mixiユーザー(id:4597260)

2021年01月08日21:08

123 view

「ラブユー東京」で始まり〜昭和歌謡曲141オリコン〜「東京のバカヤロー」で終わった

〜淳子「はじめての出来事」〜シンシアも昌子もなかった1位〜サムエル「ラストチャンス」は2位〜

先月の昭和歌謡日記で「シンシアにはオリコン1位曲がない」と書いた。
確かにないんだな(「17才」が2位で最高)。
他の‘70年代アイドルは、たいてい一回は1位を取っている。
あの浅田美代子さえも(^^:

キャンディーズは、ヒット曲「春一番」が
フォト
オバケヒットの「およげたいやき君」に阻止され、1位を取れなかったが、
引退曲「微笑み返し」がファンの力で最後に1位を取ったのは有名な話。

さて、そのオリコンだが、始まったのは昭和42年の11月だという。
栄えある、最初のオリコン1位曲(43年1月4日付)は、
るんるん「ラブユー東京」黒沢明とロス・プリモス作詞:上原尚/作曲:中川博之
昭和41年4月リリースだから、ずいぶん時間が掛かった。
https://www.youtube.com/watch?v=E0D6yx-D1ws

この曲もずいぶん流行った記憶がある。

私がオリコンと言う言葉を意識したのは、47年初めから48年夏に掛けて
天地真理が、デビュー2曲目の「ちいさな恋」から3曲連続、1曲挟んで、
また「若葉のささやき」「恋する夏の日」で連続1位という当時としては、
離れ業をやってのけたことだ。

かたや、ライバルの小柳ルミ子は、デビュー曲「わたしの城下町」が
フォト
12週にわたって週間1位を独走した(だからシンシアの「17才」も
1位を取れなかった)。
この記録は2016年現在、ソロの女性歌手では歴代1位の記録だそうだ。
ふたりとも凄い記録を持っている目

かたや、シンシアは最高2位が一度だけ。
「3人娘」と言っても、レコード売上では、ずいぶん差があった。
昭和46年当時、デビューして「娘」という年ごろは、この3人しか
いなかったから、纏められた感がある。
欧陽菲菲も、平山三紀もちょっと年を行ってる。

手(パー)「中三トリオ」では、桜田淳子は「はじめての出来事」で初めて1位
https://www.youtube.com/watch?v=RX1oIB2ZA88

作詞:阿久悠/作曲:森田公一、昭和49年12月

百恵は「冬の色」作詞:千家和也、作曲:都倉俊一
https://www.youtube.com/watch?v=mEtlt0c0Mgo


♪あなたから許された口紅の色は♪
この曲が1位を取ったとは知らなかった。
実際に売り上げ52万枚って、ビッグヒットではないね。
リリースは奇しくも49年12月と、淳子と同じ時期だったのか!?
そして、「1位獲得当時は15歳11ヶ月の女性ソロ最年少」
それは知らなかった。
百恵と淳子は学年は一緒だが、生活年齢で9カ月、淳子が長いからな。

で、森昌子もオリコン1位がなし
チェリッシュも太田裕美もなし。
太田裕美は自身の最大ヒット「木綿のハンカチーフ」(50年12月)は、
キャンディーズの「春一番」同様、「およげ!たいやき君」に阻止された。
売り上げ数なら1位を取ってもおかしくないんだがね。(86万枚)
オリコンは週で売れたレコードの順位だから、例えミリオンセラーになっても、
もっと売れた曲があれば1位にはなれない。

人影新御三家は最初に取ったのが西城秀樹は「ちぎれた愛」
作詞:安井かずみ/作曲・編曲:馬飼野康二昭和48年9月
https://www.youtube.com/watch?v=CuHaQFfCM1g


これの前の♪君が望むなら♪ヒデキー!!”の
「情熱の嵐」6位の方が印象に残っている。
あと「YOUNGMAN」でも取っている。

郷ひろみは「「よろしく哀愁」49年9月、、、だけ

野口五郎は、49年10月の「甘い生活」で初1位
やはり、この49年はヤングアイドルが本格的な歌手に脱皮した年と言えるね。
続く「私鉄沿線」で連続1位。だがその後は、なし。

そんなことを言っているうちに昭和52年、またオバケアーティストが登場。
ピンク・レディ!連続9曲1位

しかし、そういう昭和の記録も平成になってことごとく破れたんだな。
ジャニーズやAKB系に1位獲得数とかデビューからのシングル連続1位や
獲得作品数で。


でも、いまだにシングル売り上げ1位「およげ!たいやき君」
2位が「おんなの道」と昭和の曲と言うのが良いな。
手(パー)昭和最後のオリコン一位(昭和64年1月2日付け)は
「とんぼ」長渕剛(作詞、作曲も)63年10月リリース

https://www.youtube.com/watch?v=jIe5GtVhD0k
昭和のオリコンは「ラブユー東京」で始まり、「東京のバカヤロー」で
終わったのか!?

あせあせ最後に平成ネタだが平成10年
日本テレビのバラエティ「電波少年」で売れないバンドに
「3か月間、3人で1つの部屋に、こもって曲を作り、その曲を
次のシングルとしてリリースを約束する代わりに、そのシングルが

オリコン初登場20位以内に入らなければバンドを解散・音楽以外の職種に
転職しなければならない」

この企画、時々見ていた。
彼等のバンド名はSomething ELse、リリースした曲「ラストチャンス」は
https://www.youtube.com/watch?v=ZSF6V3ffT78


運命の発表時、初登場2位になり、みごと首がつながった。
結局、このバンドもその数年後、解散したんだが。がく〜(落胆した顔)


霜降りの粗品、歌手としてオリコン1位を取ったら、
M−1、R-1に次ぐビッグタイトルだな!
位置情報霜降り粗品、音楽活動を本格化 レーベル立ち上げ&YouTube発表のボカロ曲リリースへ
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=54&from=diary&id=6370395



15 29

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月08日 21:31
    はじめての出来事、懐かしいし、好きです。シンセサイザーの音色が、優しい感じで。情熱の嵐、振り付け、流行りましたね。およげ!たいやき君は、シングル485万枚。ロングヒット、不滅の記録。ピンクレディーは、ミリオン5曲、社会現象というのかな。70年代は、懐かしい曲が多いです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月08日 22:04
     初めてのオリコン1位は、ルミちゃんの『わたしの城下町』は納得するにしても、真理ちゃんの『ちいさな恋』、ヒデキの『ちぎれた愛』、郷ひろみの『よろしく哀愁』、百恵の『冬の色』は、意外でした。真理ちゃんは、デビュー曲『水色の恋』から好きでしたが、この曲、オリコンチャートでは3位止まりだったんですね。
     ヒデキや郷ひろみやジュリーは、活動期間が長い割には、オリコン1位獲得曲はそんなにありませんね。
     今のジャニーズ系グループは、デビュー曲から連続オリコン1位ってのが結構いますが、次週にはすぐランクダウンしていて、長続きしません。その意味で、昔のオリコン1位は権威があったと思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月08日 22:07
    レコード売り上げは、小柳ルミ子や天地真理にかなわなくても、冠番組がなくても、ラジオやジュークボックスを始め、よく耳にしたので、覚えている曲は多いです。
    それは太田裕美も同様で、オリコンなど関係ありません。
    それでも、当時は歌番組が多かったので、多くの歌手の歌を自然と覚えました。
    今は少ないのと、横文字が多い、テンポが速いので、覚えること不能です。
    今では賞も紅白も、全く興味がありません。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月08日 22:47
    > mixiユーザー 
    「はじめての出来事」は、私も好きな曲です。
    よくモノマネをするときは、
    ♪ここまでついて、き・た・が〜
    と「が」を強調すれて歌われましたが(^^:

    「およげ!たいやき君」は、なぜあんなに売れたんでしょうかね?
    「黒猫のタンゴ」と並んで、いまだに不可解ですよ(苦笑)
    ピンク・レディも「渚のシンドバッド」は好きですが、、
    あんなに9曲連続1位を取るほどでもないと、
    今は思います。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月08日 23:04
    > mixiユーザー ひらけポンキッキーという子供番組から子供達の間で、火種がつき、瞬く間に、日本国中に広まり、大人達の間でも、サラリーマンの心情を歌った曲なので、大人達にも受けたのでしょうね。ピンクレディーの時代は、ライバル歌手のキャラが弱かった様に思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月08日 23:10
    昭和52年頃は、高田みづえや清水由貴子とか新人スターが弱かった。ベテラン歌手も悪くはないのでしょうけど、ピンクレディーの歌って、踊れる斬新な振り付けが、子供達の間で、受けたのでしょうね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月08日 23:11
    > mixiユーザー 
    >真理ちゃんの『ちいさな恋』、ヒデキの『ちぎれた愛』、
    >郷ひろみの『よろしく哀愁』、百恵の『冬の色』
    この曲の印象が薄いのは、まず各人、紅白で、この曲を
    歌っていないんですね。
    また、ヒデキの『ちぎれた愛』は48年レコード大賞歌唱賞受賞ですが、
    他の曲は年末賞レースの受賞曲、候補曲でもありません。
    やはり、山口百恵なら「ひと夏の経験」の方が有名ですね。
    オリコン最高3位ながら昭和49年レコード大賞大衆賞、
    日本歌謡大賞放送音楽賞、紅白歌合戦披露曲。

    ジュリーは5曲ですか!?日本歌謡、レコード大賞を取った「危険なふたり」
    「勝手にしやがれ」と最大のヒット曲「時のすぎゆくままに」と
    「追憶」は分かりますが、もう1曲「ダーリンというのは意外でした。

    平成期のAKBやジャニーズの記録は、ちょっと理解できませんよ(^^:
    というか、、「総選挙投票権」や「握手券」欲しさにCDを何枚も買わせるって
    純粋な売り上げとは違うでしょう。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月08日 23:22
    > mixiユーザー 
    オリコン1位でなくても、賞を受賞していなくても、
    名曲、思い出の残る曲は、私も沢山ありますが、
    やはり、歌手にとっては、、ひとつの勲章。
    シンシアも「哀愁のページ」や「色づく街」が1位に
    なりそうだったので、かなり期待したそうです。

    まぁ、今のJ−POPSと昭和の歌謡曲は全く別物ですね。
    好きな人が聴いて、CDを飼うのは自由ですが、
    ↑のかっしーさんへのレスにも書きましたが、
    「握手券」とか「メンバーの総選挙投票権」を付けて売る、
    聞きもしないのは、大量に買う、ってそれは、純粋な売り上げではないだろ?
    とは思いますがね。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月08日 23:51
    > mixiユーザー 
    「およげ!たいやきくん」は
    ♪まいにち まいにち ぼくらはてっぱんのうえで やかれて
    いやになっちゃうよ♪
    の歌詞がサラリーマンに共感を得たと言われますね。
    でも、焼かれたたいやきは一匹だけなですがね。
    焼かれて売られて食べれれるわけで、毎日、
    焼かれるわけでもないんですが(^^:
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月08日 23:58
    > mixiユーザー 
    昭和52年は名曲が多かったんですが、
    ピンクレディの煽りを受けて、1位を取った曲が
    少ないんですね。
    ジュリーの「勝手にしやがれ」は取りましたが、
    「あずさ2号」(4位)も、「思秋期」(6位)も
    「九月の雨」(7位)も取れませんでした。
    というか、結構、下位ですね。(^^:
    この年、強かったのは森田公一とトップギャランの
    「青春時代」でしたね。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月09日 05:45
    ロスプリモスの「ラブユー東京」ですが、発売した当初より晩年のほうがボーカルの人の声に艶があるような。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月09日 08:28
    オリコンは週で売れたレコードの順位、、、

    そういうものだったのかexclamation いや、実に今初めて定義を知ったんです。 オリコンというヒットチャートがあることは常識の範疇としてもちろん知っていましたが、どうやってランク付けするのかよくわかっていなかったんですよ。

    わかっているようでわかってない。 人生にありがちなことのひとつが僕にとってはオリコンだったのです。 ありがとうございました。手(パー)

    これはたしかにトップを取ることには大きな価値がありますね。 なにかの思惑や恣意的なものが入り込めないある意味機械的なランキング。 しかも、歌手にとってレコードの売り上げは何物にも代えがたい実績ですからねえ。

    特に昭和のオリコンは価値があったと思います。 平成以降になると、ご指摘のCDのまとめ買いが出てくるし、そもそもこの日記でも使われているYouTubeがその一例のネットの影響によって、今のCDの売り上げはかつてのレコードのそれに比べると格段に価値が落ちているように思うので。

    その昭和のレコードですが。。考えてみると、僕は純粋な歌謡曲のレコードはほとんど買っていないことにあらためて気がつきました。 LPを買ったのはシンシアのみ。 ドーナッツ盤が「木綿のハンカチーフ」と「たそがれマイラブ」くらい。

    ニューミュージックやユーミンはけっこう買ってるんですが、あれらは純粋な歌謡曲とはちょっと違う気がするし。。浅川マキに至ってはまったく違うしで。

    レコードを買うことが一番のファンの証しということは、昭和の頃から今どきのまとめ買いをする者まで一貫していることだと思うのですが、その伝で行くと、僕は日本の歌謡曲にとってあんまりよいファンではないといえそうです。あせあせ(飛び散る汗)

    蟹座さんのレコードライブラリーはどんなアンバイですか?^^
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月09日 09:05
    > mixiユーザー 青春時代は名曲ですね。勝手にしやがれは、今でも歌い継がれてますが、個人的に、あまり好きではありません。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月09日 10:49
    昭和49年前後の曲が上がってましたが、今現在聴いてみてまだ聴ける曲と、勘弁してくれと言う曲に分かれてしまいますね。
    どれがどうとは申しませんけど。
    作曲者のセンスと、マーケティングの結果、わざとダサめに作ってるのもあり得るし。歌手のキャラもあるし。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月09日 11:08
    Something ELseの「ラストチャンス」CD買いました。
    私も貢献した一人だったかも。ウインク

    天地真理の「若葉のささやき」ってどんな歌だったかなって思ってググりました。
    https://youtu.be/CVBldMiv7EE
    憶えています。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月09日 13:07
    > mixiユーザー 
    うむ!そこまでは気づきませんでしたが、
    昭和の演歌、ムード歌謡の歌手は、ひとつの歌を
    大切に歌い込みますから、年齢が上がり、年月が経っても
    歌がどんどん渋みを増しますね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月09日 13:24
    > mixiユーザー 
    >純粋な歌謡曲のレコードはほとんど買っていない
    それ、私の高校時代も同じです。
    歌謡曲は、発売されていた期間、ほとんど毎日テレビの歌謡番組で
    流れますから、それを聞いて、また新しい曲が流行れば聞く、
    というところ。
    買うレコードは、深夜放送で紹介され気に入った洋楽、
    それとテレビでは滅多に聞けない
    日本のフォーク(五輪真弓の「少女」)でした。
    その中で唯一、買った歌謡曲が布施明の「積木の部屋」でしたよ。

    大学に入ってからも、ジュリーと布施明、それと、
    これは歌謡曲になるかな?
    大橋純子のベスト盤カセット。野口五郎もその時、買ったなぁ。
    むしろ、社会人になり、その時の歌が馴染めなくなり、
    昔聞いた歌謡曲のカセットをよく購入しました。桜田淳子、
    チェリッシュ、太田裕美、岩崎宏美、そしてシンシアに
    ハマってしまいましたよ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月09日 17:24
    > mixiユーザー 
    >勝手にしやがれ
    まぁ人好き好きですが、(^^:
    私も、この昭和52年の「勝手にしやがれ」が彼の曲、
    パフォーマンスの分岐点だと思いますよ。
    これ以前は(昭和40年代)、安井かずみ作詞、作曲:加瀬邦彦が多く、
    ポフォーマンスや衣装、小道具も地味あるいは、なしでしたが、
    これ以降は、作詞:阿久悠 / 作曲:大野克夫になり、
    とにかく派手派手で常に世間を驚かせていましたね。
    私は昭和40年代の方が好きですが。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月09日 17:52
    > mixiユーザー 昭和40年代のジュリーは、確かに、衣装やパフォーマンスは、大人しかったですね。曲調が良いですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月09日 20:26
    > mixiユーザー 
    >現在聴いてみてまだ聴ける曲と、勘弁してくれと言う曲に分かれてしまいますね。
    昭和49年、思い出に残っている曲は沢山ありますが、
    やはり、私は当時、高校生だったので演歌は興味がありませんでしたよ。
    それの、その頃「おんなの道」「なみだの操」とかド演歌が流行っていましたが。あれは笑っても良い曲なのかな?特に殿キンは、、
    私は森昌子が出てきた時も、なんで今頃、こんな古臭い歌と
    キャラでやるんだろ?と思いましたよ。
    シンシアや麻丘めぐみちゃんが進めた針を戻すなよ、っと。
    まぁ彼女、人柄は良さそうですがね、っとフォローしておきます(^^:

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月09日 20:43
    > mixiユーザー 
    Something ELseの「新曲20位に入らなければ、引退」という企画、
    見るとはなしに見ていました。でリリースした「ラストチャンス」
    まぁ良い曲だと思いましたよ。私は買いませんでしたが(^^:、
    どうなのかな?20位には入るんじゃないかと思いましたよ。
    ひとつには、「電波少年」という人気番組で宣伝しているわけだし、
    入らなければ引退だから、買ってあげようという人もいたでしょう。
    しかし、それにしても、2位と言うのは立派でしたよ。
    彼等も、ギリギリまで街角に立って、歌ってセールスをしていました。
    で、その数年後、解散というニュースを聞いて残念だなぁ
    としみじみ思いました。

    >若葉のささやき
    これは記憶に薄い曲です。
    次の「恋する夏の日」は、よく覚えていますが。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月09日 22:59
    > mixiユーザー 
    その中でも「危険なふたり」は
    決めポーズもあり、派手な曲でした。
    結局、そういう歌がヒットするんですが。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月09日 23:06
    > mixiユーザー 危険なふたりは、テンポもノリも良いので、好きです。しんみりとした曲では、追憶やあなたへの愛が、好きです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月09日 23:09
    > mixiユーザー 
    あなたへの愛は、私も好き。
    あと「胸いっぱいの悲しみ」とか。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月09日 23:47
    > mixiユーザー よく、仰っていましたね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月10日 00:35
    学生時代は歌謡曲が大好きで、毎週オリコンをチェックしていました。
    好きな歌手が1位を取ったら嬉しかったり、順位が落ちてガッカリしたり。
    懐かしいです。

    Something ELseの「ラストチャンス」の企画は見ていました。
    オリコンにランクインしてホッとしたのを覚えています。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月10日 13:02
    > mixiユーザー 
    >毎週オリコンをチェックしていました
    おお!それはかなり入れ込んでいましたね。
    あれ、私が高校生だった昭和40年代後半は、
    「週刊明星」や「平凡」にも載っていたと思います。
    (違うかな?売り上げのランキングかな?)
    で、53年からは「ザ・ベストテン」のランキング
    =その曲の実力という気がしていましたよ。

    Something Elseは、お笑い芸人でもないのに、
    エグイこと(20位に入らなければ、歌手復帰を許さない強制引退)を
    やらせるな!と思っていましたよ。
    確か、メンバーの3人、結果が出る前に失敗を見込んで、
    どこかの会社に就職させるため
    面接もやっていましたね。
    まぁ成功で良かったですよ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月11日 09:03
    僕もオリコンの順位付けについては正確には知らなかったので、勉強になりました。
    天地真理の「1曲飛んで・・」というのは「二人の日曜日」のことですね。
    僕はある意味この歌が一番好きなのですが、感覚がズレてるんでしょうか・・あせあせ

    それにしても楽曲を配信で購入したりするようになると、オリコン順位の価値も揺らぎ始めた気がします。
    ましてやAKBに代表されるインチキ売り上げが幅をきかせるようになってからは、・・・。

    それでも近年はまたCD回帰の傾向にあるとも聞きましたので、また復権を願いたいですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月11日 20:46
    > mixiユーザー 
    >二人の日曜日
    昭和47年12月5日に発売ですね。
    私も、この曲は印象に薄いんですよ。
    その前、「虹をわたって」や、「ひとりじゃないの」は
    よく覚えていますが、47年も終わり頃は、麻丘めぐみ、森昌子、
    アグネス・チャン、小林麻美らがデビューして、
    女性アイドル界もかなり競争が激しくなった時期ですね。
    でも、また首位を取り返したから大したものです。

    もうレコードは売っていないのに「レコード大賞はオカシイ!」
    というツッコミは以前からありましたが、
    今はCD大賞でもないんですね(^^:

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2021年01月>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31