったような。
    そう!少年月刊誌も、競って付録を多く付けていましたよ。
    10大付録は当たり前、20大付録とか。(苦笑)

    >プラスティックのヘアバンドがよく売られてました。
    プラスティックでしたっけ?セルロイドのモノがあったように気がします。
    ともあれ、もう中学に入ると、りぼん、カチューシャはしなくなりましたね。


mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2021年02月>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28